わが家の新しいキッチン ビフォアー編  

おっとっと、前回の更新から2カ月も過ぎてました
実は昨日、やっとこさ新居の「売買契約完了日」(英語ではクロージングと
言います)を迎え、家のカギを売り主から受け取ることが出来たんです。
施工開始日から約7ヶ月目でした。

アメリカの文化をちらっとご紹介しますと、日本でも有名なようにアメリカは
完全な弁護士社会です。社会の色んな契約やもめごと、問題が生じる可能性
があることには、その専門分野の弁護士が関わります。
昨日のわが家の「クロージング」には、なんと3人(*)の弁護士が出席して、
なごやかな雰囲気の中で取り行われました。

*買主の弁護士、買主がローンを組む銀行の弁護士、売り主の弁護士。


さて、家を買い替える時に(ぜいたくなようですが、家の買い替えはアメリカで
は非常に盛んです)私が一番こだわりたかったのは、やはりキッチンでした。
新居のキッチンは1階の「まん中」にあるので、窓がありません。
まだ8分ほどしか出来てないキッチンの写真を公開します


4-21-2011 026
正面

4-21-2011 032
向かって左側 空間の所にレンジ、調理台、オーブン、冷蔵庫がくる

4-21-2011 040
向かって右側、シンクからリビングが見える(写ってるのは友達一家)

ちょうど「コ」の字型のキッチンです。
この写真の状態が完成すると、まん中に「アイランド」と呼ばれる孤立した
調理台が備え付けられ、その上にペンダントライトという天井から下にぶら
下がるようなライトが2本つきます。バーにはよくあるようなこのライト、最近
は日本の洋風建築でも人気があるみたいですね。


キャビネットの上にのせるカウンタートップは、アメリカでは大理石()が人気が
あるのですが、特注するとやはり軽く50万は超えるので(面積にもよる)、うちは
手が出せませんでした。ま、大理石なんかにすると手入れが大変なので、しばらく
はラミネートのトップで十分ちゅう~ことで満足です(笑)


さてブログ書いてる場合ではない、4日土曜日には引っ越ししますので、また
しばらくご無沙汰するかもしれませんが、家が完全に出来上がったら「アフター」
編をUpしようと思います。それまで撮りだめした写真でレシピをボチボチ続け
ます。(6月下旬から7月一杯日本へ帰ります)


次回まで、ごきげんよう。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Posted on 10:29 [edit]

category: 家とインテリアの事

tb: --   cm: 0

About Me

はじめての方へ

About the photos

カテゴリ

訪問ありがとう♪

参加ランキング

温度の換算表

リンクについて

最新コメント

訪問者Map

まずはここから

料理に関するリンク集

全記事(数)表示

月別アーカイブ

レシピブログ♪

メールフォーム

ネットでプチ稼ぎ♪

検索フォーム

QRコード