ハロウイーンに恐怖の切断ゆびクッキー  

IMG_9103.jpg
Creepy finger cookies for Halloween

またリンク記事で失礼します。
私がエッセイを連載させて頂いてる「みんなの暮らし日記」(HPはこちら)にアメリカの
ハロウイーン事情を書いたんですが、その中で、この気味が悪い指クッキーのレシピを
載せたのでご紹介します。レシピはこちらの、最後5ページ目に載せてます。
原稿に添付する写真は、いかにもな雰囲気を出すため、下に黒い布を敷いて
ジャックオーランタンにぞろぞろ近寄っていく感じを表現してみました♪

IMG_9110.jpg

こっちは、おりこうさんに並べてみたバージョン。可愛いでしょ?(てか、気持ち悪いってね
でもうちの夫が「グロース(おえ~)」と言いながら何本も食べてたので、普通に
美味しいと思います。

IMG_9101.jpg

焼かれるのを待つ指たち。これ結構苦労したんですよ、焼いてる途中で生地が
ふにゃ~んと凹むので、最初のは失敗しました。2度目に配合を変えてなんとか
形を保てたんです。ぜひハロウイーンでパーティかなんかする時作って見て下さい。
飾りつけは、イメージ画像のこちらを参考にしてみてね。


まじキモいわ!って思ったらポチっと押してください。
バナーを押して応援して頂き有難うございます。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




Posted on 09:11 [edit]

category: クッキー・マフィン

tb: --   cm: 2

リコッタ・クッキー  


IMG_8855.jpg
Ricotta Cookies

以前これと似た様なクッキーを載せました→こちら
今回のは主人の趣味のバンドのベーシストの奥さんが作って持って来てくれた時
親切にレシピをプリントして付けてくれてたものなんです。そのレシピはこちら
私はリンク先の量のほぼ半分で作りましたが、リンク先のじゃ単位が分かりにくい
ですよね
私が作った量で分かりやすく「続き」にレシピ載せましょう。


IMG_8851.jpg

この手のクッキーを作るコツは、焼きすぎないこと。
こんなに白くて柔くていいのかな?で成功です。クッキーというより、ミニケーキ
といった食感ですね。じゃ、続きへ

バナーを押して応援して頂き有難うございます。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




-- 続きを読む --

Posted on 20:57 [edit]

category: クッキー・マフィン

tb: --   cm: 0

抹茶クッキー  


IMG_8127.jpg
Matcha Spiritz (For a recipe in English, click here)


抹茶のクッキー、いかにも和のお菓子でしょ。実はこれ、アメリカの雑誌で見た
ものを作ったんです。ここ数年アメリカでもグリーンティフレーバーのものを、ちら
ほら見かけるようになりました。ある雑誌ではカテキンの効能が紹介されてたり、
健康面でも注目されているのかもしれません。アジアンのスーパーでは抹茶味
のキットカット(もちろん日本からの輸入品)も買えますが、アメリカでも「matcha」
と、そのままの読みで通じるくらい普及してきたみたいですね。


IMG_8119.jpg

これは私には珍しく、ほとんど手を加えずにそのままレシピ通りに作ってみた
ので、注意点だけ続きに別記します。


バナーを押して応援して頂き有難うございます。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




-- 続きを読む --

Posted on 14:45 [edit]

category: クッキー・マフィン

tb: --   cm: 4

クリスマスのクッキー3種  


IMG_7907_20161231071122c9c.jpg
Christmas cookies

いよいよ今年もあと2日で終わりですね。年が明ける前に急いでクリスマスに
ちなんだレシピを載せて今年は終わりにしたいと思います。
今日は上の写真の、イタリアン・クリスマスクッキー(レインボウのデコ)、モラセス
スパイスクッキー(チョコみたいな色の)とピーカンメルトアウェイ(いわゆる、スノー
ボール)です。

IMG_7887_20161228225258172.jpg
アメリカではこの時期、こんな風にクリスマスにちなんだクッキーを焼いてプレゼント
(交換も含め)するためのレシピが必ず料理雑誌に登場しますが、個人的に型押し
にコーティングしたクッキーが好みじゃないので、オーソドックスで作りやすいものを
選びました。どれも典型的なクリスマス時期のクッキーです。

italian cookies

★イタリアン・クリスマスクッキー★
一般的なイメージはこちら
オリジナルレシピはこちら
(フロスティングが甘いので私は生地の砂糖を1カップにしました→まだ甘い
材料の中で、リコッタチーズは普通のクリームチーズに、フロスティングのレモン汁
はミルクに替えて、この通りに作ってます。華氏350度で10分焼いて冷めてから
フロスティングをバターナイフで塗ってレインボウの飾りをすぐに振る。
この生地は柔らかいので冷蔵庫でしばらく冷やすと扱いやすくなります。
*日本語のレシピが必要な方は教えて下さい。材料のみ書き出します。


★モラセス・スパイス・クッキー★
オリジナルはこのサイトのMolasses Crinklesというものですが雑誌のみ掲載。
材料
.....................................................................................................
バター  1/2カップ
砂糖   3/4カップ(オリジナルは1カップ)
卵  1個
モラセス(黒蜜)  1/4カップ
薄力粉    2カップ
パンプキンスパイス(なければシナモン&ナツメグ)1tbsp
ベーキングソーダ  1tsp
仕上げにざらめの砂糖
.....................................................................................................
材料を混ぜ、スプーンですくってザラメをつけて華氏350度で10~20分
焼く。私のは失敗してますが、こちらのように表面が割れたら成功です


★ピーカンメルトアウェイ★
材料
.........................................................................................
バター 1カップ(2本。約220g)
砂糖   1/2カップ
卵の黄身   1個
バニラ又はアーモンドエッセンス  1tsp
薄力粉   2と1/4カップ
砕いたピーカンナッツ(私のはクルミ)  3/4カップ
.........................................................................................
材料を混ぜて2cm大くらいに丸めて華氏350度で10~20分焼き、温かい
うちに粉糖をまぶす。


今年1年どうもご愛読ありがとうございました。
また来年も宜しくお願い致します。
皆さんどうぞよいお年をお迎えください♪

バナーを押して応援して頂き有難うございます。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ





Posted on 03:50 [edit]

category: クッキー・マフィン

tb: --   cm: 2

スクープで作るチョコチップクッキー  


f7m2_auto_d.jpg
Best Chocolate Chip Cookies

昨日はバレンタインデーでしたね。
我が家はもうすっかり特別な事をしなくなりました(笑)。というのも、花束を買って
もらっても、花瓶に入れて飾るとうちの四足軍団()が食べ散らしてしまうので
主人には「もう花はいらない」と伝えてるし、プレゼントといってもモノ持ち過ぎだし。。。
かといって、外食しようかというと大抵のレストランがカップルで混むんですよ。
てなことで、我が家のバレンタインディナーは日をずらして今週末です


ua8s_auto_d.jpg

さて。
今日は普通のアメリカを代表するチョコチップクッキーですが、Targetという、大手の
総合スーパーみたいなお店で、クリスマスの売れ残りセールがあった時に下の
写真のクッキースクープがあったので買ってみました。スプーン部分の直径は4cm。

IMG_6485 (2)

以前、Bed Bath & Beyondというキッチン&バスなどの日用品専門店で、シリコン
の「クッキー生地を押して出す」タイプのスプーンを買ったら、全然役に立たなかった
んですよ。このアイススクープみたいなのだったら使い勝手がいいだろうと思って、
作ってみたのがこのクッキー。
なんだかお店で売ってるようなきれいな丸い形のクッキーが出来ました

材料(6cmくらいのクッキー約57個分)
参考レシピはこちら
.........................................................................................
バター   2本(約220g)
ダークシュガー    1カップ
白砂糖        1/2カップ
卵         2個
塩         1/4tsp
バニラエッセンス      2tsp
All Purpose flour(薄力粉でOK)  3カップ
ベーキングパウダー    1tsp
チョコチップ    1~2カップ(好みで加減)
ウオールナッツ    同上
.........................................................................................
作り方
小麦粉とBPはふるいにかけておく。バターからエッセンスまでの材料を
ふんわりもったりするまで攪拌し、チョコ、ナッツを軽く混ぜ最後に小麦粉
を混ぜ合わせ、375F°(190C°)のオーブンで12~14分焼く。

d3jm_man_863_d (2)
コロコロ出したままの形で焼き、フラットにならない場合は、クッキーが温かい
うちにフォークの背で少し割れた感じを出すように抑えてみて下さい。



バナーを押して応援して頂き有難うございます。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




Posted on 11:02 [edit]

category: クッキー・マフィン

tb: --   cm: 5

チョコとバニラのチェリーパイ・クッキー  


e9vz_auto_d.jpg
Chocolate & vanilla Cherry Pie Cookies

お友達一家におすそ分けする機会があったので久しぶりにお菓子を焼き
ました。アメリカの食品企業は広告によくその製品を使ったレシピを載せ
たりするんですが、これは雑誌の広告に載ってたものです。
ケーキのようだけど、大き目のクッキーってとこが美味しそうで

レシピは、こちら(バニラ)と、こちら(チョコ)です。
日本語のレシピは続きへ


応援宜しくお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




-- 続きを読む --

Posted on 01:50 [edit]

category: クッキー・マフィン

tb: --   cm: 0

ベスト・オブ・ピーナッツバタークッキー  


6xxy_auto_d.jpg
The very best of peanut butter cookies

私が参加している猫のレスキューグループでは、毎年色んな形で活動資金
(まあ、猫の去勢/医療費のための募金の事です)を集めてるんですが、
今年はメンバーから集めたレシピで料理本を製本して販売する事になりました。
こういう企画だと私の腕がなるなる~なんですけど、日本でするのと違って
なんでも英語に訳さないといけない。。。これが面倒くさい
なんちゅうか、いくら普段は英語で暮らしていてもですね、英語の方が日本語
よりも楽になるなんてことは、もうアタシの歳じゃあり得ないのよ
企画はとっくの昔に始まってたのに、なかなか重い腰が上がらず、やっと手を
つけたのがこれ。実はこのレシピ、過去記事に一度載せたことがあるんですけど
こちら、スクロールして下の方)PBクッキーに関しては、他にもいくつか
作ってみたけど、はっきり言ってこのレシピを超えるものにはもう他には出会い
そうにないほどこれが一番美味しいです。
ピーナッツバターを使うなら、この位は入れないとダメという事ですね。
今回は油脂は全部バターにして(悔しいけどやっぱりクッキーに「ヘルシー
志向」は邪道ですな。。バターが一番おいしく仕上がる)甘すぎた砂糖の量
を調整しました。


mluz_auto_d.jpg

日本語のレシピは下に
The very best Peanut butter cookies
Makes : about 30

*1 1/4 cup all purpose flour
*1/2 tsp baking soda
*1/2 tsp baking powder
1 stick butter
1 cup peanut butter (sugar free)
3/4 cup sugar
1 tsp molasses
1 egg
1 tsp vanilla extract
1/2 cup chocolate chips

Shift * together, set aside. Preheat oven at 350 degrees.
In a large bowl, cream butter, sugar and molasses. Add the peanut butter,
egg and vanilla, beat until fluffy. Add flour mixture and chocolate chips and
stir thoroughly. Drop dough by heaping tablespoonfuls onto parchment paper
lined baking sheets. Press them gently with a folk, bake for 11 minutes.

材料
●薄力粉(米ではAll purpose) 1カップと1/4カップ
●ベーキングソーダとベーキングパウダー 各1/2tsp
〇バター 1本(110g)
〇白砂糖 3/4カップ
〇黒蜜(モラセス)  1tsp
★ピーナッツバター(無糖) 1カップ
★卵  1個
★バニラ  1tsp
チョコチップ  1/2カップ

●は合わせてふるっておく。ボールに〇を入れクリーム状にしたら★を
加えもったりするまで攪拌し、●とチョコチップを加えよく混ぜ合わせる。
各4cmほどの大きさで華氏350F°で11分焼く。


応援有難うございます。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




Posted on 12:51 [edit]

category: クッキー・マフィン

tb: --   cm: 0

正統派サムプリント・クッキー  


ym1g_auto_d.jpg
Raspberry thumb print cookies

しばしご無沙汰しました。以前お伝えした親不知の抜歯後はアメリカの
痛み止めの効き方が半端ないせいか、本当に歯を根こそぎ抜いたのか
と思うくらい痛みも感じず順調にブログ更新もしてたんですが、その直後
不注意でパソコンをテーブルから床に落としてしまい、お陀仏にするという
とんでもないアクシデントがあったんです。
おかげで新しいパソコンを買う羽目になったのはまだいいんですが、この
Windows8って何!!!!!アラフィ間近の中年には無理だって(爆)
いや、まじで笑えませんよ、このPCのアップグレードってやつは・・・。
使いかってが7とは全く違うので、今四苦八苦しながらこの記事打ってます
中古でもいいから旧式を買えばよかったのかなあ・・・とほほ。

さて、以前も載せたことがあるこのサムプリント(親指で押す、の意味)
こちら)今回はピーナッツバターなどは入れない基本的なものをご紹介します。
小麦粉、バターと砂糖だけのレシピが多いんですが、指で押す時に
割れやすいので私は卵の黄身を足してます。

材料(20個分くらい。大きさによる)
...................................................................................................
バター  1本(役110g)
砂糖    1/3カップ弱(甘さ控えめにしたい場合1/4c)
卵の黄身   1個
小麦粉    1カップと2tbsp
好みのジャム(私のはラズベリー) 適量
...................................................................................................

作り方
材料を上の順から混ぜていき、丸く形成し350F°(180C°)のオーブンで
7分焼き、取り出して中央にくぼみをつけジャムをのせてさらに8分焼く。
少し冷めてから別の容器に移すと割れません。

ああ・・しんどいこのパソコン。死にそうな私を応援してね
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ





Posted on 13:47 [edit]

category: クッキー・マフィン

tb: --   cm: 6

オレオ・クッキー  



  kbz4_man_674_d.jpg
Oreo cookies

このオレオ・カップケーキ(こちら)を作った時に買ったオレオは、そのまま
で食べる事がないので、色んなお菓子に使ってみる事にしました。
まずは、普通のクッキーに投入。ま、誰にでも思いつく代物ですね

材料(レシピは私のオリジナルです)
...........................................................................................................
バター   6tbsp
キャノーラ油   4tbsp(バターでも可)
砂糖   1/3カップと2tbsp
小麦粉   1カップ
Brown Rice Flour(玄米粉)  1/2カップ(注1)
Oreoクッキー (クリーム除いて3個、砕いておく)
ウオールナッツ   砕いて1/4カップ
...........................................................................................................
(注1)これは普通の小麦粉に替えてもOKです

作り方
バターをじっくりダマがなくなるまで練ってから砂糖を入れよく混ぜ
徐々にキャノーラ油を加えながらクリーム状にし、その他の材料
を入れ全体をさっくり混ぜたら丸か四角の棒状に整え冷蔵庫で
1時間以上休ませる。固まったらナイフでスライスして、350F°
(180C°)のオーブンで14分焼いてます。

さっくさくした食感をお楽しみください♪
ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ





Posted on 10:18 [edit]

category: クッキー・マフィン

tb: --   cm: 0

具だくさんオートミールクッキー  

先週から劇的に忙しくなってしまって、ネットを使う時間がなかなか取れませんでした
今日はすきま時間に更新しますので、簡単なものを間のつなぎに載せますね
(ええっ、アタシってただの繋ぎなの?→今日のクッキー談 笑)


ug0j_auto_d (1)


ついでに、材料さえあれば簡単に出来ます。これは(砂糖は別として)バターを使わずに
美味しく出来るのでよりヘルシーと思います。

更新しないと一気にランク下がっちゃうこの世界応援宜しくお願いします(^_^)

レシピブログに参加中♪


材料(大きさにより約40~45枚分) 参考にしたレシピはこちら
....................................................................................................................................................
(A)
キャノーラ油    6tbsp(これは1/4Cupと2tbsp)
ダークシュガー   1/2Cup
白砂糖      1/3Cup
卵        1個
バニラエッセンス   1/2tsp
(B)
小麦粉     1/2Cupと1/4Cup
Rolled Oats(こちらを参照方)  1Cup
ピーナッツ(ローストされたもの。細かく砕く)   1/2Cup
チョコチップ(オリジナルのレシピはレーズン使用。好みにより乾燥フルーツに置き換え可)1/2Cup
刻みココナッツ(さらに細かくカット)   1/4Cup
...................................................................................................................................................

作り方
ボールに材料の(A)を上から順に入れ、都度よく混ぜる。全体がもったりとして2~3倍の量に
なったら、別のボールに、ふるいにかけた小麦粉、以下の材料を入れてさっと混ぜ合わせ、(A)
のボールに加えて混ぜ合わせる。天版にクッキングペーパーをしき、好みの大きさで、375F°
(190C°)に熱しておいたオーブンの下段で5分、上段で5分、計10分焼く。
私のは3.5cmほどの大きさで焼き、仕上がりは直径5cmくらいのクッキーです。4~5日
は、ざくざくした食感が楽しめるクッキーです。


しばらくはゆるりと更新します。応援どうも有難うございます!
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

各国料理 ブログランキングへ

にほんブログ村


Posted on 09:50 [edit]

category: クッキー・マフィン

tb: --   cm: 0

コーン&ハーブ・マフィン  



食事の一部として、甘くないマフィンが肉料理に添えられたりしているのを料理雑誌で
たまに見かけます。これはあと1品何か足りないという時に、すぐに出来て便利でした。

v2vr_auto_d.jpg

材料の配合比はTaste of the southの「rosemary parmesan grits muffins」を参考にした
んですが、サイトにはレシピが載ってませんでした。

材料(レギュラーサイズのマフィン6個分)
 (A)
 バター (私のはキャノーラ油) 2tbsp
 砂糖 1tbsp
 卵  1個
 サワークリーム(なければプレーンヨーグルト) 1/4Cup
 ミルク(私のは豆乳)  1/4Cup
 (B)
 小麦粉 1/2Cup
 グリッツ(スペルはGrits、私のはコーンミール) 1/3Cup
 粉チーズ(パルメザン。私のはロマーヌ) 1/4Cup
 ベーキングパウダー 2/3tsp と ベーキングソーダ 1/8tsp
 パセリ、ディル、好みのハーブ 各1~2tsp(好みで加減)  

作り方
(1)材料(A)をボウルで混ぜておく。
(2)材料(B)を(1)のボウルに入れ、ダマが少し残る程度にささっと混ぜ合わせる。
(3)生地をマフィン型の8分目くらいまでに入れ、400F°(200F°)に熱しておいた
オーブンの中段で10分、上段に入れかえさらに5分焼く。

6z9x_auto_d.jpg
翌日冷めてもおいしかったです。写真左のパスタスープのレシピはこちらへ

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村応援ありがとう♪

Posted on 12:20 [edit]

category: クッキー・マフィン

tb: --   cm: 0

クランベリーナッツ・アイスボックスクッキー  

ヘルシー志向は忘れて、バターの風味がきいたクッキーが食べたくなって、
久しぶりにアイスボックスクッキーなど作ってみました。

cat condo3 012 (800x600)

なにしろアイスボックスクッキーなんて何年も作ってないので色々レシピを
見てみたんですが、アメリカのレシピは大体、小麦粉カップ1にバターが
1スティック、卵の黄身1個、これに砂糖の分量と中に入れるものが違う位で、
ほとんど同じでした。


38uj_auto_d.jpg

そこでクランベリーとウオールナッツの組み合わせで焼いてみる事に。
材料(約4cm角位の大きさで27枚分)
薄力粉  3/4Cup
アーモンドプードル 1/4Cup
バター  1/2Cup(1スティック)
粉砂糖  1/3Cup(グラニュー糖でもいいですが粉砂糖の方が扱いやすい)
卵の黄身 1個分
アーモンドエッセンス 少し(1/8tspほど)
ドライクランベリー 細かく刻んだもの 1/4Cupほど
ウオールナッツ   同上

作り方

cat condo3 003 (800x600) 
(1)ボウルに室温で柔らかくしたバターを入れ
 クリーム状にして粉砂糖を加え、ふんわりするまで
 良く混ぜ、黄身とエッセンスを加えもったりするまで
 混ぜる。 残りの材料を加え、さっくり混ぜ合わせたら、
 ラップにのせて丸太のように形作り、ラップで
 くるんで冷蔵庫で冷やし固める。
 焼きあがりは元の形の1.5~約2倍になること
 を想定して大きさを調えて下さい。
 (2)写真のようにカットして、350F度に
 温めておいたオーブンで12~13分焼いて出来上がり。


とてもサクサクした食感は以前ご紹介したロシアンティクッキーに少し似ています。
次は他のドライフルーツやチョコチップ、レモンの皮など色々組み合わせを変えて
作ってみようと思います

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Posted on 19:48 [edit]

category: クッキー・マフィン

tb: --   cm: 0

ラズベリージャムクッキー  

バレンタインデーの記事からのレシピ(その2)です。

vren_auto_d_20130218095339.jpg

材料
クッキー生地部分
A
小麦粉 1Cup
アーモンドプードル 1/2Cup
B
バター 1/4Cup
キャノーラ油 2tbsp
白砂糖  1/4Cup
ダークシュガー 2tbsp
卵 1個
トッピング部分
ラズベリージャム(なければ好みのジャムで) 適量
ホワイトチョコチップ 1/4Cup
ミルク 1tbsp

mcsv_auto_d.jpg作り方
(1)ボウルにBを入れ混ぜ合わせる(バターは
柔らかくし砂糖を混ぜ込み、もったりしたら少し
づつキャノーラ油を混ぜ、卵を加えクリーム状
に混ぜ合わせる)
(2)Aを(1)に入れ、さっくりと混ぜ合わせ
たらラップにつつんで冷蔵庫で休ませる。
(3)生地が扱いやすくなったところで均等に
スプーンですくって形を整え天版にならべ、
350F°(180C°)のオーブンで15分ほど焼く。
(4)焼けてオーブンから取り出したら暖かい
うちにすぐ大き目のスプーンの裏でクッキーの
中央をへこませる。ジャムを瓶の中でかき混ぜ
柔らかくしてからクッキーの中央に入れていく。
(5)ホワイトチョコにミルクを加えレンジで
20~30秒温めよく混ぜてからクッキーの上

にデコレートする。私のはデコペンに入れて絞り出しています。
チョコが少し硬いと、スプーンでこの作業はしにくいかと思います。

出来てすぐはサクサクしてますが、ジャムの水分を吸うためか翌日以降は
しっとりした食感のクッキーになります。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
次回はカリフラワーのポタージュをご紹介しますね♪

Posted on 20:22 [edit]

category: クッキー・マフィン

tb: --   cm: 0

口の中でとろけるロシアン・ティ・クッキー  

ちょいとパーティの料理パート2へ行く前に、クッキーのご紹介します。

pauc_auto_d.jpg


ちょっとこれ、この間も作ったじゃない、って?
よく覚えておいでです。先日のスノーボールクッキーは一個の形が
デカくなりすぎて、自分で納得がいかなかったので(じゃブログに載せなきゃ
いいのに、とも思いますが)、今回は違うレシピで再度作り直しました。
先日リンクした一般の方のレシピを借りてロシアン・ティクッキー(別名
スノーボールズ)を作ってみたんですが、これよく「口の中でとろける」と
雑誌や本では形容されてるんですね。

作ってみたら・・・・本当に口の中でとろけました!
これはぜひここでシェアしたいです。
いつものように、私流に少し配合を変えてます。一部バターをキャノーラ油
に替え、半分の量にしただけですが、これで作っても口にほうばると、ほろほろ
した食感が楽しめました。動物油脂を控えたい方にお勧めです。


snowballs (600x800)
 材料(1個直径約3.5cm大のクッキー約32個分)
 
 バター 1/4Cup (4tbsp)
 キャノーラ油 1/4Cup
 砂糖   1/4Cup
 小麦粉  1Cupと3tbsp
 アーモンドプードル(または好みの砕いたナッツ)1/2Cup
 バニラエッセンス 1tsp
 粉砂糖 適量
 (注)今回は卵は使いません。
 


January10 023 (800x600)作り方
ボウルに柔らかくしたバターにキャノーラ油、砂糖を
入れよく混ぜ、バニラエッセンスを加える。
小麦粉(ふるっておく)とナッツを入れざっくりと
混ぜたら冷蔵庫で30分ほど休ませる。天版に
2.5cm大くらいに丸めた生地を間をあけて置いて
いき上からほんの少しおさえて型づくる。
華氏400F°に温めておいたオーブンで12分ほど
焼く。粉砂糖をたっぷり付けたい場合は、クッキー
が熱いうちにビニル袋に砂糖を大さじ2杯ほど入れ
袋の中でゆすって付け、冷めてからもう一度同様に
したりあるいは茶こしで砂糖を振りかける。


この食感、たまりません。何個でも食べたくなる美味しさですが、
1個当たり60キロカロリーくらい(私の計算)になるんですよね。
1回に2個まで・・・なんてダイエット中の私にはキツイおやつになり
そうです

チョコレートソースかけも作ってみました。
cook-iroiro 034 (640x480) ソースはチョコチップ1/4Cupほどに
 生クリーム2tbsp位をレンジで約30秒チン
 して作ったものをケーキデコ用チップに詰め
 てランダムにふりかけてます。
 このチョコだけだとやっぱり甘さが足りない
 ので少し砂糖をまぶし足しました。
 




にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
 にほんブログ村ランキングへ
 いつもクリック有難う~♪

Posted on 21:22 [edit]

category: クッキー・マフィン

tb: --   cm: 10

アーモンド・スノーボールズ(クリスマスのクッキー)  

この1カ月多忙が続いて、作ってもすぐタイムリーに更新できなかった
もんですから、今頃?なほど季節はずれな話題になってしまいました。
これ、料理雑誌のクリスマス・クッキー特集にいつも出てくるアメリカ
では定番のホリディクッキーです。(ホリデー限定という訳ではありません)

gx1m_auto_d.jpg

お正月の鏡餅?
ちゃいまんがな、一応「雪玉」クッキーです
一個当たりの量が多すぎて、お餅みたいな形になってしまっただけです(笑)
こういうの、別名「ロシアン・ティークッキー」とも言うそうですね。
(例えば→こんな感じとかこんな感じ。どれも似たようなレシピだな)
基本、ナッツと通常のクッキー生地を合わせて作るんですけど、材料も
くるみやピーカン、ココナッツ、シナモンやナツメグなど色んなバージョン
があります。


今回はアーモンドで作ってみました。

ci06_auto_d.jpg

材料
A
バター 12tbsp(バター1スティックが8なので1本と4tbsp)
*これは約165gです。私のは健康のためバター1本とキャノーラ油
4tbspで代用し作っています。
砂糖 1/2Cup
卵(Lサイズ) 1個
アーモンドエッセンス 1/4tsp
B
小麦粉 2Cup
アーモンドプードル(私のは皮つきの粗引き)1Cup
粉砂糖(適量)

作り方
大きめのボウルに材料Aを柔らかくしたバター、砂糖、卵、エッセンスを
各自よく混ぜながら順次加えていき、なめらかにする。もったりしたところで
小麦粉とアーモンドを入れ、なじむまでさっくりと混ぜ、冷蔵庫で30分ほど
休ませる。

w8lh_auto_d.jpg

丸めた時に1個当たりが直径3cmくらいになるように取り出していき、
最後に天版に手で丸めていく。
アメリカでは写真のような(肝心なとこがボケてますが)底のオレンジの
部分をちょんと押してやると中身が出るようなクッキー用のスプーンが
売ってあります。これを使うと便利なんですが、これを使うと1個当たり
の量がかなりのものになりますね(で、結果が鏡餅

天版に間を開けて並べ、350Fに熱しておいたオーブンで15分ほど焼く。
(私のは大きくなってしまったので20分焼いてます)
追記:更新直後350Cと書き間違えていました。摂氏だと180Cです。
最初に見た方、申し訳ありませんでした。


upmq_auto_d.jpg

焼きあがりの色。表面が焦げないよう、様子を見ながら焼いて下さい。
黒くなると「雪玉」のようになりませぬ(笑)
オーブンが小さくて早く焼き色が付く場合はアルミで調節して下さい。
焼けたら十分に冷まして、冷たくなったらポリ袋に粉砂糖を大さじ1~2杯
入れて、クッキーを入れて空気を入れ、しっかり口を閉じて上下に振って
全体に砂糖をまぶしつける。
皿に盛る場合は、粉雪が降ったように、少し粉砂糖を茶漉しで振って
仕上げます。アメリカでは手作りのクッキーをクリスマスギフトにする人
も多いですが、きれいにラッピングしてあげると喜ばれそうですね。
もっとサクサクして口の中でとけるような食感をお好みの方は、こちら
ロシアン・ティクッキーのレシピへ


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Posted on 16:56 [edit]

category: クッキー・マフィン

tb: --   cm: 5

正統派のチョコレートチップ・クッキー  

このブログ始めてもう4年になるのに、今までこれを載せてなかったのが
不思議なくらい、アメリカで最もポピュラーなお菓子といえば。


6uez_auto_d.jpg

この正統派なチョコチップクッキー(ズ)なんですが、なぜこれを正統派と
名付けたかと言うと、意外にもレシピを探すと、基本のタイプだけじゃなく、
これまた色々出てくるんですね。主な違いはというと、材料の配合を変える
ことで、クッキーの硬さを変えてるだけといった感じなんですが、私の
知る限りでは、柔めのソフトクッキータイプが最も一般的なようです。


wn59_auto_d.jpg 8yor_auto_d.jpg

今回参考にしたレシピはBetterHomes&Gardensのこちらのレシピですが、
例によってアメリカのお菓子は砂糖が多すぎるので、私流に変えてます。
日本の方なら私の舌と同じくらいの甘さの味覚をしていると思うので、
これで大丈夫だとは思いますが、レシピのまま作ると大抵は「甘っ、何じゃ
こりゃ」なくらいの甘いお菓子が出来ると思います(笑)

材料(中サイズ約30個分)
A
バター 4tbsp(1スティックの半分)
キャノーラ油  4tbsp
ブラウンシュガー  1/3Cup
白砂糖    1/4Cup
バニラエッセンス 1/2tsp
卵 1個
B
小麦粉 1Cupと1/4Cup,プラス2tbsp
ベーキングソーダ 1/4tsp
C
チョコチップ(黒) 1/3Cup
チョコチップ(白) 1/3Cup
好みのナッツ細かく砕く(私のはクルミ。ピーカンもOK)1/3Cup

作り方
ボウルにAのうち卵を除いた材料をよく混ぜもったりとさせたら
卵を加え、良く混ぜる。一緒にふるったBと、CをAに入れてさっくり
と混ぜ、天版にスプーンですくって均等に並べ、375Fに温めておいた
オーブンで10~11分焼く。


l_R135911.jpg wx1q_man_864_d.jpg
写真はBHGより(こちらへ)               こっちは私が作った分

このクッキーの表面のボコボコ感を出すには、スプーンですくったら
上から押さえずにそのまま天版にのせて焼きます。ただし、部屋の温度が
低く、クッキー生地がすぐに硬くなる場合は、その形のまま山のようなクッキー
が焼けてしまうので、生地を作ったらすぐに焼くか、または焼き始めて
5分目ごろに、軽く表面を平らなケーキサーバーのようなものでおさえて
あげると、均等に平坦だけどボコボコしたクッキーが出来ます。
この時、溶けてるチョコに触ってしまうとその部分の形が醜くなってしまう
のでご注意ください。
これは私が今まで作ったチョコチップクッキーの中では一番ソフトさの食感が
いい出来でした。主人にもおお受けで、リピート決定~

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらもどうぞ宜しくお願いします♪

Posted on 18:38 [edit]

category: クッキー・マフィン

tb: --   cm: 3

本当に美味しい生地で作るアーモンド・ビスコッティ  

ビスコッティはイタリアの代表的な焼き菓子だと思いますが、イタリア移民が
多いアメリカでも日常的に食されているのか、スーパーのお菓子売り場には
必ず置いてあります。ネットや料理本でもレシピを見つけるのは簡単なんです
けど、ビスコッティって、本当に好きな人・・・どのくらいいますか?
私は正直、今まで食べたビスコッティで「お~これは美味しい」と思ったもの
がなかったんですよね。ごくわずかな砂糖、バター(バター無しのレシピもある)
卵で多い小麦粉をかためて焼くので、ガリガリした食感は面白いけど、いまいち
味がないというか、おいしくない。。

でも、ビスコッティがたまに作ってみたいと思うので、スタンダードなレシピに
かなり手を加えて、もっと甘くバターの香りが楽しめるものを作ってみました。

2xyl_auto_d.jpg

r1np_auto_d.jpg

材料
バター 1/2 Stick(約55g)
砂糖  1/2Cup(これでやや甘すぎると感じる量なので大さじ2~3控えてもOKです)
卵  1個
アーモンドエッセンス 小さじ1/2
ミルク 小さじ2
細かく刻んだ皮なしアーモンド 約1/3Cup
小麦粉 1と1/4Cup
ベーキングパウダー 小さじ1

作り方
(1)ボールにバターと砂糖を入れふんわりとなるまで混ぜ、卵を加えさらによく混ぜる。
アーモンドエッセンスとミルクを加えよく混ぜる。
(2)小麦粉とベーキングパウダーを合わせてふるい、刻んだアーモンドと上記の
ボールに入れ、ダマがなくなる程度にさっくり混ぜる。
(3)台にクッキングシートを敷き、軽く小麦粉(分量外)を振って、生地を2つに
分けて、それぞれを丸め、写真のような細長い楕円形に伸ばす。これは柔らかい生地
なので、平たくするほど中がよく焼けます。

0cbz_auto_d.jpg

(4)2つの生地がくっつかないようにスペースを空けて並べ、375Fに温めておいた
オーブンの上段で15分焼く。
(5)ここで一旦取り出し、熱いうちにナイフでビスコッティの形にスライスして、
下の写真のように中を上向きにして並べ、再度オーブンに入れて5分焼く。

apcu_auto_d.jpg

ここで焼き終わると、真ん中辺りは少しソフトな食感が残るので、全体がガリガリした
ものが好みであれば、さらに反対側を表にして並べ替え、さらに焦げないよう様子を
見ながら5分焼きます。
完全に冷めてから、ガリガリした食感をお楽しみください。
形はビスコッティだけど、味はバターが効いたクッキーみたいだって?そこはね・・

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
応援どうも有難うございます。

Posted on 15:31 [edit]

category: クッキー・マフィン

tb: --   cm: 0

親指で押したようなクッキー(サム・プリント・クッキーズ)  

デザートやクッキーの本でよく見かける、ちょっと可愛いクッキー作りました。
参考にしたのは、日本でも人気があるマーサ・スチュワートのEVERYDAY FOOD
という雑誌から。ところで日本では「カリスマ主婦」という肩書で人気があるよう
ですが、アメリカでは「実業家」として知られている(実際は離婚後に独身のまま)
とウイキに説明がありますね。そうだなあ、「主婦」という立場や肩書で人気が出る
というのは日本的なことかもしれません。余談でした。


rti3_auto_d.jpg

見た目、可愛いですね~。ところで通常私はアメリカのデザートに関しては
使用する砂糖の量がはんぱないので、ほぼ毎回半分くらいに減らして作って
います。それで日本人の舌にちょうどいい位の甘さになる感じ。
また、オリジナルとは少し材料を変えて作っているのを載せるので、オリジナル
のレシピが知りたい方は →こちらへ
ん~ 日本でも人気があるだけあって、この方の料理やグッズは本当にオシャレ。。


さて私が自分でアレンジして作ったのはこっちです。

szue_auto_d.jpg
ちょっと形くずれてるのもあるけど、そこはご愛嬌
しかもアーモンドバターがなかったので、ピーナッツバターに変えたりジャムを
変えたり、おそらく私のは原型とどめてない味に仕上がってますな(笑)


材料

A
小麦粉 11/2Cup
ベーキングソーダ 小さじ1/2
ベーキングパウダー 小さじ1/2
塩        小さじ1/2

B
無糖ピーナツバター1/2Cup (オリジナルではここはアーモンドバター3/4Cup)
バター 1スティック(1/2Cup)
ライトブラウンシュガー 1/2Cup
卵 1個
バニラエッセンス 小さじ1
好みのジャム(私のはラズベリー。オリジナルはアプリコット使用)

作り方

(1)Aの粉類をまとめ、シフトしておきます。
(2)別のボールに室温で柔らかくなったバター、ピーナツバターを入れよく混ぜる。
砂糖を混ぜふんわりなったら卵とバニラを入れさらにふんわりとさせる。
*オリジナルレシピではミキサー使用となってますが、卓上型のでないとバターが
飛び散るので私は手作業でやります。
(3)Aの粉類を(2)に入れてさっくり混ぜる。多少粉ぽくても練らないように。
(4)スプーンで生地をすくい丸めてから、

h93v_auto_d.jpg
ケーキサーバーのような平らなもので軽く表面を押してあげます。

(5)ここで一旦、華氏350度に温めておいたオーブンで軽く7分ほど焼きます。
(6)まだ生地が柔らかいうちに、ここでトレイを取り出して、写真のような底が
丸いスプーンできゅっと中央をへこませます。私のは計量スプーン使用。

xfsr_auto_d.jpg
クッキーの名前は親指型押し、なんだけど実際に親指で押したらアッチッチです

2dzf_auto_d.jpg
きれいにくぼみが出来たな

(7)オリジナルレシピではここでまたオーブンに戻し、焼いてからジャムを入れて
ますが、私はジャムが少しクッキーにへばりつく方が好きなので、この時点でジャム
を入れます。(ジャムが硬い場合はコアントローかグランマニエのような洋酒で
薄めてみて下さい。私はいつもそうしています。)

b3zh_auto_d.jpg
義母からもらった先が小さくて枝が長~いこのスプーンが重宝してます

(8)またオーブンに戻し、残り7分焼きます。

i725_auto_d.jpg

材料の割合を見ると粉に対する油脂の量がすごく多いので、出来上がりはさくっと
してますが、時間がたつとソフトクッキーになります。ザクザクがいい場合は
他のザクザクな分量で生地を作ってもよさそうだけど、やはりジャムが入ってると
ケーキ風のクッキーの方が合いそうです。
アーモンドバターがある方はぜひオリジナルを試してみて下さい。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
応援有難うございます♪

Posted on 11:29 [edit]

category: クッキー・マフィン

tb: --   cm: 0

サックサクな食感のチョコチップクッキー  

このサイトをご覧のみなさん、あけましておめでとうございます。さてようやく
新居にも落ち着き始めたので、今年は去年よりもっと更新していきたいと思って
います。そして、今年こそは横道それずに「アメリカンな」レシピの紹介に焦点
を当てたブログを目指そうと思っています


その第1弾として、アメリカでもっとも代表的なお菓子の一つ、アメリカンチョコ
チップクッキーのレシピをご紹介します。チョコチップクッキーといっても実際は
お菓子の本には数えきれないほどの種類のレシピがあって、食感もソフトで歯に
つくようなタイプやカリカリしたものまで色々あるんです。私はクッキーに関しては、
ザクザクしたドライタイプのクッキーが好きなんですが、今日のレシピはまさに
ザックザクなタイプで、日持ちもよく、1週間くらいはザクザクした食感が楽しめます。
2~3日以内で届く場所なら郵送できるギフトにもなるでしょう。


ivcg_auto_d.jpg

見た感じは何の変哲もない普通のチョコチップクッキーですが、まじでサクサク
なのです。


e9ky_auto_d.jpg jbnt_auto_d.jpg

材料

A
小麦粉 1カップ
Rolled oats 3/4 カップ (*)
ベーキングソーダ 1/2 teaspoon

B
バター 1/4カップ
キャノーラ油 1/4カップ
グラニュー糖 1/3カップ
ブラウンシュガー 1/3カップ
卵 1個
バニラ 少々

チョコチップ 1/2~1カップ(好みで量を調節して下さい)
 
作り方
(1)材料Aのうち小麦粉とベーキングソーダを合わせてふるいにかけておく。
(2)材料Bのうち、バターを常温で柔らかくしておき、キャノーラ油、砂糖と
合わせてよく混ぜ合わす。なじんだら卵を入れてさらによくまぜ、もったりさせる。
(3)チョコチップを軽く混ぜ、Aの粉類を合わせて練らないようにさっくり混ぜ
あわせる。天版にスプーンですくって並べる。
(4)華氏350度(摂氏180度くらい)に熱しておいたオーブンで焼き色が
つくまで15分ほど焼く。


私は通常、7分ずつくらいにタイマーを区切ってかけて、途中で焼き過ぎないよう
加減を見ながら焼いてるんですが、アメリカ版「料理の鉄人」番組が出してる雑誌
に載っていたシェフによると、クッキーは形が小さいほど、高い温度で短く焼くと
よりよいクッキーが出来るそうです。
(具体例は華氏500度でわずか4分)
今度こわごわ試してみよう。。。


(*)Rolled Oatsとは

20090321111501_20120103111721.jpg

以前、こちらの記事で紹介したことがあります。
日本ではオートミールで代用するか、明治屋さんあたりに直輸入された本場のが
売ってあるかもですね。ちょっと探してみて下さい。


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
今年も地味に頑張ります。応援よろしく

Posted on 21:25 [edit]

category: クッキー・マフィン

tb: --   cm: 2

ダブルチョコチップ・クッキー  

チョコ味のアメリカンなクッキーが食べたくなって、こんな
の作ってみました。


Dec09-09 010

ココアとチョコチップでダブル、またチョコチップが2種類で
ダブル・チョコチップ・クッキー。勝手に命名♪


Dec09-09 012



材料と作り方

バター 1/2と1/8カップ
砂糖  1カップ
卵   1個
小麦粉  1カップ
ココア  1/2カップ
ベーキングソーダ 小さじ1
チョコチップ  1カップ
(私はチョコとホワイトチョコ半々にしました)


以前載せたクッキーの作り方と同じです。
バター、砂糖、卵を良く混ぜ、粉類をさっと混ぜ、チョコチップ
を混ぜたら、350Fで10分ほど焼きます。冷蔵庫で長く生地
を休ませると、天板に置いた形状のままに近いクッキーが焼けま
すが、生地を作ってやわいうちに焼くと、写真のような伸びた
大きなクッキーになります。


チョコ味を濃くしたい方は、ココアの分量を増やし、増やした分
小麦粉を減らすといいでしょう。ん~チョコ!って感じの味


にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ
にほんブログ村
クリック、有難うございます。


Posted on 15:04 [edit]

category: クッキー・マフィン

tb: --   cm: 2

アメリカンなクッキー(クランベリーナッツとピーナッツバターの2種)  

やっとアメリカンな食卓へ戻ってきました
今日は今まで平凡すぎてなぜか敬遠していたアメリカン・クッキー
を作る気になったのですが、これが意外に美味しかったので
ご紹介します。


(1)クランベリーナッツクッキー


q6p0_auto_d.jpg 6ojv_auto_d.jpg


なんか見た目、めちゃ普通のアメリカンクッキーですが、レシピの
出所はBBCのGoodFoodなんです(こちらへ)。とはいえ、レシピの材料を
変えて作ったので、私流の材料をここに載せます。これ見た目は
ソフトクッキーのようですが、実際はサックサク、カリッカリの食感
がたまらない仕上がりになりました。(焼き時間はサクサクにした
いほど延長するといいでしょう)



80ud_auto_d.jpg


材料 (大きめのが12~13個分)
バター110g(1Stickに相当)
卵 1個
ダークブラウンシュガー 50g
グラニュー糖   80g
アーモンドオイル ほんの少々
小麦粉    190g
ベーキングパウダー 小さじ1
ドライクランベリー   50g
アーモンド(細かくスライス) 50g
ピーカンナッツ(砕く)  50g
ホワイトチョコチップ   カップ1/2ほど
*ドライクランベリーが手に入らない場合は他のフルーツのものか、
レーズンでもいいと思います。ちなみにオリジナルのレシピではナッツ
はマカダミア・ナッツが使われています。



作り方
(1)バターと砂糖をクリームになるまで混ぜたら卵とアーモンドオイル
を加えてさらによく混ぜる。
(2)ふるいにかけた小麦粉とベーキングパウダー、ナッツ類、クランべり
、ホワイトチョコチップを(1)に入れて粉っぽさがなくなるまで切るように
混ぜる。30分ほど冷蔵庫で休ませる。
(3)スプーンですくったタネを丸めて天板に並べ(この時置く間隔は
十分あけて下さい。かなり大きくなりますから)、上から少しヘラなどで
押さえて形を整え、180C(350F)のオーブンで13分ほど焼く。


(2)ピーナツバタークッキー


hnw1_auto_d.jpg


ピーナッツバターを使ったクッキーって大抵のアメリカのレシピ本に
載ってるんですが、今回は以前ご紹介したSumitten Kitchenさんのレシピ
を借りました。ので、ここでのレシピは省略します。
(注)私はレシピのバター1 stick を1/2stick とキャノーラ油1/2Cup
に換えて作りました。


34sh_auto_d.jpg


なんかちょっと、不二家のカントリーマアムみたいな仕上がりに
なってしまったでもこれがまるでケーキのようにしっとりしていて
美味しかったのであります


私は丸めたタネを、ケーキサーバーの背で軽く押さえてみました。


h9p5_auto_d.jpg


これ、焼きあがりがすご~く軟いので、形を整えたい場合はその
段階で整えるといいでしょう。


l72u_auto_d.jpg


角にチョコチップがくると割れすぎるので、そこだけ注意したらいい
かなと思いました。
ところで、ピーナツバター自体に砂糖が入っている場合、このレシピ
の砂糖の分量では甘過ぎると思います。私が次回作るなら、次は
グラニュー糖3/4カップを、1/2カップに減らすと思います。



たまにはクッキーもいいな、と思えたレシピです。

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ
にほんブログ村
帰りにクリック宜しくお願いしま~す♪



Posted on 11:39 [edit]

category: クッキー・マフィン

tb: --   cm: 2

キャノーラ油で作るバナナ・オーツ・マフィン  

バターにはSaturated Fat (飽和脂肪酸)という体に悪い
脂肪(こちらの記事で説明)が平均して30%以上も入って
います。油脂類の中でこの数値はかなり高いです。
また動物性油脂も取り過ぎると高血圧や心臓病の原因に
なるので、最近は極力バターの使用を避けるようになりました。


というわけで、最近は植物性油脂を使ったお菓子のレシピを
探したり、バターをキャノーラ油に換えて作ってみたりして、
バター不使用でも美味しいお菓子の作り方を探求しています。


今日はキャノーラ油で作ってみた簡単なマフィンをご紹介
しますね。


Aug14-09 016


遠くに頭がへこんだマフィンが写ってますが、オーブンから
出す時思わず型をひっくり返してしまったんです
せっかく盛り上がったマフィンの頭が見事にぶっちゃげて
しまったんですが、かろうじて1個だけ助かりました(苦笑)。
それが手前のです


材料(マフィン6個分)

A
卵 1個
キャノーラ油  約35ml(大体でOK)
砂糖   80g
完熟バナナ中サイズ 1本
ヨーグルト 大さじ1

B
小麦粉 1Cup(130g)
old-fashioned oats(rolled) 1/4Cup
ベーキングソーダ(重層) 小さじ1と1/2
ベーキングパウダー  小さじ1/2
塩 ひとつまみ

オプション
好みで Poppy seeds 大さじ1
チョコチップ 

*old-fashioned oatsとはこちらの記事に登場。
日本では雪印から出ているオートミールで代用できそうですね。

index_ph001.jpg

ただこれ、欧米のバナナマフィンのレシピにはなぜか必ずと
いっていいほど入ってるんですが、これを入れると当然、食感
がワサワサした感じになります。体にいいので私は入れてみた
けど、なめらかな食感が好きな人は省いた方がいいかも。
その分、ちょっと小麦粉を増やして下さい。


作り方
(1)卵をボールに割りいれ砂糖を加えてなめらかになるまで
良く混ぜる。これにキャノーラ油を良く混ぜ、フードプロセッサー
などでペースト状にしたバナナとヨーグルトを加え混ぜる。
大きめの泡だて器で混ぜることをお勧めします。
(2)B部分のオーツ以外の粉類をふるいにかける。これと
オーツ、塩を(1)のボールに入れ、道具はゴムベラにかえて
練り過ぎないようにさっくりと混ぜる。
*練り過ぎてグルテンが出始めると焼いた時ふくらみません。
(3)ポピーシードを入れるタイミングは(2)で、チョコチップ
は生地を少し混ぜたあとで投入。私のはポピーシードが
入っています。
(4)マフィン型に型を敷いて(私のはシリコン製です)生地を
スプーンで8分目まで入れ、375F(190C)のオーブンで
20分ほど焼く。表面が焦げないように途中で焼き色を確認
してみて下さい。


出来たてより、翌日の方が美味しいです。バターじゃなくても
十分イケると思いました。


にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ
にほんブログ村
応援ありがとう♪


Posted on 09:45 [edit]

category: クッキー・マフィン

tb: --   cm: 0

さくさくナッツチョコクッキー  

エキサイト・ブログからの移動記事です。

アメリカンな、というわけではないのですが、私が好きで
時間がない時によく作るクッキーです。


6g99_auto_d.jpg


材料

(約20cm × 20cmの天板 1枚分)
薄力粉(all purpose flour) 160g
無塩バター(unsalted butter)110g (1 Stick)
砂糖(Sugar)   90g
卵黄(yellow york) 1個 (1)
べーキングパウダー(baking powder) 小さじ1(1tsp)
チョコレート (chocolate chip) 1/3Cup
くるみ 又は ピーカンナッツ  各カップ1/2ほど
(Nuts)1/3Cup

(1)バターは室温で柔らかくし、木べラでクリーム状になるまで煉る
Cream butter and sugar until fluffy.
(2)砂糖(粉砂糖がよい)を加えて、さらによく混ぜクリーム状になったらOK
(3)卵黄を加えさらによく混ぜる
Add yellow york and stir well
(4)チョコレートとナッツは食べよい大きさにカットし、上記に混ぜる
Add chopped nuts and chocolate chips
(5)ベーキングパウダーと薄力粉をふるい、上記によく混ぜる
Shift flower and baking powder, beat into the cream mixture.
(6)天板にクッキングシートを敷いて、ヘラなどでまんべんなく広げる
Spread over in a 11"X8"(or 8"X8")pan and bake at 350F 15-20 min.



c0198468_2325664.jpg



このさい、形はキレイじゃなくていいですよ~。私はいつもこの辺は
適当です(笑)。少しナイフで切り目をつけてから、180C(350F)に
熱しておいたオーブンで15分ほど焼く。
途中、焼き色を確認してみて下さい。(350Fは、華氏350度です。)
薄力粉は、アメリカでは All purposeでOKです。


焼けたら、すぐにシートから出さずに、必ず20分ほどおいて冷まして下さい。
冷ましてから出さないと、生地がまだ柔らかいので、割れてしまいます。



コンティナー(タッパ)に入れて3~4日は保存できます。
卵黄は入れなくても作れますが、より生地が硬く(ザクザクした感じ)、
生地がまとめにくくなります。私は卵黄を入れたパタンの方が好きでした。
残った卵白はメレンゲなどに使いまわそう。


にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ
にほんブログ村
応援有難うございます♪



Posted on 09:59 [edit]

category: クッキー・マフィン

tb: --   cm: 1

About Me

はじめての方へ

About the photos

カテゴリ

訪問ありがとう♪

参加ランキング

温度の換算表

リンクについて

最新コメント

訪問者Map

まずはここから

料理に関するリンク集

全記事(数)表示

月別アーカイブ

レシピブログ♪

メールフォーム

ネットでプチ稼ぎ♪

検索フォーム

QRコード