手作りのイタリアンソーセージ・パテ  


IMG_8173.jpg
Italian sausage pate

イタリアンソーセージはアメリカのどこのスーパーにも売ってあります(こんな感じ)が、
ウイキペディアによるとアメリカのイタリアンソーセージ(主にポーク使用)は本場
イタリアの様々なソーセージとは違うそうです。
さてこのイタリアンソーセージ、アメリカではそのまま焼いたりボイルするほかに、
パスタやスープ、ピザなど色んな料理に使われてます。最近は腸詰めされてない、
中身(パテ)だけも売ってあって、今までは市販のを買ってました。でも市販のは、
脂身がすっごく多いうえに、怪しい添加物が色々入ってるんですよ。
先日、オールナチュラルなというラベルのパテがあったので、原材料をじぃーっと
見ると、案外自分で作れる材料だったので、レシピは自分で考案して作ってみました。
これを友人夫妻が来た時に出してみたんですけど、結構、主人にも友人にも本物
みたいな味がすると評判よかったので、ここでシェアしますね。
日本でも作ることは出来ます♪


IMG_8175.jpg

材料(小さ目のミートボール14個分)
.........................................................................................
豚ひき肉   約250g(1LBパックの半分)
塩とブラックペッパー   各1/2tsp
セージとオレガノ  各1/2tsp
*フェンネルとアニスがあれば本格的です
砂糖またはメープルシロップ   1tbsp
にんにく   1かけ(みじん切)
ロースト・レッドペッパー(缶の) 1/4枚
ホットソース    ぱぱぱっ位
パン粉      約1/4カップ
.........................................................................................

●セージとオレガノは指でこすり合わせて粉々にする
●レッドペッパー(赤パプリカ)の缶がなければ炒めたのでOK
●ホットソース(私のはFrank's Red Hot)がなければタバスコも可
作り方
ボールに材料を入れて混ぜ、14等分(または好みの大きさ)にしてフライパン
で中まで火が通るまで焼く。ミートボールにしない場合は、ほかの用途で
使えます。

さて
このミートボールは友人夫妻との夕食でそのまま出したわけではなく、あるもの
に変化させて使いました。それは今週末のイースターの集まりにも持って行き
ます。そのあるものは、こちらに載せますね。


バナーを押して応援して頂き有難うございます。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




Posted on 10:18 [edit]

category: ビーフ・ポーク

tb: --   cm: 0

甘辛プルド・ポーク  


hw2e_auto_d.jpg
Sriracha Pulled Pork

今日はアメリカでハンバーガー用のバンズの具としてポピュラーなプルド・ポーク
をご紹介しますね。Pulled Porkとは読んで字のごとく、(フォークで)裂いた(塊の)
豚肉のことです。イメージはこちらへ
豚のかたまり肉がないとフォークで裂いてこんな形にできないのですが、私のは
骨なしリブ肉(一切れが3cm×12cmくらい)で作りました。参考にしたレシピは
こちら。少し量を変えて作りましたが、これは適度に甘辛くて私の舌にヒット

材料(3人分くらい)
......................................................................................................
豚かたまり肉(少し脂身があるもの)  約500g(1lb)
にんにく   ひとかけ
(A)
ケチャップ    2tbspくらい
米酢      1tbspくらい
Sriracha(こちらを参照方)なければ他のホットソースで代用 約1tbsp
砂糖    1tbsp
塩     1/4tsp
しょうゆ    少し(1tspくらい)
チリパウダー     1/2tspくらい
コリアンダー      1/4tspくらい
.......................................................................................................

作り方
豚肉はフライパンでにんにくと共に少し焦げ目がつくくらい焼き、
スロークッカーに移す。(A)の材料を、同じフライパンに入れて
全体が混ざり砂糖が溶けるまで煮て、クッカーに入れ肉にからめ
Highで4時間~肉がほろほろになるまで煮込む。
クッカーがない場合はフライパンにふたをして、弱火で同様に煮て
下さい。できたらフォークで好みの大きさに裂く。クッカーに残った
ソースは、またフライパンに戻して強火でとろみがつくまで煮込んで、
これを肉にかけて食べるとより美味しいです。

このプルドポークをサンドイッチの具にせずにそのまま食べる場合
の付け合わせは、コーンブレッドとベイクドビーンズ(こちら)なんかの
組み合わせが好まれますね。

utig_auto_d.jpg
Corn Fritters

今回はこのコーンフリッターと一緒にしました。
レシピは以前載せたこちらの半分の量で、水分を1/3カップに減らして
作ってます。形がくずれやすいので、1/4カップでも大丈夫だと思います。


バナーを押して応援して頂き有難うございます。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




Posted on 05:37 [edit]

category: ビーフ・ポーク

tb: --   cm: 0

ほろほろ柔いバックリブ・アメリカ式  


53ue_auto_d.jpg
Baby back ribs and grilled cheese sandwiches


今日はいい写真が撮れなかったので小さ目画像です
やはり実家の母と主人と3人の夕食では、ブログの写真のためのセッティング
をする時間が作れないですね。普段は10枚以上、撮るんですけど
さて今日の主役はこの端っこのバックリブ(お腹のスペアリブに対し背のリブ)です。
アメリカでは夏といえば「グリル」が大活躍(こんな感じ)。多くの家庭の庭(とか
ベランダ)にこの機械があって肉とか野菜とか調理するんですけど、このバックや
スペアのリブはどの料理雑誌にもレシピが載るほどポピュラーですね。
通常はグリルでじっくり時間をかけて焼くんですが、あいにく我が家は夫が
グリルに興味がないので機械がありません。でもグリルがなくても、ほろほろ
に肉が骨からとけそうなくらい柔らかく調理することができるんです。


tg1a_auto_d.jpg

(1)スロークッカーで調理
バックリブに軽く塩コショウしてフライパンで表面を焼いてから、その油と
一緒にスロークッカーのHighで2時間ほど、Lowにしてさらに1~2時間
調理します(蓋をして、そのまま放置。たまに硬さを確認する。)
柔らかくなったら取り出して、両面にBBQソースを塗って、華氏450F°
のオーブンで10分ほど焼きます。


r1pv_auto_d.jpg

この方法で作ったのが、今回の写真。オーブンで焼き仕上げる時に、
スロークッカーにたまった脂を少し塗ってあげると、しっとりさが保てる
みたいです。すごくしっとり柔らかくて、家族にも好評でした。

(2)フライパンで調理
グリルもスロークッカーもない場合は、ステンレスのフライパンでじっくり
調理できます。最初に強火で表面に少し焦げ目をつけてから弱火にして
3~3時間半ほど火を通してください。はしを刺してみて柔らかくなって
いたら、上記と同様にソースを抜ってオーブンで仕上げます。

BBQソースはケチャップ、黒砂糖、マスタード、リンゴ酢、しょうゆ、ウスター
ソース、あれば市販のBBQソースを混ぜあわせて作っていますが、
このページにも具体的なレシピを載せてるので参考にして下さい。


バナーを押して頂き有難うございます。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




Posted on 20:12 [edit]

category: ビーフ・ポーク

tb: --   cm: 4

ミートパイ  


46yh_auto_d.jpg

もうすぐクリスマスですね!アメリカでは年間で最大の行事とあって、皆が
浮足立って大忙しになるこの時期。私もこれからプレゼント(これがまた凄い)
を包んだり、パーティに持って行く料理の準備で大忙しです。
さてこちらでもポピュラーなミートパイ(このタイプはハンドパイと呼んだり
もします)、小さめに沢山作ればパーティにも持っていけそうですね。

約13cm×6cmの大きさのパイ、8個分のパイ生地の作り方はこちらへ

1lnp_auto_d.jpg

中身の具は、牛豚あらびき肉(100gくらい)、玉ねぎ1個、緑パプリカ1/2個
マッシュルーム3個、セロリ1本、にんにく1個。
ポロポロになるまでよく炒め、塩コショウ、ウスターソース、しょうゆ少々、砂糖で
味付けし、小麦粉2tbspほど加え、チキンブロス2~3tbspを入れ具がまとまり
やすくしています。これを完全に冷ましてから、パイ生地を作ります。

丸く伸ばしたパイ生地の下半分、「のりしろ」を残して具をおき、閉じたパイ
の「のりしろ」部分をフォークの背でおさえしっかりと閉じます。

press-meat-pie.jpg
写真はイメージ画像より

好みで表面にEgg Wash(卵の黄身に少し水を入れ溶いたもの)を刷毛で
塗って400F°(200C°)のオーブンで20分焼きます。私のは、さらに
焦げ目をつけるため、食べる直前にトースターに入れ、450F°(230C°)
で3~4分トーストしています。好みでケチャップやマスタードをつけてどうぞ。


ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ





Posted on 12:02 [edit]

category: ビーフ・ポーク

tb: --   cm: 0

ミートローフ  


そういえば、今までなんでこれを載せなかったんだろう?と思うほど、アメリカの定番
メニューですね。料理雑誌では1年に一回は載ってると思います。日本のハンバーグ
のタネを型に詰めてローストしただけですが、アメリカ流というのがあるんです。

meat loaf 002

これいつも目分量で作ってるので、今回は私、どんな風に自分が作ってるのか
きちんと計量器使いました。自分でなるほど~と思ってしまった(笑)

材料(7.5cm×21cm×深さ6cmの型、約二人分)
 牛豚あいびき肉   約400g
 玉ねぎ(みじん切り) 1個
 にんにく    ひとかけ
 パン粉    1/2Cup
 塩    1/2tspと1/4tsp、 黒コショウ 少々
 マスタード(これはオプション) 1/2tsp
 片栗粉かコーンスターチ   1tbsp
 上にのせるソースとして、ケチャップを適量  


作り方
(1)玉ねぎとにんにくを透きとおりしんなりするまでよく炒め、荒熱をとり、ボウルに
ケチャップ以外の材料を入れ、よくこねる。私は素手がいやなので、スプーンの背を
使って練り上げています。
(2)型にバターを塗るか、クッキングシートを敷いて(今回は取りやすいようにこっち
にしました)タネをみっちりと入れます。

meat loaf 001

(3)350F°(180C°)に温めておいたオーブンでまず30分焼き、一旦取り出して
ケチャップをのせ(←ここが、アメリカ流。安っぽいようですが、本当にこれが定番
なんです 笑)、さらに15ほど分焼く。これよりも大きな型で多めに作る場合焼き時間
を25分ほどに延長する。一旦取り出してどこかをカットしてみて中が完全にできてる
か確認してください。まだピンク色してたらもう少しローストします。

meat loaf 003

ただケチャップだけでは面白くないので、今回は例のBBQソースを少し混ぜて
みました。味に深みが出て美味しかったです。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村応援ありがとう♪

Posted on 09:58 [edit]

category: ビーフ・ポーク

tb: --   cm: 0

ポット・ロースト  


これもアメリカではポピュラーなメニューですが、うちは夫婦とも大きな
肉の塊を普段食べないし、私自身、牛肉があまり好きではないので、
なかなか作る機会がありませんでした。
ポットローストって色んなパタンがあるんですが、基本的なのはこんな感じ。

pot-roast-new.jpg R058512_jpg_rendition_largest.jpg
レシピ(左側)はこちらへ                     写真右はBHGより(こちら)

要は、調理がオーブンでもガスでも、肉(基本はビーフ)の大きな塊りを
コトコトじっくり時間をかけて煮たもの、のことですね。
今週、お友達と義母を呼んでうちで夕食をする機会があったので、その時
にやっと作ってみました。
レシピを色々見ると、見た分だけ味付け方法が色々あるんですねえ。
トマトペースト、赤白ワイン、他のアルコールや、ストックもビーフだったり
ベジタブルだったり、色々。私としては、調味料を足すほど、ツイスト(ひねり)
が効きすぎて、本来の基本的なポットローストからは程遠くなりそうな気が
したし、トマトと赤ワインの組み合わせだとただのビーフシチューになる気が
したんですよね。そこで主人の好みも聞いたうえで、一番オーソドックスだろう
と思われるビーフストックのみで作る方法にしました。

このポットローストは何種類かの部位からお肉を選んで作るんですが、肩肉
の塊(お店では、親切にポットロースト用チャックとラベルが貼ってあるとこも)
が一般的のようですね。見て下さい、私が買ったこの肉。

2yig_auto_d.jpg

人数が5~6人だと、ビーフは4~5ポンド(1ポンド約450g)必要。
うちは義母も肉食派ではないので、3.6ポンドのチャックにしました。
私の平均的な女性のサイズの手と比べると、大きさが分るでしょうか。
肉は赤身ばかりよりも、写真のように少し脂のすじが入ってる方が美味しい
と思います。これに塩コショウ、パウダーガーリックをすり込み、糸が
あれば巻いて、まずフライパンで焦げ目をつけます。(この間のプロセス
を詳しく知りたい方は一番上の写真左側のリンク先で写真で見る事ができます)

2ycs_auto_d.jpg

26cmのフライパンに一杯いっぱい・・・・
ひっくり返した時に、糸がはずれちまったわぃ

それでは私流の作り方を。
材料(4~5人分)
A
ビーフチャックロースト用 3.6LB(約1.6キロ)
塩コショウ、ガーリック
B
玉ねぎ(ここではベイビー玉ねぎシチュー用8~10個)大1個
人参  ラン切りまたは短冊切りで2~3本分
*オプションでセロリ(これは好みで)1本(私のは入ってません)
*じゃがいも 乱切り2個(これはマッシュポテトを添える場合は省略)
C
ビーフストック 1缶(約410ml)
白ドライワイン 大さじ2~3杯
ウスターソース(イギリスのLea&Perrinsをお勧め)小さじ2杯ほど
D
グレービー用にコーンスターチ大さじ1.5杯

作り方
(1)Aの部分は、上記の手順で済ませておく。
(2)Bを軽くフライパンで炒める。
(3)調理は
直火の場合 肉と具が全部入る鍋かフライパンで弱火で約4時間
スロークッカーの場合 Highの設定で約5時間
オーブンの場合 325Fで約3~3時間半(途中、肉の返しが必要)
           (オーブンは鍋にアルミホイルをカバー)
いずれも、鍋に肉と野菜を入れ、(C)ビーフストック、白ワイン、ソースを
入れてフタをし、上記の時間煮込みます。
野菜は、入れっぱなしにすると最後煮え過ぎてぐちゃぐちゃになるので、
1時間たったあたりで様子を見て取り出し、食すまでフタをして保温。
肉が約3/4くらいに縮んで、はしを刺してくずれるくらいになったら
出来上がり。
(4)鍋から肉を取り出し、別鍋に煮汁をこして入れ、大さじ3杯位
の水にコーンスターチを溶かし、回し入れて沸騰させ、2分ほど煮込んで
グレービーを作る。脂肪を控えたい方はこす時点で脂をのぞいて下さい。
味をみて、薄ければここで塩を足します。

ところで、お客様がいるとどうしても料理の写真が撮れませんね~。
出来上がりの写真は、なしです
こんな感じになったと、想像して下さい。

exps3868_cxs91p49ctran.jpg レシピはこちら

お肉とグレービーが余ったので、翌日に再度玉ねぎ、人参、じゃがいもを
ビーフストックで煮て、カリフラワーマッシュとグリーンピースを添えて
頂きましたが、2日目のほうが味がよく染みて美味しいですね(笑)

s69x_auto_d.jpg
最近は夕方から真っ暗になるので、食卓のランプが暗過ぎていい写真が
撮れません。全部アイランドの上で撮影です。

tlq9_auto_d.jpg z833_auto_d.jpg

こういう夕食の時に、ああ外国の料理だなあ~と実感します。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
いつも応援有難うございます。

Posted on 17:25 [edit]

category: ビーフ・ポーク

tb: --   cm: 0

パフペイストリーのソーセージロール焼き  

今日は市販の冷凍パイシート(ここでは英語名の通りにパフ・ペイストリーと
表記します)にソーセージの中身をくるんで焼いただけの簡単なメニューを
ご紹介します。私、大の料理雑誌フリークで、イギリスからも雑誌を定期購読
してるんですが、これはそのイギリスの料理雑誌にひんぱんに出てくる料理
なんです。

x50y_auto_d.jpg
ちょうど焼き終わってオーブンから出したところです。

5alr_auto_d.jpg
うまい具合にこんがり焼けたかな。

中もしっかり火が通りました。 5b3z_auto_d.jpg

作り方は私流です。
材料(写真のロール1本分。約2人分の量)

生ソーセージ(イタリアンが望ましい)1本(約100gくらい)
玉ねぎ 中サイズ 1個
マッシュルーム  大2個
にんにく 1個
パン粉  約1/4Cup
卵の白身 1個

パフペイストリー 2/3枚(1枚の2/3の大きさ)
卵の黄身 1個

作り方
(1)みじん切りにした玉ねぎ、マッシュルーム、にんにくを亜麻色になるまで
よく炒め、ボウルにソーセージの中身(皮からはずす)、パン粉、卵の白身と
よく混ぜる。塩コショウをほんの少し足す(イタリアンソーセージは味が濃い目
につけられてますので加える塩は控えめに)。
(2)ペイストリーに上記の具を均等に置いて、くるんと丸めてラップ等でつつんで
冷凍庫にしばらく寝かせる。かちかちに凍る前に取り出し、卵の黄身を表面に塗って
均等にスライスしたら、425F(約220C)に熱しておいたオーブンの中段で15分
焼く。表面が焦げやすいので、途中様子を見た方がいいでしょう。ソーセージの
中がしっかり焼けてることを確認して下さい。

uelm_auto_d.jpg
ニース風サラダと一緒に頂きました。

生ソーセージは日本では普通のスーパーにあまり売ってないですよね。中身はハンバーグ
の容量で手作りしてもいいと思いますが、その場合は練りすぎないことをお勧めします。
イタリアンソーセージは肉の粒が粗いので、ひき肉よりも豚肉かたまりを粗めに包丁か
ミキサーで挽くという手もあると思います。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
応援有難うございます♪

Posted on 20:26 [edit]

category: ビーフ・ポーク

tb: --   cm: 0

アメリカンなPulled-pork サンドイッチ  

アメリカンな食卓がテーマなのに滅多にアメリカンな
料理を載せないMischaです。最近よこ道それてます
さて今日はダイナーとかでたまに見るアメリカ~ン
なサンドイッチをご紹介します。といっても・・・・


豚の角煮のように、はしやフォークで身が簡単に裂ける
ほど柔らかく似たポークにバーベキューソースをからめた
肉がサンドイッチの具になるだけなのですが。
イメージとしては、こんな感じ。↓


l_23728.jpg

これ、丸いハンバーグバンズで食べるのが主流のよう
ですが、我が家では長細いバンズ(パン)で頂きました。


etjv_auto_d.jpg


近づいてみると・・・


xdgu_auto_d.jpg

こんな感じ。これは脂身の多い肩肉とかリブを、スロー
クッカーでコトコト4~5時間(スイッチはHigh)煮ただけ
です。味付けは塩こしょう、パプリカ、タイムのみ。ポット
の内側に油を塗り、味付けした肉を並べ煮込むだけ。
水は使用しなくても肉汁がたくさん出ます。


スロークッカーがない場合は、豚の角煮を作る要領で
肉が浸るくらいの水が必要でしょうね。


7lh3_auto_d.jpg

私は夜はあまり炭水化物を取りたくないので、トルティーラ
に巻いて食べました。この市販のバーベキューソース、安い
けど美味しい。最初からソースと一緒に煮込むレシピも
あります。ビーフでも作れます。サンドイッチの具のアイデア
に詰まった時はどうぞ。


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
応援ありがとう♪

Posted on 17:46 [edit]

category: ビーフ・ポーク

tb: --   cm: 2

About Me

はじめての方へ

About the photos

カテゴリ

訪問ありがとう♪

参加ランキング

温度の換算表

リンクについて

最新コメント

訪問者Map

まずはここから

料理に関するリンク集

全記事(数)表示

月別アーカイブ

レシピブログ♪

メールフォーム

ネットでプチ稼ぎ♪

検索フォーム

QRコード