家を建てる(3)~うちの間取り  

間取りを説明しますね。


1階部分です。

Mohican1layout.jpg


左下部分の「Foyer」という所が、いわゆる玄関になるんですが、アメリカの家には
日本のような感じの玄関はありません。あるのは、「家に入るドア」だけ、という
感じの家がほとんどです。靴はそのドアの所に脱いで置くか、または土足のまま家
に入ります。わが家には、表のドア、車庫から入るドア、車庫から入って家に入る
ドア(トイレの横)の3つのドアがあります。うちは土足厳禁にしてるので、トイレ
の横スペースに靴箱を置く予定です。

そしてFoyer左横の、階段の図の、ドアがある方が地下室への入り口で、ない方が
2階へ上る階段になります。

わが家ではDining Room(ダイニング)を二人の書斎にすることにしたので、Nook
にダイニングテーブルを置く事にしました。左側のGreat Roomというのが、日本の
家のリビングルームにあたります。その部屋の左端の小さい囲みは「暖炉」です。
アメリカでは、たとえ暖かい州でも関係なく、ほとんどの家に暖炉が有るようです。

ところでキッチンがまん中にある間取りはアメリカでもそうそうないし、私は最初は
すごくヘンな家だなと思ってたんですが、今ではキッチンがまん中にあって良かった
と思います。うちは主人が一切料理をしないので、二人でキッチンに入る事はまず
ありません。キッチンが端とか、区切られたスペースにあると、いつも自分だけ
台所で仕事していて、彼と一緒にTVを見たりしながら料理や後片付けが出来ない
のが不便でした。主婦が仕事中でも孤立感を感じない間取りはすごくいいと思い
ます。

こっちが2階です。

Mohicanlayout2.jpg


左側の「Open Below」となってる部分は、天井まで吹き抜けになります。
これまたヘンなのですが、階段を上がった向かい側の「laundry」というところに
洗濯機と乾燥機を置きます。アメリカでは「家事(料理)をしながら洗濯する」と
いう発想がないのか、2階にランドリーがある家は少なくないです。
ちなみに、アメリカの多くの地域では外観法に基づき、洗濯ものを外に干しては
いけない地域がたくさんあります。なので乾燥機は常に洗濯機とセットであるんです
けど、我が家では日本から持ってきた洗濯干しに吊るして地下室で乾かします。
洗濯するたび乾燥機をガンガン使うなんて、考えられません


またアメリカの家の特徴は(ここ30年くらいの最近の建築について)、主寝室に
個別にバスルームがついていることです。うちの場合、Master Bedroomから直接
入れるバスルームが主寝室左側にあります。(バスタブはなし)
ちなみに主寝室にあるSitting areaというのは、自由に使えるスペースなんですが、
そこにソファとかTVを置くには狭すぎるので、わが家の中のデッドスペースになり
そうです。


多くのアメリカ人は、このように主寝室に専用のバスルーム(マスターバスと呼ぶ)
がついている家、また夫婦だけの小さな家族でもゲストルームや予備のバスルーム
がいくつもある家を欲しがります。その理由は、アメリカでは遠くに離散した家族
や友人が泊りがけで集まる機会・・クリスマスや誕生日会など・・が多いからです。
その時にプライバシーを好むアメリカ人にとって、お客さん用の部屋とかバスルーム
自分たちだけが使えるバスルームがあると都合がいいんです。子供がいて、子供達
にそれぞれ部屋を与える場合も理由は同じです。
もし子供が2人いる家庭なら、子供用の部屋が2つに、ゲストルームが1つか2つ
バスルームは3つ以上、といった家が一般的かと思います。(その家の懐具合による)


国土が狭く人工密度が高いので、小さな敷地を分け合ってぎゅうぎゅうに暮らして
いる日本人の生活が想像できるアメリカ人はそういないでしょう。
アメリカは住宅事情に関してはとてもラッキーな国だとつくづく思います。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Posted on 14:18 [edit]

category: 家とインテリアの事

tb: --   cm: 0

家を建てる(2)~外壁と屋根  

最初に家の話をしてからあっという間に半年が過ぎてしまいました。実はもう、
ほとんど新居が出来ています。今月の終わりには引っ越し出来そうなので、
少しづつ経過をご紹介します。



Nov-23-2010 021
(地下室の部分)

地下室の部分が出来上がったあと、その枠の上にまず家の外壁が建てられ
ました。

2010-11-24_14-14-24_32.jpg

次の週に見に行くと、かなりの枠が出来上がっていました。


Dec-5-2010 011

Dec-5-2010 014

この外壁が出来るころは家を毎週見に行くのがとても楽しかったです。行くたび
に新しい部分が出来ていて、とてもエキサイトしました。

Dec-11-2010 023

ほとんど外壁と屋根部分が出来た頃。これは家の正面で、右部分が2台分の車庫。

Dec-11-2010 027

こっちが家の裏になります。
約2~3週間で、あっという間にこの枠が出来たでしょうか。正直アメリカの
家の建て方を見ていると、あまりに簡単(で、雑。。。)な感じで、ちょっと
怖いです。この辺は、また別の項で詳しく説明します。

Dec-28-2010 029

屋根の貼り付けと、サイディングと呼ばれる外壁のベニヤ板のようなものが
大部分に張り付けられました。このサイディング、外から見ると木の板のよう
に見えるんですが、触ってみるとプラスティックのような材料なんです。
アメリカの家には、「瓦」はありません。この屋根には、1枚1枚、やわらかい
材質のものを接着剤で貼りつけて釘で打ち付けているそうです。

P1020617.jpg

外枠がほぼ完成した家の裏部分。まん中、飛び出ている部分は、Nookといって
ちょっとした食卓を置いて朝食や昼食をとるスペースになります。
次の日記で間取りを説明します。


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Posted on 14:14 [edit]

category: 家とインテリアの事

tb: --   cm: 0

About Me

はじめての方へ

About the photos

カテゴリ

訪問ありがとう♪

参加ランキング

温度の換算表

リンクについて

最新コメント

訪問者Map

まずはここから

料理に関するリンク集

全記事(数)表示

月別アーカイブ

レシピブログ♪

メールフォーム

ネットでプチ稼ぎ♪

検索フォーム

QRコード