こりゃすごいカメラの違い!  

ところで、その後実は忙しくてまだ十分に新しいカメラのマニュアルを
把握してないんですが(何の話かはこちらの続きで)、とりあえず自動で
撮る写真が私の古い小型デジカメとどう違うのか比べてみようと思い、
マニュアルを読むのを待ち切れずにいくつか撮ってみました。

いつもの、ちょっと薄暗いアイランドのランプの下で、ホワイトバランス
とか何の機能も使わずに撮ってみたのをまず載せてみます。


scone and 005 (1024x768)
クリックすると拡大します(かなり大きいです)

パソコン上だと分りにくいかもしれませんが、こりゃ~スゴイな鮮明さ
でビックリしました。
ちなみに今日作ったビスケット(スコーン)の盛り上がり具合と「腹の割れ
具合(笑)」があまりに凄かったので、迷わずこれを被写体第一号に任命


scone and 006 (800x600)

このキャノンG15ってカメラの特徴の中に、マクロ撮影が1cmまで可能
というのがあるんですが、30cmくらいでもしっかり焦点が合ったところと
ぼかすところが、わざわざマクロを使わなくても出来てるとこがスゴイ~
なぜこのカメラを選んだかと言うと、より効果的な料理ブログ用の写真の為に

薄暗い明りの下でもよい写真が撮れること
depth of field が出来ること(被写体の一部分にフォーカスして、その
周りや背景をぼかすことを英語でこういうそうです。)
この2つの特徴にくわえ、主人の車のレース写真も撮ってあげたかった
ので、速く動く被写体をとらえることができること

この3つの条件を満たすカメラが欲しいとお店の人に言ったところ、これが
一番そのニーズを満たしていると勧めてくれたからなんです。(コンパクト
デジカメの中では、という意味。一眼レフなどプロ仕様とはまた別で)

scone and 009 (800x600)

これは、ほぼ被写体に近づいて(多分10cmくらいの至近距離?)撮って
みた写真。薄暗い明りの下でこれだけ色が鮮明に再現できるとは~。
私の希望通りの仕事をしてくれそうだ。
ちなみに、下の写真は私の古いデジカメで同じ環境条件(つまり夜の調理台
の上で)で撮って、それをさらにフォトアプリで色の修正をかけたものです。

4ygn_auto_d_20121128122207.jpg

違いが出てるでしょうか?修正をかけてやっとこの出来栄えでした。
とはいえ、ピクセルが全然違うので、同じ大きさで撮らないと比べられない
というのはあるんですけど、撮った写真をスクリーンで見てすぐにワォ~
と思うほど違うと思いました。

これから料理の写真を撮るのが楽しみになりそうです。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Posted on 22:31 [edit]

category: 調理器具・キッチン・他

tb: --   cm: 0

今年のクリスマス・プレゼントは・・・  

まだ12月にもなっていないというのに、もうすでに夫にクリスマス
プレゼントを買ってもらい、しかももう箱を開けてしまいました
なぜ待てなかったかと言うと。。。

-- 続きを読む --

Posted on 15:52 [edit]

category: 日常生活のいろいろ

tb: --   cm: 0

アペタイザー2種:ミニドッグとベイビーキッシュ  

サンクスギビング(こちら)のディナーに持って行ったアペタイザー(前菜)の
続きです。

5nw2_man_864_d.jpg
長くなるので続きは↓へ

-- 続きを読む --

Posted on 23:37 [edit]

category: 前菜/おつまみ/スナック

tb: --   cm: 0

サンクスギビング・ディナー2012  

アメリカは11月の第4木曜が感謝祭ですが、この日は主人の幼馴染
一家でディナーをするのが恒例となりつつあります。
今日もその友人宅に義母と共に呼ばれ、さきほど帰って来た所なので
早速、今年のサンクスギビング・ディナーの様子を報告しますね。
ちなみに2009年の感謝祭はこちらへ
のっけから感謝祭ディナーの定番、ターキーの丸焼きの登場です。

w35x_auto_d.jpg

最近、どうもこのような丸焼きを見ると私が餌付けしている(と、自分で
勝手に思っている)ガオ君のことがどうしても頭に浮かんでしまいます


cook1 017
こちらが、ガオ君。。
なついてるわけでもないけど、やっぱり餌あげてると
愛情がつい湧きますね~。
ベジタリアンのお宅ではもちろんターキーなしのディナー
なんでしょうが、日本でいえば餅が入ってないお雑煮
くらい主役なしのディナーになりますな。
こうして野生動物に触れる機会が増えると、日本に
いた頃には考えもしなかった事を考えるようになり
ました。



さて、今回ゲスト(といっても全員友人の身内ですが)が多かったので、
急いで写真を撮らなければならず、今回は保温のアルミホイルがかぶった
ままのこんな残念な写真しか取れませんでした

h20g_auto_d.jpg
テーブルのあちこちにあるリンゴは、

6i04_auto_d_20121123114314.jpg 7680_auto_d.jpg
子供たちがリンゴにマシュマロや飴を刺して作ってくれたゲストの
ネームプレートですね。左が私で右が主人の分です。

通常、感謝祭はディナーといっても必ずしも夕食という意味ではなく、
たいていのお宅では2~4時頃の早い時間に食べ始めるので、ほぼ一食
のみで過ごす人も多いかと思います。そのため、アペタイザーなども
用意されるんですが、主人と私もこの日はこのディナーのみだったので、
お腹がすっごくすいてしまって

i3mh_auto_d.jpg

こんなにたくさんお皿に盛ってしまいました
左から、芽キャベツ、コーンキャセロール、マッシュド・スイートポテト、
スタッフィング(ターキーのお腹に詰めて作ったもの)、赤いのが
クランベリーソース、手前がターキーにグレービー。
このほかにブロッコリーや普通のマッシュド・ポテト、エッグロール(パン)
など、定番中の定番のごちそうでした。

こういうおご馳走を、ゆっくり1時間以上かけて、会話を楽しみながら
頂くんですね。4時からディナーを開始し、7時頃にやっとデザートが
出ました。その間、みんな何をしているかって?
とにかく、おしゃべり、おしゃべり、おしゃべりです。
ほんと、アメリカ人は話すのが大好きだわ。。。。
デザートは、パンプキン、ピーカン、チェリー、アップルと4種のパイ
が用意されてました。

r4pj_auto_d.jpg
これは義母が作って来たパイ。ピーカンナッツが物差しで計ったように
並んでいるわ。。。

f871_auto_d.jpg
私が頂いたのはパンプキンパイと
チェリーパイです。普段こんなにデザート
は入らないんですが、気を遣って義母が
作った のと友人が作ったのを両方もらい
ました。こういう時、どうも日本人だ
な~と思ってしまいます(汗)


ところで招待されると手ぶらでは行かないのですが、今回も私が担当
したのは前菜です。今日はミニドッグとベイビーキッシュを作りました。

5nw2_man_864_d.jpg

長くなるので、このレシピはまた次回(こちらへ)に載せます。
とにかく今日は疲れた・・

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
いつも応援有難うございます。

Posted on 21:39 [edit]

category: ホリディ・メニュー

tb: --   cm: 0

ローストビーフ・パニーニ  

急いで撮った写真なので、何だかよく分りませんが。


ttr5_auto_d.jpg

一応、ローストビーフのパニーニなんです
一旦テーブルに夕食を置いてしまうと、主人が早く~早く~とせかす
もんですから、じっくりと写真が撮れません
料理ブログは味よりレシピより写真が命なのに。(?)

さて、パニーニプレス(こちら)は持ってるんですが、これプレスの両面の
取り外しが出来ないので使った後とても洗いにくいんですよね。結局
使わなくなってしまって、今はもっぱらフライパンでサンドイッチをグリル
してます(苦笑)

私流のローストビーフサンドは、コツがあるんです。
ローストビーフは、ほぼレア状態のスライスをスーパーのデリから買いますが、
(日本在住の方は、こういうのがお店で入手しにくいと思うので、ロースト
ビーフ自体、手作りになりますね。不便なレシピですみません
パンの両面をグリルしている間に、せっかくのレアビーフが煮えてしまうのが
いやなので、パンだけ別個にグリルして、最後に具をはさんでるんです。

それじゃパニーニとは言わねえって・・・? 
ははっ


l14k_auto_d.jpg

ま、そう言わずに生ローストビーフのままが美味しいので試してみて下さい。

材料 量はすべて人数分の適量で。
パン部分
ライ麦パンスライス(私のは、Pumpernickelのスワール。こんな感じ↓)
4-R436.jpg
パンのレシピあります→ こちらへ
バター(またはスプレッドタイプバター)
サウザンアイランド・ドレッシングまたはマヨとケチャップを混ぜたもの
チーズ(溶けるタイプ。私のはアメリカンホワイト)

フィリング
トマト 薄切りスライス
*キャラメル玉ねぎ(こちらで説明)
*ローストパプリカ(赤、緑) 千切り
*ピクルス スライスする
*赤玉ねぎ 生をスライス
(*は全部好みで)

作り方
(1)パンの焼く方の面にバターを塗っておき、内側に好みのペースト
・・・ドレッシングか、マヨケチャか、ピザソースを薄く塗ってチーズを
のせて、バターの面をフライパンで焦げないよう中火でじっくり焼く。
(2)片方のチーズの面の方にローストビーフ、具をのせ、好みでさらに
いずれかのペーストを塗って、ローストビーフをまたのせて片方のパン
ではさむ。

パリパリしているうちに召し上がれ。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村ランキングへ
応援のクリック有難うございます。

Posted on 10:29 [edit]

category: サンドイッチ/パニーニ/ハンバーガー

tb: --   cm: 0

私のレシピカード・ボックス  

地元のギフトショップで購入したレシピ(カード)ボックスがパンパンに
なってきたので、新調しました

kl5a_auto_d.jpg
各写真ともクリックで拡大します
これが古い方。一杯になって取り出しにくくなったんです。
新調したのは・・・・

-- 続きを読む --

Posted on 21:58 [edit]

category: レシピ本やDVD

tb: --   cm: 0

肉料理に合うキャラメル玉ねぎのソース  

薄切りした玉ねぎを、キャラメル色になるまでよく炒めたものを、
英語でCaramelized Onions(キャラメル化した玉ねぎ)というの
ですが、これ日本語で何と言うのか調べてみましたが、よく分り
ませんでした。


fala_auto_d.jpg

今一つ見た目がよくない写真ですが、今日取り上げたい話題はこの
ポークチョップにかかっているソース(グレービー)です。
レシピは特にありません。
お肉を焼いたフライパンでチキンストックを煮詰め、キャラメル玉ねぎ
を一緒にのせただけなんです。

キャラメル玉ねぎは英語で検索すると、レシピが色々出てきます。
このブログにもリンクしている、SimplyRecipesさんのこちらのレシピが
一番分りやすく丁寧に説明してあるかな。リンク先ご覧になってみて下さい。

untitled.png
写真はリンク先より

私のは、スライスした中サイズ玉ねぎ2個を、大さじ1ほどのキャノーラ油
で最初は強火で透き通るまで炒め、その後火を一番小さい弱火におとして
1/4tspほどの砂糖を加え全体に混ぜたら、あとはそのままフライパンで
30分ほどおいてキャラメル化させています。(この間混ぜるのは2回ほど)

ソースの作り方
(1)ポークチョップは塩コショウ、ガーリックパウダーで下味をつけ
軽く小麦粉をふっておく。
(1)フライパンにオリーブ油またはキャノーラ油をひき、ポークチョップ
(肉はポークかチキンが合うと思います)をじっくり中まで火が通るまで
中火で焼く。
(2)肉を別皿に取り出し、フライパンに残った肉汁にチキンストックを
一人分で約1/4Cup(二人分なら1/3Cupほど)を入れ、強火で水分を
飛ばすように素早くかき混ぜながら、半分くらいまで煮詰める。煮汁の色
が写真のように濃くなった時点でキャラメル玉ねぎを一人分大さじ1ほど
入れてさっとなじませ、お肉の上にのせて出来上がり。


euae_auto_d.jpg
マッシュドポテトと煮豆と一緒に頂きました。
食が進むソースです

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村ランキングへ


Posted on 21:09 [edit]

category: ソース・ドレッシング

tb: --   cm: 1

正統派のチョコレートチップ・クッキー  

このブログ始めてもう4年になるのに、今までこれを載せてなかったのが
不思議なくらい、アメリカで最もポピュラーなお菓子といえば。


6uez_auto_d.jpg

この正統派なチョコチップクッキー(ズ)なんですが、なぜこれを正統派と
名付けたかと言うと、意外にもレシピを探すと、基本のタイプだけじゃなく、
これまた色々出てくるんですね。主な違いはというと、材料の配合を変える
ことで、クッキーの硬さを変えてるだけといった感じなんですが、私の
知る限りでは、柔めのソフトクッキータイプが最も一般的なようです。


wn59_auto_d.jpg 8yor_auto_d.jpg

今回参考にしたレシピはBetterHomes&Gardensのこちらのレシピですが、
例によってアメリカのお菓子は砂糖が多すぎるので、私流に変えてます。
日本の方なら私の舌と同じくらいの甘さの味覚をしていると思うので、
これで大丈夫だとは思いますが、レシピのまま作ると大抵は「甘っ、何じゃ
こりゃ」なくらいの甘いお菓子が出来ると思います(笑)

材料(中サイズ約30個分)
A
バター 4tbsp(1スティックの半分)
キャノーラ油  4tbsp
ブラウンシュガー  1/3Cup
白砂糖    1/4Cup
バニラエッセンス 1/2tsp
卵 1個
B
小麦粉 1Cupと1/4Cup,プラス2tbsp
ベーキングソーダ 1/4tsp
C
チョコチップ(黒) 1/3Cup
チョコチップ(白) 1/3Cup
好みのナッツ細かく砕く(私のはクルミ。ピーカンもOK)1/3Cup

作り方
ボウルにAのうち卵を除いた材料をよく混ぜもったりとさせたら
卵を加え、良く混ぜる。一緒にふるったBと、CをAに入れてさっくり
と混ぜ、天版にスプーンですくって均等に並べ、375Fに温めておいた
オーブンで10~11分焼く。


l_R135911.jpg wx1q_man_864_d.jpg
写真はBHGより(こちらへ)               こっちは私が作った分

このクッキーの表面のボコボコ感を出すには、スプーンですくったら
上から押さえずにそのまま天版にのせて焼きます。ただし、部屋の温度が
低く、クッキー生地がすぐに硬くなる場合は、その形のまま山のようなクッキー
が焼けてしまうので、生地を作ったらすぐに焼くか、または焼き始めて
5分目ごろに、軽く表面を平らなケーキサーバーのようなものでおさえて
あげると、均等に平坦だけどボコボコしたクッキーが出来ます。
この時、溶けてるチョコに触ってしまうとその部分の形が醜くなってしまう
のでご注意ください。
これは私が今まで作ったチョコチップクッキーの中では一番ソフトさの食感が
いい出来でした。主人にもおお受けで、リピート決定~

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらもどうぞ宜しくお願いします♪

Posted on 18:38 [edit]

category: クッキー・マフィン

tb: --   cm: 3

便利な折りたためるポテト・マッシャー  


アメリカはあと1週間ちょっとでサンクスギビング休暇に入ります。
毎年11月の第4木曜がサンクスギビングなのですが、この翌日には
ブラックフライデーという有名な、死傷者も出るほどの大バーゲンが
あるんですね。そしてほとんどの家庭ではこの日が過ぎると、クリスマス
ツリーを出して飾ります。このサンクスギビングからクリスマスまでが、
アメリカ人が1年でもっともエキサイトする時期じゃないでしょうか。

ところでサンクスギビングに欠かせないメニューの一つといえば、
マッシュド・ポテト。

x7pd_auto_d.jpg
写真のはスイートポテト。アメリカのはオレンジ色してます。

アメリカ人は、イギリス人やアイルランド人はじめ、ヨーロッパ人ほどには
イモ類を日常的に食べてないと思います。根菜類をマッシュする機会もEU
に比べると少ないんじゃないかと思いますが、それでも持ってると便利な
のが、このマッシャー。

いい物をアマゾンで発見したので、ちょっと値がはったけど思い切って買い
ました。どこが優れているかと言うと・・・

410EpVtAX+L__SY355_.jpg

刃の部分が折りたためるんですね~。
この写真、左右が逆だったら、もっとぱっと見て分るんだけどな。
折りたためると、引き出しにうまく収まるので場所をとらずとっても便利です。
しかもこれ、ステンレス部分がしっかりしてるので生涯使えそう。
私が購入したのは →これ
私が買った時は16ドルくらいでした。マッシャーごときに16ドルは高い
けど、一生使えば元を取るかな。この時期活躍しそうな道具です。


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます。

Posted on 22:57 [edit]

category: 調理器具・キッチン・他

tb: --   cm: 0

シナモンロール(バンズ)  


私がアメリカへ移住して最初に好きになった菓子パンがこれ
多分、欧米で料理・パンブログをしてる人なら誰でも載せるとてもポピュラー
な菓子パンですね。アメリカじゃカテゴリはコーヒーケーキ扱いかな?


00df0fcd-e277-4337-82cb-91079afe5406.jpg 37083_jpg_rendition_largest.jpg
写真はBettyCrocker(リンクはこちら)より           BetterHomes(リンクはこちらより

英語では、シナモンロールズと、これも最後に複数のSがつきます。
一個づつ作るのはシナモン・バンズと呼ばれる事が多いですが、上のように
くっついている場合も、バンズとも言うようです。
私は自分が気にいってるパン生地に、フィリングは色々レシピを見た結果、
シンプルなものを量を減らして作ってみました。

材料(一斤分、11×7インチ型)
パン部分
パン生地はこちらへ
フィリング
ダークシュガー 1/3Cup
バター   3tbsp
シナモン  2tsp
好みのナッツ(細かく砕く) 約1/2Cup
アイシング
粉さとう  1/2Cup
水     1tbspと1tsp
  

作り方
(1)型に薄くマーガリンかバターを塗っておく(クッキングペーパーは
お勧めしません)。ボウルに砂糖とバター、シナモンを入れよく練って
フィリングを作っておく。白砂糖よりも、モラセスが入った砂糖か黒砂糖を
お勧めします。
(2)パン生地はリンク先の要領で作り、1次発酵まで済ませ、薄く粉を
ふった台に出して、約12×10インチ(約30×24cm)大に伸ばす。
その上にフィリングをヘラで塗り、ナッツをふる。

zdro_auto_d.jpg → n4c8_auto_d.jpg

(3)くるくる端から巻いて、12等分します(まず半分に切って、さらに
それを半分にして、各3等分すると均等に切れます)。

0lad_auto_d.jpg → qckw_auto_d.jpg

(4)4列に並べたらラップをかけて、暖かいところで40分二次発酵。

xcvd_auto_d.jpg

(5)きれいに膨れ上がったら350F(180C)に温めておいたオーブン
で、約30分焼きます。途中焼け具合を見て焼けすぎるようであれば、
アルミホイルをかける。
(6)焼けたら、冷めてからアイシングをかけます。

nw94_auto_d.jpg

うほほ、こりゃうまい~また太る・・・

6h55_auto_d.jpg  mphn_auto_d.jpg

作ってみて、このサイズの型に12等分はちょっときつかったかな、と
思いました。もう少し大きな型にするか、8等分くらいで次は試してみよう
と思います。ちなみに丸型で焼いても可愛いです。


R152700_jpg_rendition_largest.jpg BetterHomesより

ちなみにアメリカはクリスマス時期、こうやってフードギフトのアイデアも
たくさん雑誌やサイトに載ります。シナモンロールのギフトは嬉しい

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村ランキングへ
いつも有難うございます。

Posted on 12:01 [edit]

category: 菓子パン

tb: --   cm: 0

基本のパン生地  

今年の春頃からやっと食パンの手作りを始めたんですが(その理由は
(こちらへ)、アメリカで買ったパンの本に載ってるレシピで作ると、
どうしてもこっちの人好みのどっしりしたパンが出来てしまうんです。

  cooking8 007

いくつか違うものを作ってみたんですが、どれも似たり寄ったりの、重くて
2日目ですぐパサついてしまうようなパンばかり。
どうしても日本で食べていたような、ふっくらもっちりしたソフトな食感の
パンでサンドイッチが食べたくて、結局クックパッドなんかで色々と日本の
レシピを探しては作ってみて、ああでもない、こうでもないと水分や粉の量
を替えてみたり卵を足してみたりして、やっと自分で納得できるパンが
出来たので、私流のパンをご紹介します。

材料(約1斤分)
A
強力粉(USではブレッドフラワー)200g
全粒粉   50g(注1)
砂糖    1tbspと1tsp
塩     1/2tsp
イースト  1tsp
その他オプション(注2)

B
水   140cc
ハーフ&ハーフ(なければ牛乳) 50cc
油脂(バター、キャノーラ油、オリーブ油のいずれか)2tbsp

作り方
(1)Aをボウルに入れて混ぜておく(私のHBはスイッチを入れるとすぐに
捏ねが始まるのですが、機種によってはセッティングが違うと思いますので、
イーストをどの段階で入れるかはお手持ちのHBのインストラクションに従って
下さい)。
Bは、水と牛乳をレンジで20秒ほど温めて油脂を入れ軽く混ぜる。ホーム
ベーカリーの手順に従いAとBを入れて生地コースを選択し、1次発酵が
終わった時点で生地を取り出す(注3)
(2)生地を軽く粉をふった台に出して、全体をローラーで伸ばしてガス
を抜く。この時点でまだガス(空気)が残っていると、その部分が焼いた時
穴(空洞)になるので私はしっかり抜いてます。生地は3等分して(計り
にかけて3つが均等な重さにする)軽くまるめて10分ほどベンチタイム
をとる。
(3)3等分したそれぞれをローラーで伸ばし、上下、左右に折って両ふち
を引っ張って丸め、なめらかな玉にしたら閉じ口を下にして12cm×20cm
×6cm(USでは8×4インチローフ型)の型に入れてラップをかけ、暖かい
場所で40分2次発酵させる(ここで生地が2.5~3倍くらいに膨れ
上がります)2次発酵については記事の下の方参照方。

*この型で焼くと、冒頭の写真のように頭がきのこのように少しはみ出して
膨れるので、一つ上のサイズの型(USの9×5インチ)にすると、
thanksgiving2012 002 cook-iroiro 001
背は低くなりますが頭ははみ出ず収まる感じになります。

(4)ラップを取りはずし350F(180C)のオーブンで30分焼く。
途中、表面が焼け過ぎるようであればアルミホイルをかける。

(注1)真っ白なパンがいい方は全部強力粉で、全粒粉を増やしたい
方は強力粉150g全粒粉100gでも美味しく出来ます。
(注2)私はこれに胡麻や種、きなこなどの穀類を1bsp入れて作ります。
私はMILAという製品のチアシードを入れてますが、これを入れると種が
水分を吸収して、よりしっとりもっちりパンが出来るんです。MILAは
USアマゾンでも買えますが、日本での販売はPureWholeHealthで可能です。
(注3)私のHBの生地コースは捏ね30分、1次発酵60分です。


********************************
2次発酵について
パンの本によると発酵は華氏80~85度(摂氏28~30度くらい)が
一番よいそうです。私は、うちのオーブン(こちら)に、焼きあがったものを
保温するWarmという機能がついているので、それを15分ほどONにして
スイッチを切り、10分ほどおいてから(ONのままでは熱すぎるため)
生地を入れて発酵させてます。手持ちのオーブンに発酵機能がない場合は、
オーブンやレンジに生地を入れ、まわりに熱湯を入れたマグカップを2個
ほど入れてフタを閉めておくと発酵できます。
********************************


大統領選結果、ハラハラしながらこれ書いてます!
うちはもちろん民主党派です
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村ランキングへ
こちらも宜しく♪  

Posted on 22:15 [edit]

category: イーストブレッド (パン)

tb: --   cm: 0

コーン・フリッターズ  

先日のポット・ロースト(こちら)の夕食会で、これをアペタイザーとして
出しました。

lw2j_auto_d.jpg

日本では、コーンフリッターと呼ばれてるんですね。英語では、複数のSが
最後につきます。おやつのような感じで、多めの人数のパーティにはぴったり
の前菜になると思います。レシピは、アメリカでは南部料理を紹介する人気
シェフPaula Deenの雑誌から借りました。
サイトにはレシピが載ってなかったのでここに転載します。

材料 (直径3cmほどの玉約30個分)
A
コーン(缶でOK)   1Cup
玉ねぎ(みじん切り) 1Cup
バター        2tbsp
B
コーンミール(細粒) 1と1/2Cup
小麦粉        1と1/2Cup
チーズ(すりおろし) 1Cup
塩          1/2tsp
C
バターミルク(普通の牛乳でもOK)1Cup
卵Lサイズ  2個

作り方は、Aの玉ねぎとコーンをバターで炒め、ボウルに溶いておいたCに
合わせたBを入れて全体がよくなじむまで混ぜ、3cm大くらいの玉にして
揚げるだけ。
注意:この材料をそのまんまの量で作ると、少し水分が多いなと感じました。
1Cupのミルクをやや少なめにしてもいいかもしれません。
また、初めて作った時は、コーンミールがなかったので全部小麦粉で作った
のですが、正直小麦粉だけの時の方が食感がよく美味しかったと思いました。
もさもさ感を減らす為には、上の配合を少し変えて、コーンミールの割合を
減らすといいと思います。チーズは私はモッツレラとチェダーを使用。


ilnd_auto_d.jpg

ソースは、チポレソース(こちら)で頂きましたが、ピリっときて美味しかったです。
チポレアドボがなければ、中華料理用のチリソースを混ぜるか、マヨケチャップ
にマスタードを混ぜたソースでも合いそうです。

余談ですが・・・・
南部といえば、うちは伯父夫妻が南部のサウス・カロライナ州に住んでいるので
南部料理に何となく興味はあったんですが、「こっちの料理はこってりしてる
のが特徴よ」と叔母から聞いていたので少し敬遠してました。
が、最近、バターや砂糖をたっぷり使う事で有名だったPaula Deenが自身が
2型糖尿病であることを告白し(マスコミにすっぱぬかれた?)話題になったんです。
その後彼女はダイエットに成功し、評判をよくするためか、雑誌のレシピの方
も随分と野菜が多いメニューが紹介されています。
私は、個人的には、南部の料理が最もアメリカらしさが出ている料理という気が
しています。興味がある方は、この方の雑誌や本、あと
サザン・リビング
ティスト・オブ・サウス
といった雑誌(またはそのサイト)をご覧になってみて下さい。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村ランキングへ
いつも応援有難うございます。

Posted on 14:40 [edit]

category: 前菜/おつまみ/スナック

tb: --   cm: 2

ハニーマスタード・ドレッシング  


ハニーマスタード・ドレッシングはRanchやバルサミコ酢ドレッシング
と並んで、アメリカのスーパーで買える市販のドレッシングの中では、
とても一般的なものですが、家で作れないかな?と思ってあれこれ
試作してみました。

w6p0_auto_d.jpg

かなり市販の味(といっても手作りは添加物なしですので人工的な味
はせず)に近付いたものが出来たのでご紹介します。

材料(2~3回で使い切る位の量)
A
マヨネーズ  1tbsp
粒マスタード 1/2tsp
はちみつ    2tsp
塩      1/4tsp
コショウ   少々
にんにく(細かくみじん切り) 1/2tsp
B
レモン汁  1tbsp
エクストラバージンオリーブ油  3tbsp

作り方
瓶など保存しやすい容器にまずAの材料を入れ、スプーンでよく混ぜ、
完全に混ざってからBの材料を加えていきます。
ところで、以前ご紹介したことがある(→創作マヨドレ)で使った胡麻ドレ
をさじ1杯くらい加えてみたんですが、


419RnfiPWKL__SL500_AA300__20121104005030.jpg kx81_auto_d.jpg
                       写真の左側が加えた方
これも胡麻風味が加わって美味しかったです。
色々やってみるとバリエーションが増えて楽しいですね。

yyek_auto_d.jpg vozz_auto_d.jpg
サラダもドレッシング次第ですから、これからも色々試して幅を広げよう

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
応援どうもありがとうございます。

Posted on 10:59 [edit]

category: ソース・ドレッシング

tb: --   cm: 0

About Me

はじめての方へ

About the photos

カテゴリ

訪問ありがとう♪

参加ランキング

温度の換算表

リンクについて

最新コメント

訪問者Map

まずはここから

料理に関するリンク集

全記事(数)表示

月別アーカイブ

レシピブログ♪

メールフォーム

ネットでプチ稼ぎ♪

検索フォーム

QRコード