私がチキンナゲットを手作りする理由  


wbu6_auto_d.jpg
Home made chicken nuggets

以前は豆腐入りのナゲットを載せた事があるんですが(こちら)、あれ以来
ナゲットを作る時は毎回同じレシピを使っています(^-^;)
zmmu_auto_d.jpg
これがそのレシピ↑。写真の上で左クリックすると拡大します。
普段はレシピは参考にするだけで、あとは我流で勝手に自分の味に変えて
料理することが多い私ですが、これに関してはなぜかきっちりとこの分量
の通りに計って作っています。かなりちゃんとしたものが出来ますよ。


zgk5_auto_d.jpg
こっちは主人のお弁当用にマスタードとBBQソースを添えたもの。
お弁当にしてしまうと、さすがにパリパリ感は保てないですが、プロセス肉は
添加物が多すぎるので、こうして自然素材だけで作る方がいいんです。

ところで・・・・。
私がアメリカへ来てからナゲットを手作りするようになった理由はもう一つ
あります。皆さんはアメリカにおけるチキンナゲットの生産方法が悲惨だと
いう噂を耳にしたことはありますか?なんと鶏を生きたまま熱湯に入れて
煮ているというのですよ。この噂(評判)はこちらでは意外に多くの人が知って
いたり聞いたことがあるようで、質問してみると聞いたことがあると言われ
ることがあるんです。

実際には、この「生きたまま」というのには語弊があって、さすがにそのまま
熱湯に投げ入れるわけではなく、あばれない程度に傷をつけて、ということ
らしいです。しかしそれでもニワトリにはまだ意識があるので、壮絶な苦しみを
味わっているということです。私はその丸煮えされたニワトリの姿を写真で
見ましたが、説明するには描写に堪えません。
(情報元はアメリカのタレントのパメラ・アンダーソンが出したChange.comの嘆願書より)

なぜこういった非人道的な食肉の生産加工の過程が世にばれるかというと、
そういった大量生産型の加工業界に動物愛護団体の職員がバイトなどで
内密に入り込んでビデオを隠し撮りしたりして暴露するからなんです。

ここにアメリカのマクドナルドのナゲット加工までの内部事情を撮ったビデオ
があるので、事実を知りたい方はご覧になってみて下さい。
これは熱湯につけているパターンではなく、従業員がニワトリを残虐に
扱っているところだそうです。私は最初の方だけ見ましたが、数秒でギブアップ
しました。普通の神経じゃ見れません。これはあくまで、証拠がないと文章だけ
じゃピンとこないという方のためだけにリンクを貼ります。

https://www.youtube.com/watch?t=11&v=-UWcQLtpAKU

あとYouTubeなどで、chicken nuggets, factory farm, crueltyなどと検索
ワードを入れてみると、わんさと出てくるでしょう。

ちなみに私はケージなどに入れず自然のエサを与えるオーガニックの
鶏肉を生産している個人の農場が屠殺してるとこのビデオを見た事が
ありますが、そこでは1羽ずつ足首を縛られてコンベアに並んでいる
ニワトリの首を機械が輪っかに入れてチョンチョン切断していました。
屠殺に2秒もかからない作業です。このやり方だとニワトリはおそらく即死
か数秒で息絶えるはずですね。愛護団体の人たちは「殺すこと」自体を
人道的とはけして認めませんが、私は食肉となる動物を必要以上に
苦しめること、その結果の肉を食べることに大きな抵抗を感じます。

コストコやスーパーでアメリカの輸入肉が普通に日本の食卓に安く入るよう
になり、それで家計が助かるという方もいるでしょうが、昔から「安いものには
わけがある
」といいます。こういった形で作られたものを自分の体の中に入れ
たいかどうかは、個人の感じ方次第としか言えないかもしれませんね。


久しく更新してませんでしたが、また応援宜しくお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ






アメリカの輸入肉やその生産過程をもっと知りたい方は拍手ボタンで
お知らせ下さい。私がオーガニックにこだわる深刻な理由を少しずつ
説明していきたいと思っています。

Posted on 01:42 [edit]

category: アメリカのFood事情と健康

tb: --   cm: 6

なぜ砂糖が有害なのか  


images (3)
記事中の写真はイメージ画像より

以前、砂糖と炭水化物の過剰摂取でガンになる(らしい)ということを
書きました。こちら
とはいえ、アメリカに住んでいると、なかなか和食のような低糖な
食事を貫くのは難しく、ついつい甘いものを作っては食べてしまいます。
そう、砂糖は「中毒」「慢性化」するんですよね。
一旦、習慣のように甘いものを採りはじめると、一定時間過ぎた時に
また食べたくなる。

分かってはいるけど、お菓子作りが楽しいのと、作ったら捨てられない
からつい食べる、の悪循環に陥ってしまうんだな。
そんな時、友人(看護師)のFacebookで、なぜ砂糖が(癌も含め)
人を病気にしてしまうのか、とても分かりやすく説明したマンガをシェア
していたので、これを皆さんにもご紹介したいと思います。
リンクは一番下の写真の次へ

images (2)
1本のコーラにどの位の砂糖が入っているかを示しています。
カロリーゼロのダイエットコーラは化学甘味料が代用されている
ので、大事なのはカロリーよりも原料と言えますね。

images (1)
アメリカの市販品の80%に砂糖が加えられている。
2050年までに米国で3人に一人が糖尿病になる試算。
★こんなニュース発見→砂糖に課税
むしろこれはアメリカで実施すべきかと・・・

砂糖の害について

リンクフリーとなってますので、どうぞご活用下さい。
そして甘いものが慢性的に、過剰にやめられない人がいたら、なぜ
ガンその他の病気になるのか教えてあげて下さい。
以前、毎日甘いものを作っては食べてる人が、がんになってしまった
ので(案の定と思いました)、このことを教えてあげたら、余計なお世話だ
ぽい反応をされたことがあります。ガン細胞が糖分を栄養として増えていく
ことを伝えても、その方は甘いものを絶てずに(減らせずに)いるんです。
必ずしも誰もが健康でいたいわけではないんだな、と驚きました。
だから、こういった事は、知って得した、有難いと思う人の間だけで
シェアすればいいんだと思います。
いや~他人事じゃないですね、私も、もっと減らそう・・・
いや、私は知りたい、教えてくれ~と言う方はランキングバナーと共に
拍手ボタンでお知らせください。今後の参考にします。

参考記事
果糖が老化の原因となる理由


ランキングの応援どうぞ宜しくお願いします!
 


Posted on 13:15 [edit]

category: アメリカのFood事情と健康

tb: --   cm: 2

私が添加物を気にするようになった理由  


今日はアメリカだけでなく、日本と諸外国にお住まいの方にも少なからず
関係のある話をしようと思います。ぜひ続きをご覧ください。
-- 続きを読む --

Posted on 11:49 [edit]

category: アメリカのFood事情と健康

tb: --   cm: 6

ミツバチがいなくなったら。。。。  

2011年に我が家の敷地内にブルーベリーを「移植」して以来
夏が楽しみになりました(去年の収穫記事はこちら)。


July 10-2012 076

今年も去年と同じ時期にとれるだろうと思っていたのですが、

IMG_2850.jpg

今年「まともな実」がついたのは、手のひらのたったこれだけ。
しかも熟す時期も去年より大幅に遅れています。
去年の冬が寒かったので(といっても、毎年寒いですが)今年は
不作になったんだろうか。

ブロ友さんが書いていた、怖ーい記事を思い出しました。
いなくなるミツバチ
リンク先へ飛んで、ぜひ読んでみて下さい。
関連記事はこちら
食物連鎖の末に・・・

たしかに、庭に出ても以前ほどミツバチを見かけません。
個人的に買った苗がもったいないというような話ではなく、これは
不気味な兆候です。やはり、何かが少しずつ地球上で狂い始めて
いるとしか、思えない。

日本は食べ物の自給自足が難しい国の一つですが、牛や豚など
の肉もたくさんアメリカから輸入しているのはご存知ですよね。
外食産業のほとんどの肉は、輸入肉だろうと思います。
実は、畜産は野菜の栽培よりもはるかに水を使うのだそうです。
今アメリカで起こっている干ばつの理由の一つに肉加工業界が
使う何万トンもの水が関係しているとか。アメリカは、どこかでこの
有り余る肉の生産に歯止めをかける時期に来ているのでしょう。
これについては、またいつか詳しく書こうと思います。

地球温暖化がもたらすもの。
それはやがてこの地球上に「人間が住める場所」がなくなることを
示唆しているのかもしれません。
このビデオ、フェイスブックの話題から借りてきました。



観た事がない方はぜひ観てみて下さい。
最後にすごく感動しました。この地球に、人間はもういない方がいい
のかなぁとさえ思える最後です。


ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
 

レシピブログに参加中♪


Posted on 09:12 [edit]

category: アメリカのFood事情と健康

tb: --   cm: 2

タイで食用になる犬たちを救おう  

私は料理を楽しんでこのブログを書いていますが、ここ数年食用となる家畜や動物の福祉
にも高い関心を寄せてますので、こういった話題にもお付き合い下さればと思います。
数ヶ月前、CNNジャパンのニュースでこんな記事を見ました。
-- 続きを読む --

Posted on 12:30 [edit]

category: アメリカのFood事情と健康

tb: --   cm: 4

日本の弁当を真似てアメリカ流に作っているアメリカ人のブログ  

アメリカの一般人のレシピによって構成されている料理雑誌「Taste of Home」
の今月号に、日本のお弁当に魅了されたアメリカ人主婦の記事が掲載されて
ますが、それが面白かったのでご紹介しますね。

51uwA3TgqGL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_SX240_SY320_CR,0,0,240,320_SH20_OU01_ 71t6yq+VPwL__SL160_PIsitb-sticker-arrow-dp,TopRight,12,-18_SH30_OU01_AA160_

ちなみにアメリカではここ数年、日本式のお弁当を英訳した本が相次いで
発売されていて、その影響は結構アメリカ人主婦の間にもあるようで、アマゾン
USAでも関連の本やグッズに多数レビューが投稿されています。
アマゾンUSAでBentoやBento Boxesと綴って検索すると、上の写真のような
本や、キティちゃんの弁当箱など色々出てきます。

さて、その雑誌に紹介されていたアメリカ人のブログがこれまた見事に出来て
いるのでサイトのリンクだけしますね。写真の掲載はどうも著作権の問題で
ここには出来ないみたいなので、サイトへ飛んでみてください。

ウエンドロニア
綴りのままカナ表記してみましたが、アメリカ人が読むと違うかも。。
ウエンディさんていうブログ作者の名前をもじってるみたいです。
さて、サイトのタイトル下のメニューバーの、右端のBento Box Gallery
を選ぶと、この方が作ってるお弁当がたくさん出てきます。
調理してないもの・・・クラッカーとか果物やハムが詰めてあるだけのが多くて
本場の日本人が見ると、アメリカ人の大雑把さがよく伝わって面白いかもしれ
ませんが、お弁当の「詰め方」や「色彩」が、よく研究されているなあと感心
しました。これは是非、うちの主人の弁当にアイデアを借りたいです。もう
毎日似たようなサンドイッチばかりで苦しいネタ切れ・・・・
この関連記事はこちらへ→ 夫にもたせる普段のお弁当

メニューバーの左から2番目、Bento Box Basicsを選ぶと、ウエンディさん流
のお弁当の作り方、詰め方のアドバイスが載っています。アメリカも結構子供に
ランチを持たせるところが多いので、こういったものが流行るんでしょうね。
これを見ていて、日本人が作るお弁当はもはや芸術の域に達しているなあと
あらためて再認識したのでした。
(追記)ちなみに、こんなサイトを発見!Bento USA
日本の色んなお弁当箱やグッズがたくさん売ってますよ~。面白い。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Posted on 15:42 [edit]

category: アメリカのFood事情と健康

tb: --   cm: 2

アメリカのスーパーマーケットのご紹介  

今日は簡単にうちの近所の中規模サイズのスーパーマーケットを
ご紹介します。おそらく全米のどこのスーパーへ行ってもこんな感じ
だろうな、という一般的なスーパーです。

mba1_auto_d.jpg

以前他のスーパーでバレンタインデー用の記事のために写真を撮ってたら
お店のマネージャーらしき人に「なぜ撮ってるの?店内では遠慮して下さい」
と注意された事があったので、それ以来スーパーの中での写真撮影が
出来ないでいましたが、今回は家族が一緒だったので、周りに注意しながら
写真を撮ることができたんです。

1k20_auto_d.jpg

移住して間もない頃は、見る物すべてが目新しくて、楽しくて仕方なかった
ですね。今ではすっかり買い物が面倒な「義務」になってしまいました
こうして色んなものを見ては、はしゃぐ家族を見ていると、4年前の自分を
なつかしく思い出します。

ztnd_auto_d.jpg
クリックで拡大

アメリカナイズされたお寿司。
お米がちょっとパサついた感じで、やはりお店で食べる方が美味しいです。

dnor_auto_d.jpg

アメリカらしい物といえば、カートが巨大な事!
これは子供連れ様用ですね。他には、脚が悪い人用の、自分で運転できる座イス
付きカートなんかもあります。脚が悪い人が乗るばかりでなく、肥満でちょっと
歩くと息が切れるような人も、店内で歩かずにこうしたカートに乗るんですよ。
歩かないから余計太ってしまうと思うんだけど、努力したくない人、ほんと多い
と思います。歩くのが日常的な日本人にとって乗るカートは不要ですね
次回はクリスマス時期のマンハッタン観光記を載せたいと思います。


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村ランキングへ

Posted on 22:22 [edit]

category: アメリカのFood事情と健康

tb: --   cm: 2

ピンクスライム肉、やっと本国で話題になる  

もう2年も前の話になります。その頃私がこのブログで「アメリカ産の肉に注意
して下さい」(こちら)という記事を書いたのを覚えていますか?
アメリカで加工される肉のひどい生産方法を批判した内容に、読者数が少ない
ブログにも関わらず、半数近い方が「拍手ボタン」を押して共感して下さい
ました。その時あらためて日本人の健康意識の高さに誇りを感じたものです。

その記事の中ほどに、「バーガー用のミートなどの生産過程でアンモニアを
使っているそうです。」と書いてたんですが、最近になってこういう肉が「ピンク
スライム」と呼ばれ、米国内で問題視されるようになったのを、日本でも報道
で知った方は多いでしょう。ニュースを見逃した方は→こちらへ

あれから2年もたってからやっとですよ?本当に、本当に、アメリカ人の健康意識
の低さ、無知には驚かされるとともに呆れてしまいます。


frittata 001
(写真はピンクスライム肉の生産を減らすことにした業者のニュース)

さてそのピンクスライムというひき肉が、どうやって作られているかの説明がこちら
にあります。リンク先→こちらへ
英語では、このように説明されてます。(新聞より)
The lower-cost ingredients is made from fatty bits of meat left over from
other cuts. The bits are heated and spun to remove most of the fat. The lean
mix then is compressed into blocks for use in ground meat. The product is
exposed to ammonium hydroxide gas to kill bacteria, such as E.Coli and
salmonella.

このアンモニアで消毒されたひき肉というのは、焼くだけでハンバーガーに使える
バーガー用のパテだけに使われると思っていたのですが、上のリンク先報道に
よると、水増し用の材料として多くのひき肉に混ぜられているとなってますね!
これはちょっと衝撃的なニュースでした。2年前の記事を書いてから我が家では
牛ひき肉は必ず「抗生物質もホルモン剤も不使用」とラベルに但し書きがあるもの
だけを購入してきましたが、もしやそのような肉にでさえ混ぜ込まれているとしたら、
アメリカで牛ひき肉を使った料理は一切できないですね。。。。

しかもアメリカ農務省が「3000トン以上もまとめ買いしている」とか、安全だから
問題ないという見解を示していることがより不信感を強めました。確かに食べてすぐ
死ぬとか病気になるものではないでしょうけど、国が国民の健康を守ってくれなかったら、
消費者は一体誰を信じればいいんでしょうか。怖い話です。日本で数年前食肉業者たち
が生産地偽装したとか、生産年月日をごまかしたとかで大騒ぎになったけど、そんな事
はアメリカ政府にしてみればバカのような話でしょうね。

ところで、こういう写真もネットに出回っていますが、見た事ある方いますか?
MECHANICALLY-SEPARATED-CHICKEN-MCNUGGET.jpg

私はこの写真を地元の新聞で最初に見たので、これがピンクスライムなのかと思って
ましたが、これまた別のものだとビデオで説明してます。



英語のビデオですみません。下の方のマークで字幕を出すこともできますが、会話
の一部がこちらのリンク(クリック)に載ってるので転載します。
その前にこの二人が何話しているかというと、こんな感じ。
「最近よく出回っているこの写真の正体は、なんだと思う?
それが、これはどうもチキンのありとあらゆる部位を機械にかけてペーストにした
ものらしく、ほとんどのチキンナゲットの材料として使われているらしい」


Someone figured out in the 1960s that meat processors can eek out a few
more percent ofprofit from chickens, turkeys, pigs, and cows by scraping
the bones 100% clean of meat. This is done by machines, not humans, by
passing bones leftover after the initial cutting through a high pressure
sieve. The paste you see in the picture above is the result.
要約:60年代にさかのぼるが、当時からチキン、ターキー、牛豚を100%活用するため、
機械で骨についた肉ですらこすぎ取ってプロセスしたペーストがこの写真の物体というわけ。

There's more: because it's crawling with bacteria, it will be washed with
ammonia...Then, because it tastes gross, it will be reflavored artificially.
Then, because it is weirdly pink, it will be dyed with artificial color.
しかもアンモニアで殺菌し、その結果まずくなったから、さらに人工調味料で味つけし、
色もエグイから人工着色料で色を変える。

すごいですね。こういうものがナゲットだけでなく、ホットドッグのウインナとかにも
入ってるとか言ってるようです。こういう物体は、英語でmechanically separated meat
(マシンで分別された、の意味。)と呼ばれ、ビデオの最後の方では、

「good newsもありますよ。今はUSDA(農務省)は食品の材料ラベルにこれが含まれて
いる場合はその旨mechanically separated meatと表示しているということなので、
食べたくない人は選ぶことができますね。」と言ってます。そもそもピンクスライムを
買い込んだり安全とか言うような政府の言う事自体、何も信用できないんだから、
ラベルの内容も本当かどうか怪しいものです。

アメリカに暮らしていると、アメリカ人の半分は食生活が健康に与える影響に無知で、
半分は知識はあるけど好きなものは我慢せずに食べて病気になったら医者に治してもらう
からいい、と考えているかのように思えます。肥満率も異常に高いんですが、逆にいうと
みんなが太っているから不健康に太ることの罪悪感が低いとも言えるでしょう。
アメリカに果敢に食品問題改革のため乗り込んだイギリス人シェフのジェイミー・オリバー
がこの問題のカス肉ペーストを使ってチキンナゲットを作るデモをしたところ、子供
たちがそれでもナゲットを食べたいと反応したことにガッカリしたとリンク先のどこか
にもありましたね。主人の友人夫妻の子供のバースデーに呼ばれて行った時、そこの
奥さんが子供たちに冷凍のナゲットをチンしておやつに与えていたのを思い出しました。
子供の頃からジャンクを食べて育ってたら意識を変えるのはやはり難しいでしょう。。

昔はよく「日本はアメリカの30年後を追ってる」と言ったものですが、アメリカが日本の
健康意識に、はたして30年後に追いつくでしょうか。アメリカの30年後は、ガン患者
の数が今の30倍になっていないことを祈るばかりです。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます。

Posted on 21:17 [edit]

category: アメリカのFood事情と健康

tb: --   cm: 0

炭水化物と砂糖の過剰摂取でガンになる(らしい)  

(*写真追加しました)
アメリカに住んで早や3年が過ぎました。その間、お葬式(老衰も含め)に
参列した回数、周りの友人知人がガン、心臓発作、血栓で亡くなったり発症
したりのなんと数の多い事か、とアメリカの病人の多さに驚く毎日です。


アメリカの3大疾患といえば、
心臓病
ガン
糖尿病
が考えられます。
心臓病には、高血圧とか高コレステロールとか、血液ドロドロなのが原因の
病気(血栓とか要は血管が詰まることで起る病気)も含まれます。


私の周りでは、
義母の妹、夫の友人の母親2人が乳がんで死亡、伯父の妻と夫の友人の妻
が乳がん闘病中。同じように誰さんの誰さんが心臓発作で倒れた、亡くなった
とかいう話は年中聞いている。ジョークにもならないけど、こんな重病が
まるで「私、先週風邪引いたんだけど、あらあなたも?」なレベルで人々に
起っているんです。私が日本にいた時、こんな生死に関わるほどの重病を
発症した知人は数えるほどにもいませんでした。アメリカの場合、日本と比べ
ると異常な数に思えます。


アメリカは言わずと知れた肥満大国ですが、日本人の私からすると食べてる
ものがスゴイんですよね。とにかく、炭水化物、砂糖、油脂類の摂取が多く、
野菜やフルーツが極端に少ないように感じます。友人宅に呼ばれてピザだけ
とか、肉、ハム、マッシュポテト、パン、パイに、野菜はそのまま袋から出した
レタスのサラダだけ、のような食事が多いので喉を通らないことも多いです。


日本では栄養のバランスのよい食事が健康につながることを誰もが当たり前
のように知っていますが、アメリカではそういったダイエット(痩せるため
の食事ではなく、健康を維持するための食事法もダイエットと言います)を
勧める雑誌や本、医者は多いのに、実際には自分たちの食事を改めようと
する人たちは少ないです。


というか、「こんな食事を続けていたら病気になる」という知識、考えが乏しい
(あくまで日本のレヴェルと比べたら、なんですけど)という風に感じますね。
会話でガンなんかの話になると、なぜ?なぜ?と皆発生率の多さに不思議がる
んです。ダイエットの必要があるのは糖尿病だけと思いこんでる人が多すぎ・・・


そんな中、去年主人の母が図書館で「アメリカでガンの発症率が高いのは
炭水化物と砂糖の過剰摂取が原因の一つである」という研究をした医者(博士)
の本を見つけ、熟読しました。あまりに分厚い本だったので私は読みません
でしたが、甘いもの、炭水化物中心の食事をしていた妹を乳ガンで亡くした
義母は大いに納得。もちろん妹さんには過度のストレスなんかもあったので、
これだけが理由、という意味ではないのですが、私もアメリカの一般の食事
を見ていると、あまりに炭水化物(主にパン類とパスタなど)に砂糖の摂取量
が多いので、日本の場合と比べると納得しました。
食事の西洋化に伴い日本におけるガン患者の数も増加、と指摘している医者
もいますが、そういうマイナス面での西洋化は残念なことですね。(私もここ
でアメリカンなレシピは避けるべき?

(追記)日本のドクターの論
「炭水化物が人類を滅ぼす」の根拠(1)
「炭水化物が人類を滅ぼす」の根拠(2)

of0s_auto_d.jpg
私が理想とする「野菜4:タンパク質2:炭水化物2:油脂その他2」の
割合の夕食。(ちなみにハムや上のソ-セージのような加工品にはよくない
添加物がたくさん入ってるので、ほんとは「理想」じゃないんです。)
メニューはソーセージにドイツのパスタ、Spaetzle(こちらで紹介)、ほうれん草
のサラダに紫キャベツの酢炒め、デザートのヨーグルトと私のは豆乳ドリンク。
夕食なのに栄養取り過ぎかしらん?


ま、それはさておき・・・・
近年、乳ガンの急激な発生率に遺伝とか、原因不明とか、食事バランスとは
関係ないという人も多いですが、最近こちらの女性誌で「遺伝による乳がん
発生はわずか10%に満たない」という記事も見ました。へ~と驚いたのと
同時に、そうだろうなあと妙に納得もしました。


ところで去年の夏日本へ里帰りした時、しばらくしてなかったので血液検査
をしたんです。アメリカに移住後、やはり洋食中心で動物系油脂(バターとか)
の摂取量も増えたので、移住前とどのくらい変わっているか知りたかったという
のもありました。
結果、意外にも悪玉コレステロールの数値はそう上がっておらず、かわりに
中性脂肪の数値が上がっていました。つまり血がもっとドロドロになっていた
ということ(汗)。医師に相談すると、


「これはね、主に炭水化物の摂取で増えるから、炭水化物を減らせば比較的
カンタンに落とせますよ。」


とのこと
中性脂肪はあぶらで増えると思っていたので、これは意外でした。
先生にアメリカ人の乳がん発生率と炭水化物の関係を話してみると、「同じ
炭水化物を取るなら、小麦粉よりもお米とかの穀類の方がいいわね。だから
日本人の方が発症率が低いんだと思う」との事。確かにアメリカに来て以来、
私もお米よりパンやパスタで取る炭水化物の量がかなり増えています。
この事をアメリカにもどり義母に話すと、今やローカーボダイエットの信奉者
に激変した義母は得意そうに「ね、だから(私が読んだ)本は正しいのよ
と、ますます自信を持ったようでした。


なお、「ガンの原因になる可能性」とはあくまで「過剰摂取」(バランスが極端
に炭水化物に偏っているとか)の場合であって、「食べたらなる」という意味
ではけしてありませんので、誤解なきよう。また逆にほとんどの炭水化物を
抜いてしまう人もいるんですけど、それもどうかな・・・・大事なエネルギー源
ですから。
それにしても、アメリカのケーキなどのベーキングは、ものすごい砂糖の量を
使います。1と1/2カップの小麦粉に対し、1カップの砂糖、というのが平均的
なレシピです。1カップの砂糖を全部体に入れると想像しただけで気分が悪く
なりますね。また市販のお菓子にはトランス酸が多いマーガリンなども沢山
入ってますから、デザートも出来るだけ素材をコントロールできる手作りを
心がけています。


健康あってこそ、の幸せな人生と思います。


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
共感して頂けると嬉しいです。

Posted on 11:11 [edit]

category: アメリカのFood事情と健康

tb: --   cm: 0

夫に持たせる普段のお弁当@アメリカ  

たまにはレシピ以外の事を書いてみようと思いますが、アメリカの食文化に興味
がある方が大体このブログ見て下さってますよね?
私こちらに住むまでは、お弁当って日本(だけ)の文化だと思ってたんです。
でもアメリカでもランチを職場や学校に持って行く人は普通に多くいることを知り
ました。アメリカ版のアマゾンとかでLunch Bag, Lunch toteなどで検索すると、
すごく色んなランチ(ランチに限らず食べ物とドリンク)専用バッグがあって見てる
だけでも楽しいですよ。


Dec-11-2010 012

例えばこれは、私達の2回目の結婚記念日に主人にプレゼントしたランチバッグ
なんですが、外側にもポケットがあって封筒とか入れるのに便利です。
(うちは光熱費、携帯代などは小切手で支払うので、それを送る封筒を彼が持参
することが多いです。アメリカで小切手払いは一般的にあります。)


55rk_auto_d.jpg

ランチバッグは大体こういう保冷式になってますね。中にもカトラリーやスナック
を入れるポケットがあって便利♪


ちなみに日本のお弁当は「Boxに入った食べ物」という形でアメリカでも有名で、
Bentoとそのままの言葉で意味が通じます。和食レストランのメニューなんかにも、
Bento Box Dinner とかBento lunch special(ベントウ定食って感じ)というメニュー
があるお店があります。最近日本で定番になってる「キャラ弁」も、なんとこちら
でも紹介され始めています。アメリカ人の目にはポケモンとかキティちゃんの模様
のランチはどのように写っているのでしょうね?うちの主人に「こんなお弁当作って
いい?」と聞いたら、即却下されましたが(笑)。


わが家でもニューヨーク州は外食は高いし栄養が偏るので主人にお弁当を持た
せています。最初はですね、日本式に(中身は洋食ですが)こういうお弁当作って
たんです。


8k52_auto_d.jpg
フレンチトーストと、野菜やベーコン

jovs_auto_d.jpg
エビピラフにチキンカツ、ブロッコリー、スクランブルエッグ


豪華じゃない?(笑)。なのに、カトラリーを使わなければいけないお弁当は職場で
食べるのが面倒くさいと主人からクレームがつきまして、今ではもっぱらアメリカの
ランチの定番であるサンドイッチが主流になってます(要はサンドイッチが食べた
かったんだと思う。あるいは、同僚に「お前のランチ変だな」と冷やかされたく
なかったのかも?


しかしアメリカ人のランチのサンドイッチを見てると、どうも「パンにハムやターキー
をはさんだだけ」のような、栄養がなさそうなものが一般的なよう。うちもサンド
イッチに野菜を入れると主人がはねのけるので、毎日栄養バランスを考えるのが
大変。


nyrc_auto_d.jpg

野菜の代わりに果物とフルーツジュースを入れるのが定番になりました。
サンドイッチは、これはベーグルサンドとツナサンドですね。
おやつに、メロンとりんご、チョコマフィンとクッキーを入れてます。

サンドイッチもパンの種類はこの他クロワッサンとかホットドッグ、具もハム、
ターキー、ツナ、チキンサラダ、サラミ、ベーコンと卵など飽きがこないように、
とっかえひっかえ工夫してますよ。

今日作ったのは、主人の好物の「グリルチーズサンドイッチ」です。
パンにモツアレラチーズをはさみ、パンの外側の両面にバターを塗ってフライパン
で軽く焼きます。パニーニプレスがなくても簡単に出来ますね♪


p5v7_auto_d.jpg
このデッカいスパチュラはBed Bath & Beyondというお店で発見。便利ですよ~

ktbn_auto_d.jpg
チーズがとろ~り溶けて出来たてが美味しいんですけどね。主人は職場のレンジで
チンしてもいいそう。これは低めの温度で、パンを入れたらふたをしてチーズが
溶け始めるまで置いて下さい。あっという間に焦げたりするので、「ながら作業」
はお勧めできません。ぜひお試しを。


たまにはこういうネタもいいね?という方は拍手ボタンでお知らせ下さい。
こっちもよければ押してね♪

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Posted on 09:34 [edit]

category: アメリカのFood事情と健康

tb: --   cm: 0

アメリカで農薬汚染がひどい野菜果物のワースト12  


前回の「アメリカ産の肉に注意して下さい」の記事にはいつもより沢山の方の拍手
や拍手コメントを頂き、書いた甲斐があったと感謝しています。共感して下さった方々、
有難うございました。健康維持にあまり関心がない方にはちょっと退屈な記事が続き
ますが、もう少し皆さんと共有したい情報があるので、今回までご辛抱下さいね!


あれから私もスーパーで食品を買う時は、かなりラベルや材料を見るようになりました。
というのは前回の記事を書いた直後に、NY州のニュースで「1980年代からアメリカ
でのガンの治療費が2倍に増えた」
という報道があったんです。治療費が2倍と言う事
は技術の向上費を入れてもなお、単純にガン患者の数も2倍近くに増えたといえるので
はないでしょうか。2倍というのは恐ろしいほど増加率が高いですよ。尋常なことでは
ないですね。


私は研究者ではないけど、あのFood.Incという映画の内容が本当なら、化学的な薬剤
に汚染された食品を食べ続けた結果、10年後、20年後にガンという形でその副作用
が体に現れたとしてもけして不思議ではないと思います。それでもアメリカはまだ、
病気になるのは個人の問題で、その原因を究明する必要はないと思うのでしょうか。
もし食品の大企業が政府に圧力をかけているとしたら、これはもう国家ぐるみの犯罪
ですね。ちょっと大げさに聞こえるでしょうが、自分の身は自分で守るしかありません。


さて、日本は自給自足が出来ない国なので、不幸にもこうした汚染された肉や野菜を
外国から輸入していると思いますが、アメリカではどんな食材が危険なのか、オーガニ
ックなら何でもいいのか疑問に思う人はいるでしょう。主人の母が、アメリカで最も
農薬の汚染がひどい野菜と果物、また比較的低い野菜と果物のリストを公表している
ニュースサイトを見つけたので、貼っておきます。ぜひ参考にして下さい。


Dirty Dozen (CNN Health)
全文英語です。


The Dirty Dozen
「農薬残留率が高い12の食品」

Celery セロリ
Peaches  桃
Strawberries  イチゴ
Apples  りんご
Domestic blueberries 国内産ブルーベリー
Nectarines 桃(ちょっと堅い表面が赤いモモ)
Sweet bell peppers 日本では赤パプリカなどに相当すると思います
Spinach, kale* and collard greens* ほうれん草、ケール、カラードグリーン
Cherries さくらんぼう
Potatoes じゃがいも
Imported grapes  輸入グレープ
Lettuce レタス

*ケールとカラードグリーンは日本では滅多にお目にかかれないでしょう。買う確率
は低いと思いますが心配な方はウィキペディアなどで調べて下さい。

上記の野菜果物はとくにオーガニック(無農薬)生産されたものを買った方がいいで
しょう。果物系は、バナナやメロンなどのように皮が厚いものは比較的安全なようで
すが、りんごについては日本のニューズウイークでも農薬汚染がひどいと書いてあり
ました。


The Clean 15
オーガニックではなくても、比較的農薬の残留率が低い、または無い食品

Onions 玉ねぎ
Avocados  アボガド
Sweet corn  スイートコーン
Pineapples パイナップル
Mango  マンゴ
Sweet peas  スイートピー
Asparagus  アスパラガス
Kiwi fruit  キウイ
Cabbage  キャベツ
Eggplant  なす
Cantaloupe マスクメロンのようなメロン 
Watermelon スイカ
Grapefruit グレープフルーツ
Sweet potatoes さつまいも(アメリカのは中がオレンジ色で日本のと少し種類が違う)
Sweet onions スイートオニオン

pesticides_Toa55-shutterstock_1401_marquee.jpg
農薬を噴射する南米あたりの農家(オーガニックサイトより)


皮が厚いか、玉ねぎやキャベツのように何層にもなっているものは比較的安全だそう。
ということは、玉ねぎやキャベツの外側は、惜しくても使わない方がよさそうですね。

また上のリンク先の下の方を読むと、こうした残留農薬は洗っても落ちないし、野菜
果物そのものの中に浸透していること、また微量でも人間が体内に入れ続けると特に
小さい子供の脳に障害を起こす可能性がある事を医師たちが発表しているという
箇所があります。殺虫剤を毎日少しづつ飲むのと同じですよね、考えたら。

追記:
発がん性の強い食べ物16と題したニュース記事に、農薬汚染がひどいフルーツが
入っています。英語ですが興味がある方は参照下さい。
16 Cancer Causing Foods You Probably Eat Every Day



ところで、この記事はアメリカでスーパーに行く時、非常に役立ちます。というのは
日本でもそうだと思うけど、オーガニックの食品はノン・オーガニックと比べると非常
に値段が高いんです。約1.5~2倍はします。食費を少しでも抑えるには、上の
Clean 15については、無農薬に拘る必要はないかな?と思いました。


April-29-10 001

見えるでしょうか、それぞれのラベルが。Organic(オゥゲィニック、と発音します)と
All naturalというのがありますが、オーガニックが完全無農薬なのに対しAll natural
は「出来るだけ化学的なもの、化学的生産工程を少なくした」だけで、まったく薬品が
入っていない、という意味ではないそうです。しかし安全性は薬品だらけの品よりは
高いでしょう。


April-29-10 002
これは鶏肉のパッケージを拡大したもの。成長を促すホルモン剤は使ってない、と
書いてあります。


April-29-10 003
これはAll naturalで、人工着色料や甘味料は使ってない、出来る限り化学的な生産
工程を避けた食品、とありますが、原料の小麦粉が無農薬である保証はないと思い
ます。


完全無農薬を目指すなら、all naturalよりさらに値段が高いオーガニック表示の
ものを買うしかなさそうですね。
April-29-10 004
しつこいくらいオーガニックって書いてあります
でも普通のアメリカの食パンの材料を見ると、辞書で引いても分らないような科学
用語の羅列が恐ろしいほど続くんです。1週間放っておいてもカビが来ないほど
合成保存料も入ってます。なぜカビがつかないのかなと考えると、食べる気がしな
くなりますね。


こっちはオーガニックのりんごです。
April-29-10 007 April-29-10 008

これはもしかしたら買った時すでに少し古かったのかも。でもこういう虫が喰った
ような跡があると逆に安心ですね。なぜならアメリカの普通のりんごはイミテー
ションのように表面がピッカピカできれいで、これまた腐らないんです、長時間
置いてても。

もうアメリカに2年近くいるのに、なんでもっと早く気がつかなかったかなあと
後悔しています。日本にいる方でも、輸入食品には少し目を配った方がいいかも
しれないですね


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
ポチポチ押して情報を広めるお手伝い宜しくお願いします。


Posted on 08:36 [edit]

category: アメリカのFood事情と健康

tb: --   cm: 5

アメリカ産の肉に注意して下さい。  

しばらくご無沙汰しました
今日はちょっとレシピとは関係のない話題です。日本でこのブログを
見ていて下さる方は、アメリカの牛(*豚と鳥もだと思いますが)には
成長過程で抗生物質や成長ホルモンが使われていることをご存じで
しょうか。


確か2~3年前に日本でもニュースになったんだと思います。まだ私が
結婚してアメリカへ来る前の話ですが、母が新聞を読んで私に
「アメリカから輸入されてくる肉には抗生物質や成長ホルモンが入ってる
らしいね。輸出する肉は大量生産でコストを下げて売ってるのに自分たち
は安全な肉を食べてるんだろうか。」と言っていました。


実際アメリカに住んでみると、母が言った後半の部分はどうも誤解だった
ようで、この薬品だらけの肉はアメリカ国内でも売られていることが分り
ました。実は去年、私が住むNY州で、ビーフのハンバーガーを食べた21歳
の女性がE-Coli(イーコライと発音します)という大腸菌に感染し、数日間
意識不明になった後、半身不随になってしまう事件がありました。


E-Coliとは こちら(ウイキペディア)


下の方の説明を読んでも分るように、発症例は多くはないんです。この
ように劇症になる例は滅多にはないようですが、昨夜たまたまうちの
主人がTVでFOOD、Inc.(サイトはこちら)という映画を見ていたので一緒に
見ると、その中でもビーフバーガーを食べてE-Coliを発症し死亡した男児
の例が取り上げられていました。


ところでなぜ牛や豚に抗生物質が打たれているかと言うと、アメリカでは
大きな畜産工場では安いとうもろこしを原料としたエサを、生産コストを
下げるために大量に与えられています。しかし牛や豚は本来は草を食べる
動物。コーンを食べて消化不良や病気にならないように抗生物質を与えて、
しかも早く成長するようにホルモン剤をも与えているそうです。
(ちょっと英語での理解なので、言葉足らずな部分があるかもしれません)


また恐ろしい事に、このE-Coliが発生しはじめてからは、なんとその病原菌
を完全に殺す為に、バーガー用のミートなどの生産過程でアンモニアを
使っているそうです。この抗生物質しにても、その他の薬剤にしても、人間用
ではなく動物用だから、その肉が人間にとっていいはずがないと主人の母
は言います。人間用としても、健康な人間が必要のない薬品を体内に入れ
ること自体が不自然と思うのです。


日本で売られているアメリカ産の肉は和牛など国産品より1~2割安だと
思うので、食費を節約するためにそればかりを買っている人もいるでしょう。
私も結婚前は一人暮らしをしていたので、アメリカ産の肉を買って節約して
いました。でもE-Coliの発症を恐れずとも、こんな薬漬けの肉を体内に
毎日少しづつでも入れること自体が怖い事だと思います。


健康にどれだけ注意するかは個人の自由なので、ここで輸入肉を買うな
とは言いませんが、少しでも情報を知って頂ければと思いました。
なお、アメリカ在住の方は以前から注意されてたと思いますが、オーガニック
系のファームで、これらの薬剤を使用していない肉のパッケージには、
No antibiotics and supplemental growth hormones などと書かれている
のを選ぶといいと思います。All naturalという表示もそれに近いのでは
ないかと思います。


ところで以前はビーフのレシピも載せていた私ですが、去年動物愛護
団体の活動によってアメリカでの畜産動物のひどい扱いを知ってしまって
以来、ビーフが以前のようには食べれなくなってしまいました。
知らぬが仏とは全くこのことで、アメリカの屠殺工場での牛や豚の扱い
は実際はモノ以下です。どうせ殺して食べるんだから、そういう動物に
何の慈悲をかける必要があるのか?という考えでもなければ扱えない
ような扱い方です。具体的な言葉で説明するだけでも泣きたくなってくる
のでここでは説明しませんが、動物愛護の観点からベジタリアンになる
人達の気持ちは私はよく分ります。


実際は、全人口の30%近い人間が菜食主義にでもならない限り、アメリカ
での牛豚のと殺数は減らないと思いますが、夜、スーパーに行くと、山
のようにお肉のパックが売れ残っているんですよ。うちは幸い主人もその
両親もいわゆる大肉食いではないので、完全ベジになるのは無理でも
量を減らしていく事は出来ます。あのように毎日肉が余るほど、子供を
たくさん産ませて安いエサをどんどん与えて殺し生産する必要があるのか?
と疑問に思えてなりません。


どうせこの世から肉食がなくなることがないならば、せめて広い土地で
牧草を食べ、死ぬまではのんびりと牛生や豚生を生きてほしい。そして
苦痛を味あうことなく即死する形で人間のために役立ってほしい。そんな
ことを密かに願っています。


このアメリカでの食肉加工の実態は、上記の映画の中で見ることが出来
ます。あまりのショックに私は20分見るのが限界でしたが、多くの人が
事実を知り、肉の大量生産に反感を買ってくれればと思います。


*部分追記
この記事を書いた後、あらためてこの映画の後半を見たのですが、鶏と豚
にも成長ホルモンは使われているようです。特に鶏に関しては、従来は3カ月
かけて成長するはずの鶏をわずか50日たらずで、通常よりはるかに大きな
鶏に成長させるホルモン剤だそうです。このような効果を出すと言う事は、そ
れだけその薬剤が劇薬ということ・・・・??



ちなみに2001年(なんと9年も前)のニューズウイーク誌から次のような
記事を発見したので追加しておきます。


アメリカで使われる抗生物質の40%は、家畜に投与されている。病気の治療で
はなく、大半は成長促進と病気の予防に使われる。
妊娠中の牛は1日7リットルの乳を出すが、特殊なえさや薬剤を与えれば30
リットルまで増える。本来なら40歳まで生きたかもしれない乳牛が、こうして
酷使されたあげく、6歳でハンバーガー用の肉になる。



Posted on 09:00 [edit]

category: アメリカのFood事情と健康

tb: --   cm: 0

体に悪い脂肪が少ない食品に注目する  

最近、「体に悪い脂肪」に注目しています。事の初めは、
アメリカへ越してきてから義母にお菓子はバターの代り
にカロリーが低いマーガリンを使うと言ったところ、
マーガリンはTrans Fatが多いのでバターの方がいいと
言われたことでした。


料理ブログやってる割には今更な話で恥ずかしいのですが
定期購読を始めたイギリスの料理雑誌などにも、この脂肪
についての記事を頻繁に見るようになり、血圧とコレステ
ロール値が高い主人の健康を考え、食品を買う時は必ず
入ってる脂肪を確認するようになりました。


北米で売られている食品にはNutrition Factという栄養素
成分表がほとんどの場合ついています。


a20 004

矢印の部分がそうなんですが、近くに寄ってみると





a20 003


この Trans Fat (トランス脂肪酸)、 Saturated Fat (飽和脂肪酸)
にご注目。ちょっとネットで調べてみました。

すぐわかるトランス脂肪酸
飽和脂肪酸

トランス脂肪酸もそうですが、最近はこの「飽和脂肪酸」の
方にもっと注意しています。バターを料理にもお菓子にも使う
ことが多いのですが、この飽和脂肪酸に関してはバターが
一番多く含まれていますね。

サイトの説明にもあるように、善玉コレステロールを増やし、
かつ飽和脂肪酸が少ないという、おいしい油・・・
オリーブ油とキャノーラ油を中心に今後は使いたいと
思います。このキャノーラについては、飽和脂肪酸が0%
という嬉しいものもあるので、バターの代わりにお菓子で
使うと最高ですね♪

(注)ただし基本的にサラダ油、キャノーラなどの油は生地
を膨らませる役目がなく、使う目的は生地をしっとりさせる
為なので、バターと油の代用は作る物によっては注意が必要
です。レシピがバターを要求する場合どんなお菓子を作る
のかによって油の代用が出来ないのでご注意ください。



今後はキャノーラで出来るお菓子、ちょっと研究してみます。



にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
今日も応援有難う^^


Posted on 10:13 [edit]

category: アメリカのFood事情と健康

tb: --   cm: --

About Me

はじめての方へ

About the photos

カテゴリ

訪問ありがとう♪

参加ランキング

温度の換算表

リンクについて

最新コメント

訪問者Map

まずはここから

料理に関するリンク集

全記事(数)表示

月別アーカイブ

レシピブログ♪

メールフォーム

ネットでプチ稼ぎ♪

検索フォーム

QRコード