ガンボ  


IMG_7857.jpg
Shrimp & sausage gumbo

クリスマス前にもう1品。
数年前から興味があったこのガンボ。この4年ほどTaste Of the South(南部の味)
というアメリカ南部独特の郷土料理をメインに紹介する雑誌(サイトはこれ)を購読
していて、一度作ってみたいとは思ってたんですが、いちから手作りするのが
何だか面倒な感じで、実行するのを伸ばしのばしにしてました。
最近やっとまた凝った料理をする意欲がわいてきたので、今度こそ、作って
みました!このガンボが登場した過去の記事はこちら。レシピは長くなるので続きへ

バナーを押して応援して頂き有難うございます。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




-- 続きを読む --

Posted on 10:25 [edit]

category: アメリカ南部の郷土料理

tb: --   cm: 5

ビーンズ&コーンブレッドとプチベジ生活  

この2年ほどで健康意識がさらに高まり、こんなものまで一から手づくりしてみよう
と思うようになりました。

yh2y_auto_d.jpg
ランキングの応援宜しくお願いします♪
 

レシピブログに参加中♪


こういった豆類(こんな感じ・レシピ付き)は、スーパーに行けば缶詰で山のように
売ってあるんですが、よくよく材料を見るとやっぱり色んな添加物が入ってる。
英語では特にhydrogenated(水素化した)とかHigh fructoseと名の付くものや、
保存料でphosphoricやNitris、Nitrousといったものが入っていれば買わない
ようにしてるんです。しかし豆を煮るって、すっごく時間がかかったわ
材料(約2~3人分。大まかな量です)
..........................................................................................
豆(small red beans 写真参考方) 約250g
玉ねぎ  1/2個(みじん切り)
ハムまたはベーコン (好みで追加。小さくカット)
チキンストック 約1Cup(豆がかぶる程度)
モラセス(黒蜜)  1tsp
ダークシュガー   2tbsp
ウスターソース  1tsp
塩   1/4tsp~1/2tsp
*コーンブレッドの作り方はこちらへ(レシピは下の方)
..........................................................................................
使用した豆はこんな感じです。
hp0x_auto_d.jpg

作り方
豆はたっぷりの水にひたして1晩~2日おき、約2倍にふくらませます。
玉ねぎとハム(またはベーコン)をサラダ油で炒め、それ以外の材料をスロークッカー
に入れてHighで3時間ほど、その後Lowで5時間ほど煮る。汁けがなくなってきて
写真のようにドロっとした感じになったら頃合いをみてスイッチを切ります。
私のは2日にわけて煮たので合計11時間くらいは煮てるかも。スロークッカーが
なければ長時間使えるお鍋で弱火で時々まぜながらじっくり煮て下さい。

ところで・・・
2r1e_auto_d.jpg

最近、豚と牛の、いわゆる「赤肉」は週2回ほどに減らして、出来るだけ鶏
と魚介類を主にとるように決めました。この日は使用したハム少量以外は動物
なしのプチベジの夕食にしてみたんですけど、肉なしでも結構いけますねぇ。


Posted on 11:47 [edit]

category: アメリカ南部の郷土料理

tb: --   cm: 0

ブラック・ビーンズ&ライス  

今日はすごく、外国~なものをご紹介しますね。
先日行ったNOLA(ノ―ラ)という南部料理のレストランで、うちの夫がレッドビーンズ
アンドライス(イメージはこんな感じ)というものを注文して、それがすごく美味しかった
というので、何か似たものはないか探して作ったのがこれなんです。


b49d_auto_d.jpg


雑誌でこのレシピ(Black beans & Rice)を見て似てると思ったので、それを参考に自分流に
少しアレンジして作ってみました。リンク先に飛んで、もしメンバー登録しないと閲覧できない
場合は、適当なメールアドレスを入れて、大文字1個を含む6つか7つ以上の英字でパスワード
を作れば見る事ができます。そのレシピの写真がこちら↓

l_R157278.jpg
イメージ画像はリンクより
ランキングの応援、宜しくお願いします

レシピブログに参加中♪


ところで今日は正確なレシピはないんです、ごめんなさい
ブログに載せるはずじゃなかったので、大体覚えてる量で列記しますね。
材料(約3人分)
....................................................................................................................................
豚ロース肉(片手にのるくらいの量をダイス切りし、軽く塩コショウして小麦粉をふっておく)
玉ねぎ  1個
セロリ   1本
パプリカ(グリーン)1/4個ほど
にんにく ひとかけ
トマト  1個(ダイス切り)
ブラックビーンズ 1缶(約440g)
ビーフストック  おおよそ1Cup
ビーフコンソメ  1個
チリペッパー、コリアンダー 各ぱっぱと振る程度
.....................................................................................................................................

1f66_auto_d.jpg

作り方
豚肉からにんにくまでの材料をよく炒め、トマト以下の材料を加え弱火でぐつぐつ煮る。
ブラックビーンズは缶から出したらリンスをせずに軽く缶の汁けをとって、加えて下さい。
玉ねぎの形がくずれるくらいまでよく煮たら、最後に少しヘラなどで全体を押さえて豆と肉
をくずして(とろみがつきます)、白ご飯にかけて出来上がり。外国産のぼそぼそしたお米
と合わせて頂くとより外国~な感じになりますね。
ちなみに・・・レッドビーンズ&ライスは南部料理ですが、このブラックビーンズを使った
バージョンはカリブと南部のフージョン料理なんだそう。


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

各国料理 ブログランキングへ

にほんブログ村
こちらもどうぞ宜しく^^

Posted on 19:35 [edit]

category: アメリカ南部の郷土料理

tb: --   cm: 7

NY州で本格ルイジアナ料理を楽しむ  

友達のバンドの演奏を聴きに、NOLAという名のカフェ・レストランへ行ってきました。
この日はレストランが決めたコースメニューしか注文できないレストランウイークでしたが、
コースの中にそれぞれ選べるメニューがあったので(例えば前菜はAかB、メインはCかD
のように)自分の希望通りの料理を楽しむことができました。

ところで、NOLA(ノ―ラ)と聞いてそれが何かすぐに分かる人はかなりの南部通ですよ。
うちの主人は南部通じゃないけどすぐにNew Orleans Louisianaのかしら文字だとピン
ときたと言ってました。最近ルイジアナ料理の本も購読し始めたので楽しみですね~♪

daw2_auto_d.jpg

ちなみにお友達のバンドと店内の様子はこんな感じ。

IMG_1788.jpg
アメリカ~って感じ、伝わるかな?


さてコースは前菜、スープ、メイン、デザートで20ドル14セントなり。2014年に
ひっかけた料金設定でした。私達が入った時はすでにピーク時を過ぎてたので
売り切れたものもあり、前菜はこれしかありませんでした。

w9oc_auto_d.jpg
ルイジアナ州だけでなく、南部特有のコーンフリッター。以前こちらの記事で紹介してます。
これはアメリカ式パン粉をつけて揚げてありました。甘くて美味しかったですよ。


s60y_auto_d.jpg
これは南部やルイジアナ料理として、ぜひとも紹介しておきたい「ガンボ」という料理。
ここはカジュアルなレストランなのでスープの盛り方も雑でふちがちょっと汚くなってますが、
レシピはこの例を参考にしてみて下さい。どう表現していいか分からない、味わい深さが
あります。チキンストックとオイスターを煮詰めるとこんな色になるのかなあ。。


muem_auto_d.jpg
これは夫が注文したチキン料理ですね。とうもろこしと、コーンブレッド(以前のせたレシピは
こちらへ)の間にあるのが、かの有名なダーティ・ライス(直訳すると「汚いご飯」笑)
これは一体何かと言うとウイキのDirty Riceで説明してますが、鶏のレバーを細かくして一緒に
煮込む(炒める)と色が汚くなるのでこのようなネーミングになったとあります。ちょっと食べるのに
勇気がいるような代物ですが、そんなにレバーの味はしないです。南部でも特にルイジアナ州と
ミシシッピ州で食されるそうです。グーグルで検索するとたくさんレシピ出てきますよ。


yhm2_auto_d.jpg
こっちが私が注文した南部風フライドチキン。一般のと違うのは、ケイジャンという南部独特の
スパイスミックスが生地に入ってることかな?しかし油濃い~~~。1個のチキンの半分だけで
ギブアップしたわ
野菜がほとんどないんですけど、こんなのばかり食べて太りませんかって?
それはアメリカ人に聞いて下さい


zojs_auto_d.jpg
最後とどめは、ブレッドプディングですね。
この日はレストランウイークということで、物凄く混んでたんですが、注文したチョコレート
プディングではなく、バニラが来ました。友達は「僕もコーヒーアイス頼んだのにバニラが
きたなあ」と言ってました。ま、黙って食べるんです、違うのが来ても


今日はこれだけでルイジアナ料理辞典になりそうなくらいに内容が濃い地方料理の紹介
になったわー。では帰りにポチポチお願いしまーす

レシピブログに参加中♪

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

各国料理 ブログランキングへ

にほんブログ村


Posted on 22:53 [edit]

category: アメリカ南部の郷土料理

tb: --   cm: 0

代表的なアメリカ南部料理といえばジャンバラヤ  

今では日本でも一般的に作られてると思いますが、ジャンバラヤはウイキに
よるとアメリカのルイジアナ発祥の料理となってますね。このいかにも南部な
料理、レシピは雑誌や本に色々と載ってますが、トマト風味が強かったり、
チキンベースが主なあっさりタイプ、と作り方も様々。余談ですがアメリカの
南部とは、南北戦争で南側だった州のことをさします。

300px-USA_Map_1864_including_Civil_War_Divisions.png

この赤い部分が南部と呼ばれる州(地域)ですね(図はウイキより)ちなみに青いとこが北軍。
アメリカ南部の料理の特徴はとてもこってりしてるとよく言われます。
私が持ってる本や雑誌からいくつか代表的なレシピの写真をひろってみました。

51v9_auto_d.jpg im17_auto_d.jpg
左はトマトペースト入り、右はチキンストックのみ(トマト缶は使用)
さて今回は、色々あるレシピのなかでも、こちらで一番よく目にするトマト風味が
強いタイプの左のレシピを参考に、私流の量で作ったものをご紹介します。

材料(約4人分)
A
チキンソーセージ(スパニッシュタイプ)1本
鳥むね肉 1枚
エビ 中サイズ 6~8個
B
玉ねぎ 中サイズ1/2個
セロリ 2本
赤パプリカ 1/4個
緑パプリカ 1/4個
にんにく 1個
Crushed Tomates(缶)1Cup
C
トマトペースト 大さじ1
チキンブロス(またはストック)2Cup(トマト缶の汁と合わせて)
チキンコンソメ(キューブ)1個
塩コショウ (塩加減は小さじ1/2くらい)
ケイエンペッパー 小さじ1/2
パプリカ 小さじ1
あればCajunペッパー 少々(南部料理用のスパイスミックス。→(こういうの)

D
ロングライス 1Cup (食感は変わりますが日本米も可)

ジャンバラヤはチキンブロス(ストック)を使うか使わないかで味(風味)がかなり
違ってしまうと思うので、ぜひ輸入食品店(アマゾンでも可能なよう)で入手するか、
手作りでご用意ください。またスタンダードなジャンバラヤに必要な材料は以下の通り
です。(右の小さなタッパに入っているのが砕いたトマトの缶詰)
Jambalaya 002

作り方
(1)AとBの材料は1cm角ほどにざくざく切っておく。にんにくはみじん切り。

Jambalaya 003

(2)熱したフライパンに多めの油をひき、まずAの材料をざっと炒める。
(3)上記にトマト缶以外の材料Bを入れ、よく炒まったら水切りしたトマト缶
(ジュースは別個とっておいて、チキンブロスと合わせて2カップにする)を入れ
ざっと炒める。
Jambalaya 004

(4)コンソメ、トマトのジュースと合わせて2カップ分のチキンブロスを入れ
よく混ぜる。
今回私が使ったLong Grains(米)は、

pgdc_auto_d.jpg
アメリカ在住の方はお馴染みと思いますが、このアンクル・ベンのロング米。
ジャンバラヤによく合う、それ用といってもいい食感のお米です。無洗米なので
そのまま鍋に投入します。(これ炒めていいかどうか?な米なのでスープを入れてから
加えました)日本米はスープを入れる前に炒めた方が美味しいかと思います。

29dv_auto_d.jpg

(5)米を具と混ぜ合わせ、沸騰させてから火を弱火にして、ふたをして約20分
炊きます。その後様子を見てまだ水分があるようならさらに弱火にして3分ほど
蒸し焼きして下さい。火を消して10分ほどフタをして蒸らす。

j2k3_man_764_d.jpg

いい具合に炊けました
もっとトマト味を濃くしたい方はトマトペーストを大さじ2に増やして下さい。

t7ck_auto_d.jpg

味がしっかりついてます。スパイスが効いてるので、冷めても美味しいです
ところで上の本のオリジナルレシピは、ネットには載っていないので、ここで転記
すると著作権の問題になるのかなぁと思いますので、掲載しません。あしからず。。
(こちら)で紹介した本に載っています。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます。

Posted on 19:06 [edit]

category: アメリカ南部の郷土料理

tb: --   cm: 0

About Me

はじめての方へ

About the photos

カテゴリ

訪問ありがとう♪

参加ランキング

温度の換算表

リンクについて

最新コメント

訪問者Map

まずはここから

料理に関するリンク集

全記事(数)表示

月別アーカイブ

レシピブログ♪

メールフォーム

ネットでプチ稼ぎ♪

検索フォーム

QRコード