我が家のキッチン アフター(中間)編  


IMG_8288.jpg
My Kitchen-my oasis

私ども夫婦が新居に入る少し前にこちらのログで完成前のキッチンをビフォアー編
として載せたのをまだ覚えてる方はいらっしゃるでしょうか??
引っ越したらアフター編を載せると書いておきながら、あれから6年もの月日が
過ぎてしまいました

今現在、キッチンはこうなっています。
アフターの「中間」編とした理由は、実はいまだに完成してないんです。
どこがかというと、バックスプラッシュ(上のキャビネと下のキャビネの
間にある壁の部分)。ここにタイルを貼る作業、ま~~~だ、やってないんですよ。
家の中のことは主人に決定権があるので、私が勝手に業者に頼むわけに
いかないんですけど、かくいう私も事を延ばしのばしにするタイプなので、
そのままにしてますが。


IMG_8289.jpg

キッチンの向こうに見える部屋はダイニングスペースなんですが、うちは家族
2人しかいないので、そこは書斎にしました。そのうち載せます。

IMG_8286.jpg

これら全てのキャビネットに、ものがギッシリ詰まってます。日本で流行の断捨離
とか、ミニマムな暮らしとは程遠い。。。収納はあればあるだけ物が増えてしまい
ますなぁ。
今執筆させて頂いてるお仕事で、収納の話もあるので、これらのキャビネを
開けたとこの写真は、私の原稿が載る雑誌の方に載せて頂くかもしれません。
またの機会に、このブログでも私の収納法をご紹介しようと思います。


バナーを押して応援して頂き有難うございます。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




Posted on 20:16 [edit]

category: 家とインテリアの事

tb: --   cm: 2

頂いた手編みのスロー  

ちょっと忙しい日々が続いてますので、間のつなぎに、以前から載せようと思って
いながらすっかり忘れてたこちらをご紹介して今日は終わり。

IMG_1452.jpg

この淡いモスグリーンのスロゥ(ひざかけとか、ソファやカウチのアクセントになるもの)。
去年のクリスマスに主人の親友のお母さんが編んでプレゼントに下さったものなんですが、
色も柄もまさに私の好みで、よく我が家のティストを観察されてたなあと感激しました。

この写真の場所はわがやのオフィス(書斎)ですが、この壁の色は実際にはグレーに
近い暗いブルーなんです。写真には、なかなか本当の色が出ませんね。

throw1.jpg

こちらはリビングのソファですが、家の中の色を大体、茶系を主体に地味な色で統一
しているので、どこに置いてもこのスロゥが似合います。
人に見せる事を意識せず、片付けずに撮ったので、あちこちに物がありますねー
この新居に引っ越してもうすぐ3年になろうとしているのに、いまだに引っ越したまま
のところがあって、完成していない家です(汗)。

インテリアにも料理と同じくらい興味がある私。
少しづつ、またインテリアのカテゴリーも充実させていこうと思っています。

 

レシピブログに参加中♪


Posted on 21:07 [edit]

category: 家とインテリアの事

tb: --   cm: 0

キッチンでちょこ座り用スツール(椅子)  

最近トシのせいで?要領が悪くなってきたのか、料理の準備もさばけなくなってきて、
キッチンで作業する時間が2時間を超える時があります。元々腰痛持ちでもあるけど、
立ちっぱなしって結構キツイんですよね。そんな時、ちょっと雑誌やネットを見るための
「ちょこ座り」用スツールがほしいなと思っていました。ら・・・


basil 005

こんな丁度いいものをMarshallsというディスカウント系のお店で発見
この間IKEAで見た物もお洒落で良かったんですが、ベースが大きかったので
いまひとつ買うのをためらってました。

basil 004

これは色、形、目立たなさ、全体をぱっと見て気に入って、安いのもあり(49.99
ドルつまり50ドルやね。わざわざ最初のケタ数を一つ減らしても一緒だって・・・)
即決でお買い上げです
うちはインテリアに関してはキラキラ系、シャイニー系よりマットなもので揃えている
ので、このキラキラしたベースが少しマイナスではありますが、キッチンの全体的な
色彩とティストに馴染んだところが気にいりました。これが来てからは「ちょこ座り」
どころか、ここでもくもくと色んな作業をするようになり、このスツールは「どっかり
居座り椅子」へと変わってしまいました。

わがやのキッチンといえば、引っ越し前にキッチンのビフォア―編を載せたきり、
そのままになってましたね。近いうちにきれいに片づけて「中間編」をUpしようと
思います。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村いつも応援有難うございます!


Posted on 12:44 [edit]

category: 家とインテリアの事

tb: --   cm: 0

ゲストルームを少しだけ飾る  

日曜日にサウスカロライナ州から伯父夫婦がやってきて我が家に
4日ほど滞在するので、ここ1週間ほどせっせと準備していました。

この家に越してきてからは、する事が山積みでずっと放っておいた
ゲストルーム。2つあるうち、私の母が泊った部屋に伯父たちに
泊ってもらう事にしたので、急きょ少しでもお洒落にしようと、新しく
ベッドカバーなど揃えました。


phz4_auto_d.jpg

恐ろしく、殺風景な部屋・・・・笑


0eh9_auto_d.jpg

あまりに何もないので、苦し紛れに置いてみた机とプラント。。。

反対側に、クローゼットがあります。


     hsmq_auto_d.jpg

アクセントに義父母から譲り受けた年代物のロッキンチェアを
置いてはみたんですけどね。ん~。まだ寂しい・・

いづれは壁をペイントすると思います。
多分ニュートラルな(アメリカで地味なアースカラーの事、どんな
色とも合わせやすい色の事)色の中でも濃いベージュあるいは、
くすんだ薄いグリーン系でまとめると思いますが。
そして壁にもう少しアートを飾りたいです。


元々、家やインテリアに関する事が大好きで、その方面
のブログを今まで作らなかったのも不思議な私ですが、わざわざ
それ専門のを立ち上げると又面倒なので、ここでたまにインテリア
に関する話題も載せようと思います。


海外の家作りに興味がある人も見てくれると嬉しいです。


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらも忘れてはいませんので、どうぞ宜しく

Posted on 21:15 [edit]

category: 家とインテリアの事

tb: --   cm: 0

近況報告~家の中と外、まだ改良中。  

ここのところ、ず~っと日常生活のブログ更新をさぼっていたので、今日は一気に
数週間何をしていたかご報告しようと思います!


去年の6月に新居に引っ越して以来、私の里帰りや義父の逝去など色々とあった
もんですから、新居を住みやすくする作業が全て後回しになっていました。
アメリカでは、日本と事情が違い、壁に好きな色のペンキを塗ったり、造園したり
と、家を住み変わるたびに色々と手を加えます。うちの場合は新興住宅地の中に
家を建てた事もあって、木がほとんどない環境なので、内装とともに造園も開始しました。


まだ植樹をどうするか検討中なのですが、主人のアイデアで先に敷石をすることに。
作業前のうちの庭、まったく何もありません


Japan-Family2011 054-1 iroiro 020

iroiro 023
あるのは、ひたすら芝生のみで、これではプライバシーも何もないのであります。


庭がほぼ完成している家の見本を例えると、
Th_201126528_0_2146.jpg

不動産のサイトから見た目がいい家の写真拝借しました。通常はこんな風にたくさんの木や、
シュラブといって生垣用の低い木などがお生い茂っているものなんですが、木がここまで育つ
のには通常20~30年かかるので、逆に庭が完成されてるとこの家はすごく古いと言う事に
なります(アメリカでは持ってる土地に建て替えるより、中を改装、改装して住み替えるのが
一般的です)。うちは新しい住宅に住みたかったので代わりに庭を作ることで妥協しました。
やっぱり古い家を買って、こんな風に木がたくさんあるとこを選んだ方がよかったのかなあ・・・

さて、敷石作業が終わったのが下の写真です。

iroiro 029 iroiro 030


iroiro 031 iroiro 032

家の周りを砂利でふちどった様な仕上がりです。少しはおしゃれになったかな
植樹をあちこちにする予定ですが、見本で貼った家の様になるまでには、最低でも10~20年
待たないといけません。。。
さて、家の中もぼちぼち手を加えています。

office 001 office 002

パントリーの記事(こちら)で説明した間取りの、Dining部分は、うちは二人だけでは広すぎるので
そこを夫婦共有の書斎にしました。アメリカでは、必ずと言っていいほど、壁に色をつける
んですね。うちは全部真っ白なスタンダード状態で入居したので、ペンキ塗りも調和を見ながら
一部屋ずつしていくことにしました。写真では青く見えますが、薄いブルーグレイです。

iroiro 005

 iroiro 006

本棚を買ってないので、一部まだ段ボールとかに雑誌を詰めてますが、とりあえず今ある
家具を置いてみたところ。とことんコンテンポラリー(現代風の、モダンな)に拘った
家造りを目指しています。

うちは家に関してはほぼ80%主人の主導でやってるんですけど、これがまた、すぐに
腰をあげない人でして・・・私だったら3カ月くらいで集中して全部ぱっぱやっちゃうん
ですけどね。もーイライラしますが、私には任せてもらえないので仕方ありません

そういえば、1年前にキッチンのビフォアーを記事にしたんですが(こちら)、なんと1年もたって
から、やぁぁぁぁぁ~~~~~っと、取っ手をつける事が出来たので、それはまた後ほど、
中間アフター編ということでご紹介させて頂きます。
まだまだ忙しい日が続きますが、料理の写真の撮りだめだけは溜まっていっているので
ぼちぼちレシピを更新していきたいと思います。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらの方もどうぞ宜しく

Posted on 13:03 [edit]

category: 家とインテリアの事

tb: --   cm: 0

わが家の新しいキッチン ビフォアー編  

おっとっと、前回の更新から2カ月も過ぎてました
実は昨日、やっとこさ新居の「売買契約完了日」(英語ではクロージングと
言います)を迎え、家のカギを売り主から受け取ることが出来たんです。
施工開始日から約7ヶ月目でした。

アメリカの文化をちらっとご紹介しますと、日本でも有名なようにアメリカは
完全な弁護士社会です。社会の色んな契約やもめごと、問題が生じる可能性
があることには、その専門分野の弁護士が関わります。
昨日のわが家の「クロージング」には、なんと3人(*)の弁護士が出席して、
なごやかな雰囲気の中で取り行われました。

*買主の弁護士、買主がローンを組む銀行の弁護士、売り主の弁護士。


さて、家を買い替える時に(ぜいたくなようですが、家の買い替えはアメリカで
は非常に盛んです)私が一番こだわりたかったのは、やはりキッチンでした。
新居のキッチンは1階の「まん中」にあるので、窓がありません。
まだ8分ほどしか出来てないキッチンの写真を公開します


4-21-2011 026
正面

4-21-2011 032
向かって左側 空間の所にレンジ、調理台、オーブン、冷蔵庫がくる

4-21-2011 040
向かって右側、シンクからリビングが見える(写ってるのは友達一家)

ちょうど「コ」の字型のキッチンです。
この写真の状態が完成すると、まん中に「アイランド」と呼ばれる孤立した
調理台が備え付けられ、その上にペンダントライトという天井から下にぶら
下がるようなライトが2本つきます。バーにはよくあるようなこのライト、最近
は日本の洋風建築でも人気があるみたいですね。


キャビネットの上にのせるカウンタートップは、アメリカでは大理石()が人気が
あるのですが、特注するとやはり軽く50万は超えるので(面積にもよる)、うちは
手が出せませんでした。ま、大理石なんかにすると手入れが大変なので、しばらく
はラミネートのトップで十分ちゅう~ことで満足です(笑)


さてブログ書いてる場合ではない、4日土曜日には引っ越ししますので、また
しばらくご無沙汰するかもしれませんが、家が完全に出来上がったら「アフター」
編をUpしようと思います。それまで撮りだめした写真でレシピをボチボチ続け
ます。(6月下旬から7月一杯日本へ帰ります)


次回まで、ごきげんよう。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Posted on 10:29 [edit]

category: 家とインテリアの事

tb: --   cm: 0

家を建てる(3)~うちの間取り  

間取りを説明しますね。


1階部分です。

Mohican1layout.jpg


左下部分の「Foyer」という所が、いわゆる玄関になるんですが、アメリカの家には
日本のような感じの玄関はありません。あるのは、「家に入るドア」だけ、という
感じの家がほとんどです。靴はそのドアの所に脱いで置くか、または土足のまま家
に入ります。わが家には、表のドア、車庫から入るドア、車庫から入って家に入る
ドア(トイレの横)の3つのドアがあります。うちは土足厳禁にしてるので、トイレ
の横スペースに靴箱を置く予定です。

そしてFoyer左横の、階段の図の、ドアがある方が地下室への入り口で、ない方が
2階へ上る階段になります。

わが家ではDining Room(ダイニング)を二人の書斎にすることにしたので、Nook
にダイニングテーブルを置く事にしました。左側のGreat Roomというのが、日本の
家のリビングルームにあたります。その部屋の左端の小さい囲みは「暖炉」です。
アメリカでは、たとえ暖かい州でも関係なく、ほとんどの家に暖炉が有るようです。

ところでキッチンがまん中にある間取りはアメリカでもそうそうないし、私は最初は
すごくヘンな家だなと思ってたんですが、今ではキッチンがまん中にあって良かった
と思います。うちは主人が一切料理をしないので、二人でキッチンに入る事はまず
ありません。キッチンが端とか、区切られたスペースにあると、いつも自分だけ
台所で仕事していて、彼と一緒にTVを見たりしながら料理や後片付けが出来ない
のが不便でした。主婦が仕事中でも孤立感を感じない間取りはすごくいいと思い
ます。

こっちが2階です。

Mohicanlayout2.jpg


左側の「Open Below」となってる部分は、天井まで吹き抜けになります。
これまたヘンなのですが、階段を上がった向かい側の「laundry」というところに
洗濯機と乾燥機を置きます。アメリカでは「家事(料理)をしながら洗濯する」と
いう発想がないのか、2階にランドリーがある家は少なくないです。
ちなみに、アメリカの多くの地域では外観法に基づき、洗濯ものを外に干しては
いけない地域がたくさんあります。なので乾燥機は常に洗濯機とセットであるんです
けど、我が家では日本から持ってきた洗濯干しに吊るして地下室で乾かします。
洗濯するたび乾燥機をガンガン使うなんて、考えられません


またアメリカの家の特徴は(ここ30年くらいの最近の建築について)、主寝室に
個別にバスルームがついていることです。うちの場合、Master Bedroomから直接
入れるバスルームが主寝室左側にあります。(バスタブはなし)
ちなみに主寝室にあるSitting areaというのは、自由に使えるスペースなんですが、
そこにソファとかTVを置くには狭すぎるので、わが家の中のデッドスペースになり
そうです。


多くのアメリカ人は、このように主寝室に専用のバスルーム(マスターバスと呼ぶ)
がついている家、また夫婦だけの小さな家族でもゲストルームや予備のバスルーム
がいくつもある家を欲しがります。その理由は、アメリカでは遠くに離散した家族
や友人が泊りがけで集まる機会・・クリスマスや誕生日会など・・が多いからです。
その時にプライバシーを好むアメリカ人にとって、お客さん用の部屋とかバスルーム
自分たちだけが使えるバスルームがあると都合がいいんです。子供がいて、子供達
にそれぞれ部屋を与える場合も理由は同じです。
もし子供が2人いる家庭なら、子供用の部屋が2つに、ゲストルームが1つか2つ
バスルームは3つ以上、といった家が一般的かと思います。(その家の懐具合による)


国土が狭く人工密度が高いので、小さな敷地を分け合ってぎゅうぎゅうに暮らして
いる日本人の生活が想像できるアメリカ人はそういないでしょう。
アメリカは住宅事情に関してはとてもラッキーな国だとつくづく思います。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Posted on 14:18 [edit]

category: 家とインテリアの事

tb: --   cm: 0

家を建てる(2)~外壁と屋根  

最初に家の話をしてからあっという間に半年が過ぎてしまいました。実はもう、
ほとんど新居が出来ています。今月の終わりには引っ越し出来そうなので、
少しづつ経過をご紹介します。



Nov-23-2010 021
(地下室の部分)

地下室の部分が出来上がったあと、その枠の上にまず家の外壁が建てられ
ました。

2010-11-24_14-14-24_32.jpg

次の週に見に行くと、かなりの枠が出来上がっていました。


Dec-5-2010 011

Dec-5-2010 014

この外壁が出来るころは家を毎週見に行くのがとても楽しかったです。行くたび
に新しい部分が出来ていて、とてもエキサイトしました。

Dec-11-2010 023

ほとんど外壁と屋根部分が出来た頃。これは家の正面で、右部分が2台分の車庫。

Dec-11-2010 027

こっちが家の裏になります。
約2~3週間で、あっという間にこの枠が出来たでしょうか。正直アメリカの
家の建て方を見ていると、あまりに簡単(で、雑。。。)な感じで、ちょっと
怖いです。この辺は、また別の項で詳しく説明します。

Dec-28-2010 029

屋根の貼り付けと、サイディングと呼ばれる外壁のベニヤ板のようなものが
大部分に張り付けられました。このサイディング、外から見ると木の板のよう
に見えるんですが、触ってみるとプラスティックのような材料なんです。
アメリカの家には、「瓦」はありません。この屋根には、1枚1枚、やわらかい
材質のものを接着剤で貼りつけて釘で打ち付けているそうです。

P1020617.jpg

外枠がほぼ完成した家の裏部分。まん中、飛び出ている部分は、Nookといって
ちょっとした食卓を置いて朝食や昼食をとるスペースになります。
次の日記で間取りを説明します。


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Posted on 14:14 [edit]

category: 家とインテリアの事

tb: --   cm: 0

家を建てる(1)~基礎工事  

主人と私は結婚後2年目で新しく家を建てることになりました。私が移住後に
住んだ家は夫の持ち家だったので、そこを売り払って今は両親の家のすぐ
近くのアパートに借り住まいしています。



新しい家は、新しく開拓した新興住宅街の中の、注文住宅になります。
いくつかあるデザインの中から予算と好みに合う家を選び、建てる感じです。
中古の家を買うはずが、たまたま見たこの建築会社のモデルハウスに主人が
が一目ぼれし、私は家よりその場所がとても気に入ったので、思い切ってここ
に決めました。

IMG_FC2-1.jpg


両隣りの土地はまだ売れてないので、周りは何もないように見えますが、全体
を見るとポツポツ家があるんです。


Nov-23-2010 016

工事は11月09日から始まりました!
これは「地下室」の部分です。アメリカは地震がない州や地域の家のほとんどに
地下室があるんです。地下室に暖炉や電気の大元になるもの(ボイラー室みたいな?)
とかが設置されます。うちは地下室は完全に物置き、猫のトイレの置き場所にしま
すが、家によっては内装をして部屋(第二リビングや卓球、ビリヤードをするプレイ
ルームなど)にしているとこもあります。


この家が完成すると、こんな感じの家になります(うちと同じモデルの2軒先の家
の写真を拝借しました)。


house2010 026


アメリカの一般の家は車庫がくっついているので、全体が大きく見えます。
うちの家は、前から見て右半分が車2台分の車庫になります。↑車が置いてある
ところの、ドアが開いてる部分がガレージ。
ガレージの上部分が夫婦の主寝室になります。2階にはあと2つゲストルームが
あります。住居の大きさは坪ではなくスクエアフィートで計算するんですが、
これで約2300Sqftです。坪だと?・・・・換算表で計算したら約65坪に
なりました。アメリカは土地が有り余っているのでみんなデッカイ家を建てます
が、うちのは多分まだ小さい方です。
何でもデカけりゃ、デカいほどいいと思っている人が多い国なのです


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Posted on 14:08 [edit]

category: 家とインテリアの事

tb: --   cm: 0

About Me

はじめての方へ

About the photos

カテゴリ

訪問ありがとう♪

参加ランキング

温度の換算表

リンクについて

最新コメント

訪問者Map

まずはここから

料理に関するリンク集

全記事(数)表示

月別アーカイブ

レシピブログ♪

メールフォーム

ネットでプチ稼ぎ♪

検索フォーム

QRコード