タイ風ピーナッツバタードレッシング  

意外にというか、アメリカでタイ料理のレシピを雑誌などで見かけることが最近
多くなってきたように感じるのですが、このピーナッツバターのドレッシングや
ソース(主に春巻きなどのディッピング用)を見るたびに、作ってみたいと思って
いました。

xnew_man_754_d.jpg 材料(約1/3~1/2Cup分)
 ピーナッツバター  2tbsp
 キャノーラ油またはサラダ油  1tbsp
 レモン汁     1tbspと2tsp
 しょうゆ      1tbsp
 砂糖(あればダークシュガー) 1tsp
 ナンプラー    1/2tsp
 スイートチリソース(こういう感じの) 1tbsp
 作り方
 出来上がりの量が十分入る大きさのボウルに、
 材料を上から順に良く混ぜていきます。
 これは私が少しづつ足しては味を見ながら、よしと
 思ったところで作った、いわば私のオリジナルの味
 です。ピーナッツバターをこれ以上加えると、
 ほとんどピーナッツバターの味に、またこれより
 醤油とオイルを加えるとより和風の味になります。
 ピーナッツバター系のドレッシングを作った事が
 ない場合は、好みがかなりあると思うので、
 まずは試験的にこの半分の量で作ってみること
 をお勧めします。



アジアン風のサラダにどうぞ。
2p21_auto_d.jpg

これは照り焼きチキンをサラダの上にのせてみたもの。

2fx7_man_754_d.jpg

これは豆腐の上に、にんにくのみじん切りと焼き肉のタレでじゃじゃっと炒めた
もやし(冷めてからのせる)をのせています。
私は結構好きな味ですね。ところでうちの新聞に、こういうレシピも載っていた
ので転載します。興味がある方は材料を参考にしてみて下さい。

ヌードル(ソバとか)サラダのピーナッツバターセサミオイルソース 約4人分
 ピーナッツバター 6tbsp
 しょうゆ 5tbsp
 砂糖  1と1/2tbsp
 お湯  1tbsp
 ごま油 1tbsp
 米酢  1tbsp
 しょうが みじん切り 1/4Cup、 にんにく 3かけ 

ちょっと生姜が多いような気がしますね。それと私なら、ピーナッツバターの量を減らします。
参考までに。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Posted on 20:25 [edit]

category: ソース・ドレッシング

tb: --   cm: 0

OXO(オクソー)のフタ付き粉ふるい  



なんだかんだ忙しかった週も過ぎ、元の生活のリズムに戻ってはいるんですが・・・
1カ月以上前に、キャビネットの高いところにある物を無理に取ろうとして、右手
を伸ばし過ぎた時に「グキィ~ッ」と筋を痛めたのが原因で始まった四十肩が
ですね、腕は自由に動かないわ、夜は痛くて眠れないわで、絶不調きわまりない
のです名前だけは知っていたこの症状、まさか自分がなるとは思ってもいません
でしたよ~。(正式には四捨五入して五十肩だって?)


ke2n_auto_d.jpg

さて今日はこの、便利なOXOの粉ふるい器(アマゾンではこちら)のご紹介です。
以前IKEAで買った粉こし(USドルで4ドルちょっと)が、あまりにも使い物にならなかった
ので、結局買いなおしたんですわ。安もの買いのゼニ失いとはこの事ですな。
全体の大きさが分かりやすいように、手を添えてみました。これ、なんといっても上下
ともカバーがついてる点が超便利です。

tpd9_man_864_d.jpg

ふたを取って中身を見せたところ。

03dl_auto_d.jpg

粉を入れたら左右にシャカシャカ振るだけなんです。が、しかーし
1回で振り落ちる粉の量が少ないので、これは沢山入れると全部をふるい終わるまで
かなり時間がかかります。

b2s2_auto_d.jpg

これはポークフィレかつを作ってるとこですが、1~2回の左右の振りで落ちる小麦粉
の量はこのくらい。例えば肉にこうして粉をつけたり、パン生地をこねる時に台に粉
を振ったり、単に振る作業を日常的によくする人には、上下のフタで小麦粉を保存できる
ので非常に便利な道具になりますね。

しかし、1度に2~3カップの小麦粉をふるうには時間がかかり過ぎるので、主に
お菓子作りのふるいが目的で粉ふるいが必要な人にはお勧めしません。商品レビュー
を読んでると「下のフタをつけて粉を入れ計量器で重さを量り、ふるう時は下のフタを
取り上のフタをして振るえば飛び散らないので便利」という意見もありますが、これ
はせいぜい100g以下くらいの粉で済む時の場合でしょうねー。
ということで、用途によってはとても重宝する粉ふるいのご紹介、でした。
お勧め度は★★★と★の半分(3,5 笑)

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村いつも応援ありがとう

Posted on 12:23 [edit]

category: 調理器具・キッチン・他

tb: --   cm: 3

基本のチョコレートカップケーキ  


今週、祖母の葬儀で伯父夫婦が南の州から我が家に来ていたんですが、今日
空港まで送っていきました。祖父が他界したのが1976年だったそうなので、
祖母は37年後にやっと祖父のお墓の隣に埋葬され夫と一緒になったんですね。
晴れてお墓に「永遠に共に」(Foever together)と文字が刻まれました。


pb8j_auto_d.jpg

てなわけで、今週料理する機会がなかったので、またもや「おさらい」記事ですみません。
この機会にブログ立ち上げ当時の超手抜き記事を丁寧に書き直そうと思います。
さて私が今のところ一番気に入っているチョコレートカップケーキの生地部分のレシピ。
元はキッチン・バイブルに収録されている「バニラカップケーキ」の生地配合を参考に
私がチョコ版に作り直したものなんですが、アメリカの色んなレシピを見ると大抵は24個
分で小麦粉2カップ、砂糖2カップ、卵1個、ミルク1カップ、バター1/2カップみたいな
感じで、卵はあまり使わないんです。その代わりに水分と脂肪分で生地をしっとりさせる
のがアメリカ式。

sv7j_auto_d.jpg

私がこのレシピを気に入っている理由は、卵を多く、水分を控えめにして仕上がりの
水っぽさを抑えている点ですね。

材料 (レギュラーサイズのカップ12個分) 
 A) 卵 3個、 砂糖1/2Cup(甘くしたい場合はプラス1/4Cup)
 B) キャノーラ油 1/2Cup、 ミルク 3tbsp、 バニラエッセンス 1/2tsp
 C) 薄力粉(USではオールパーポス)2/3Cup、ココア1/3Cup、ベーキングパウダー 1tsp


作り方
(1)材料(C)を、合わせてふるっておく。マフィン型のカップに12個分紙カップを
入れて準備し、オーブンを350F°(180C°)に熱しておく。
(2)大き目のボウルに材料(A)を入れ、ミキサーで8分立てほどのメレンゲを作る。
*もったりする程度。角が立つまで泡立てる必要はないです。
(3)上記のボウルに材料(B)を入れさっと混ぜ、材料(C)を入れたしてスピート1
のミキサーで1分ぼど、材料がまんべんなく混ざるように混ぜる。

8521_man_754_d.jpg
*日本のスポンジケーキのレシピでは卵の気泡をつぶさないようにさっくりと混ぜる
のが普通ですが、アメリカ式はぐるぐる混ぜてしまって大丈夫です。(注)写真はバニラ
生地の例で、チョコではありません。

(4)スプーンでカップの8分目くらいまで入れ、12個入れたらオーブンで25分ほど
焼く。真ん中に楊枝をさしてみて生地がついてこなかったら出来上がり。
(5)よく冷ましてからホイップクリーム(私のはホイップクリーム1カップに砂糖1/4
カップ、バニラ1/2tspで泡立て)を絞り出し、削ったチョコをトッピングしてます。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村応援のクリック有難う♪

Posted on 13:56 [edit]

category: ケーキ(デコ・カップ・ロールなど)

tb: --   cm: 2

ティラミスのおさらい  


土曜日にお友達を呼んでうちでランチしたんですが、デザートにまたティラミス
を作りました。前日に作っておけるし、市販のレディフィンガーを使えばあっと
いう間に出来るので、私の「手抜き」デザートの代表格です


gzof_auto_d_20130819084012f3d.jpg

あらっ・・・これ、前の時と同じ写真じゃないって?バレたか
ははっ、みんなでペチャクチャ喋ってたら写真撮り忘れたので、前のの使い回しですよ。
何度作っても見た目は同じだから、これでOKなのだ

さて前回載せたレシピがあまりにも不親切だったので、今回さらに丁寧にレシピを書き
直そうと思います。このクリームの配合はBHGのTriple Chocolate Tiramisuを参考にして
います。色々とレシピを検索してみても、これが一番私にはしっくり来るかな。

l_R090577.jpg 材料(今回のは9インチ正方形型)
 マスカルポーネチーズ
 (なければ普通のクリームチーズ)200gほど
 1cup ホイップクリーム
 1/3cup 粉砂糖
 バニラエッセンス 少々
 1/3cup チョコレートリキュール
 (私はクレーム・ド・カカオ使用)
 レディフィンガー 24本
 濃い目のコーヒー 1/2Cupほど
 仕上げのココア(パウダー)

写真はBHGのレシピより

作り方
(1)ボウルにホイップクリームと砂糖を入れ、7分たてほどにゆるく泡立てる。
別のボウルにクリームチーズを入れ、ダマがなくなるまでよく練って、上記のクリームの
1/3ほどを入れてクリーム状に練りあげる。よく混ざりあったら、ホイップクリームの
ボウルに戻して、バニラエッセンスとリキュールを入れてスピード1でホイップする。

1m4h_auto_d.jpg

(2)下の写真くらいに、少し角が立ってクリームが落ちない程度になったらミキサー
を止めて、冷蔵庫で保管。

isk5_auto_d.jpg

(3)型にレディフィンガーが都合よく収まるように並べ入れて、コーヒーをまんべんなく
吸わせていきます。
uff3_man_754_d.jpg

この量が、出来た時にクッキー(レディフィンガー)がべっとりなってしまうか、ふんわり
仕上がるかの分かれ道なので、適度に使います。私はふんわりが好きなので、ひととおり
コーヒーをかけたら、二度かけはしません。
(4)冷蔵庫からクリームを取り出し、この上に1/2弱の量をたっぷりとかけ、へらで
整え、またその上に(3)の要領でレディフィンガーを並べコーヒーをかける。
そのまた上にクリームをかけ、へらで整えラップをかけて最低でも6~7時間は冷やして
下さい。食べる直前にココアを茶こしで振りかけて出来上がり。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村いつも応援ありがとう♪

Posted on 19:07 [edit]

category: その他のお菓子/ ジャム・ソース

tb: --   cm: 0

ジャーマン・ポテトサラダ  



もう~このブログ始めて以来の、大失敗をしてしまいました。いつも料理の写真を
撮ったら、パソコンにダウンロードして、その後ミニディスクの容量が少ないので、
次の撮影用にすぐ撮った写真を消すんです。


images (1) SFS_PotatoSalad001_276982.jpg
悲しいかな、ネットから拾った借り物写真

がしかし
今回、何を勘違いしたのか、パソコンに移す前にどうも撮った写真を消してしまった
ようなんですね~~~。どこを探しても見当たらないので、今回のレシピは
諦めてこのイメージ画像の中から、一番私が作った物の外見に似てるやつを見本
として借りました。仕上がりは、こんな感じになると思って下さい。

ところでこのジャーマンポテトサラダ、スーパーのデリでよく見るんです。見た感じ
普通のビネガレットで和えてあるように見えたんですが、今回自分で作ってみようと
思ってレシピを集めてみたら、ビネガーで調理してあるんですねぇ。知らなかった~。

images (2)

材料 約2人分 
 レッドポテト(写真のように皮が赤いもの。なければ普通の) Mサイズ3個
 ベーコン  1枚
 玉ねぎ  1/4個(みじん切り)
 小麦粉  2/3tbsp
 砂糖   1~2tsp(好みで加減)
 塩    1/2tsp弱、 コショウ 少々
 ホワイトビネガー  3tbsp
 水  1/2Cup弱(90ccほど)


作り方
(1)ポテトは上の写真のような感じでカットし、茹で過ぎないように少し硬さを
残した感じで茹でる。
(2)フライパンに少量の油を熱し、スライスしたベーコンをカリカリに炒め、別皿
に移す。残った油で玉ねぎをよく炒め、弱火にして小麦粉を入れ炒め、水、塩、
砂糖、ビネガーを入れ、ダマができないよう混ぜながらとろみをつける。
(3)ボウルに茹でたポテト、(2)のソース、ベーコンを入れ、コショウを好み
で振って全体を混ぜあわせ、仕上げに好みでパセリをふって出来上がり。

このサラダ、熱いうちでも冷たくしてもいいようですが、私は暖かいうちの方が
美味しいと思いました。参考にしたレシピの砂糖の量では、酸っぱくて何の味も
しなかったので、もう少し甘くてもいいかな?というくらい足してみました。
アメリカではパーティやポットラックでも活躍します。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村また作ったら写真貼り替えます。。。

Posted on 12:46 [edit]

category: 色々なサラダ

tb: --   cm: 0

祖母とのお別れ  



10日の夜、老人ホームで主人の祖母が亡くなったので、この週末ちょっと
忙しくしています。92歳の大往生だったのですが、晩年の5年あまり、ホーム
でただイスに座って何もできずに毎日を過ごす祖母を見てきて、健康とか人生
とか色んな事を考えさせられました。
しかしアメリカは、人の逝去に関しては、ずいぶんと文化的にも日本と違うん
ですよね。祖母の息子夫婦(夫の伯父)はうちから4つの州を南に下ったところ
に住んでますが、すでにキャンプの準備をしていたので(キャンセルが難しかった
そう)キャンプへ行ってしまいました。なので祖母のお葬式と埋葬は、死後11日
めになる来週の水曜日に執り行われる事になったのです。
アメリカでは、自宅に遺体を置いてはいけない法律だそうで、その間は葬儀屋
さんが保管してくれます。クリスチャンじゃない家庭は、教会ではなく葬儀屋で
式を済ませ、埋葬の場合はそのままそこから墓地へ行きます。
ここから先は、アメリカの文化の紹介として、一般的な葬儀と埋葬の話をしたい
と思いますので、興味がある方は進んで下さい。日本と違って、アメリカのは
ドラマのように「感動」します。
-- 続きを読む --

Posted on 08:35 [edit]

category: 日常生活のいろいろ

tb: --   cm: 4

うちのカレーライスが美味しい理由  



普段は自分で作った物を自画自賛するのはあまり好きではないですが、コレは
ちょっと自信があるので、いつになく大胆なタイトルにしてみました。家族も友達も
美味しいと言ってくれるんですけど、そう社交儀礼だけではなさそうなんです。
自分でも美味しいと思う

c4b5_auto_d.jpg


見た目は、ごく普通。ルーも市販ので十分美味しいです(私が好きなのはバーモントカレー
の中辛と、ジャワカレーの辛口。今回はとろけるカレーの辛口を使ってみたけど、これ
も結構いけました)。色々手を加えるだけで、単に水とル―で煮ただけのカレーよりも
随分美味しくなるもんです。ここでは誰でも作るカレーなので、一般的なサイズのルーを
使って4~5人分作る場合で、私流のコツだけ明記します。
材料 
 玉ねぎ 大サイズ 1個、 人参 中サイズ2本、 じゃがいも 中サイズ1個
 肉(写真のはチキン)100g~ 味だし程度、 マッシュルーム大4個
 にんにく 2個(みじん切り)、 チキンストック(市販ルーの作り方の分量)
 りんご 1/2個、 カレー粉 1tsp、 カレー系スパイス、 市販ルーの9/10位
 仕上げの牛乳または生クリーム お玉1杯程度、はちみつ 1tbsp
 

zle8_auto_d.jpg

私流のコツ
★じゃがいもはカットして水にさらしておき、入れる直前によく水をきる。
★にんにく、玉ねぎ、人参、マッシュルームを炒め、肉を入れ炒めたら、チキンストック
 を入れ(これがない場合は分量の9/10の水を入れ、コンソメ1個を入れる。コンソメ
 もない場合は、塩を小さじ1ほど入れる)、カレー粉、あればターメリック、コリアンダー、
 クミン、ガラムマサラといったカレー系のスパイスを3~4振り、すりおろしたリンゴを入れ
 て1分ほど強火で煮込む。
★沸騰するまえに弱火にして20分ほど煮混み、人参に火が通ってから、じゃがいもを入れ
 弱火のまま10分ほど煮こむ。ジャガイモに少し火が通った程度のところ(ちょっと
 まだ硬いかなくらいの所)で市販のルーを割り入れる。こうすることでジャガイモの形が
 くずれてデンプンが出て粉っぽくなってしまうのを防ぎます。
★ルーを加えてしばらく煮込み、ジャガイモがいい具合になったら蜂蜜と牛乳を加えて
 仕上げる。私はルーは1~2個残した位の量を入れてスープをゆるめにし、分量外の
 ジャガイモ(小1個)をすりおろしてトロミを加えています。小麦粉よりも摩り下ろしたイモ
 の方が、透明感のあるトロミに仕上がり、粉っぽさがないです。味をみて塩を足すか、
 好みで醤油を足す。
★あくまで、弱火でコトコト。煮込む時に塩気とスパイスとリンゴを加える。ジャガイモは
 茹で過ぎず。仕上げにミルクと蜂蜜。よそうご飯は少し硬めに炊く、が大きなコツかな~。

ぜひお試しを♪

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村応援のクリック、励みにしてます^^

Posted on 11:55 [edit]

category: 我が家の和食

tb: --   cm: 0

バナナブレッド  



我が家では夫のお弁当用と私の小腹隙き対策用にバナナを常備してるんですが、
たまに1本か2本、真っ黒にしてしまうんですよね。そんな時のお助けマン的な
レシピがこれ。

hwjy_auto_d.jpg

かれこれ4~5回は作りましたが、なかなかコレというものに出会わずにいま
した。が、今回このBanana nut breadを参考に作ってみたら自分の中では
まずますのヒット。ちなみにバナナブレッドはアメリカではとってもポピュラーな
クイックブレッド(要はイーストを使わないブレッド)の一つで、レシピを探そうと
思ったら山のように出てきます。中に入れる物もこのイメージ画像のように色々。

tkfw_man_755_d.jpg

私が好きな組み合わせは、くるみとチョコチップです。チョコとバナナの組み合わせ、
好きなんですよね~。何をいれるかは自由ですから、そこは作る人の好みにお任せ
しますが。


材料(私が作った例。7.5cm×21cm×深さ6cmの型)
 薄力粉(USではオールパーポス) 1Cup
 砂糖  1/2Cup
 ベーキングソーダ 1/2tsp
 バターとキャノーラ油  各2tbsp(バターのみにする場合4tbsp)
 バナナ 中サイズ 1本(フードプロセッサーにかける)
 卵  1個
 サワークリーム(なければプレーンヨーグルト)2tbsp
 バニラエッセンス  1/2tsp
 くるみ(砕く)とチョコチップ 各1/4Cup・・・オプション 


作り方
(1)小麦粉とベーキングソーダは一緒にふるいにかけておく。
(2)別のボウルに柔らかくしたバターとキャノーラ油、砂糖を練り合わせ、サワー
クリームとバニラエッセンス、バナナを入れ混ぜておく。
(3)卵は別のボウルで分量外の砂糖1tspを加えハンドミキサーでメレンゲに
する。(これは私のやり方で、出来上がりをふんわりさせる為ですが、どっしり
した通常のブレッドが好みの場合は、そのまま卵を(2)に加えます)
(4)粉類とメレンゲ、くるみとチョコを(2)のボウルに入れ、マフィンを作る時の
ようにダマが少し残るくらいにさっくりと混ぜ合わせる。ここで混ぜすぎると、
「山」が出来ないで平らなブレッドに焼きあがってしまうと思います。
(5)クッキングシートを敷いた型に流し入れ、325F°(160C°)に熱して
おいたオーブンで15分ほど焼き、一旦取り出して真ん中に少しナイフで縦線
に傷をつけてから(こうすると山が割れやすくなります)
、オーブンに戻し、あと
25分ほど焼いて、中央にはしを差して生地がついてこなかったらオーブンから
出す。冷めてからカットします。

banana bread 006

冷蔵庫で4~5日はOKと思います。常温に戻すかレンジに少しかけると風味が
甦って美味しいです。好みでバターかスプレッドをつけてどうぞ。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村こちらも宜しく♪

Posted on 21:54 [edit]

category: 簡単ブレッド・スコーン・ビスケット

tb: --   cm: 2

グリーンビーンズのベーコンソテー  


前回の夕食会の続きです。このグリーンビーンズ、アメリカのスーパーで年中手に
入るので我が家では結構頻繁に料理しますが、調理法がだんだん似通ってくるんです
よね。炒めるか、茹でてサラダにするか・・・・和食だといつも「いんげんのゴマ和え」


lhif_auto_d.jpg

今回はお客様を呼んでの夕食だったので、ちょっと手が込んだものをと思い、taste of south
という南部料理の雑誌からレシピを借りました(リンクはこちらへ)。


GreenBeansR.jpg 通常この雑誌のサイト、誌面に載ってるレシピを
 検索しても出てこない事が多いので、今回は
 ラッキーでした。写真見ると分かるように
 本当はアーモンドのスライスをトッピングする
 んですが、友人夫妻の子供がナッツと卵アレ
 ルギーなので省いたんです。しかし最近は
 多いですね、食品アレギーが。いちいち人を
 呼ぶたびにアレルギーがあるか聞かないと
 料理できない時代になりましたよ。それだけ
 世の中が化学物質だらけになって人体への
 影響も出てるという事でしょうか・・・?
写真は雑誌より

さて、レシピを借りたといっても、これ1ポンド(450gほど)のさやいんげんに対し
水2Cupとチキンブロス1Cupもの水分で煮る、とあるんですね。これ印刷間違い?
泳ぐほどの水分で15分も煮ると、いんげんがぐちゃぐちゃになると思うけど、しかもその
水分を全部吸収させるのか、最後に捨てるのかはレシピにあらず。想像しただけで何か
変なので、私が調理した通りに(一部材料と分量も変えて)レシピを載せます。

材料(4人分)
 グリーンビーンズ(さやいんげん)  約450~500g
 ベーコン 3枚
 シャロット(日本語ではエシャロット。なければ玉ねぎ1/2個で代用)4~5個
 チキンブロス  1/4~1/3Cup (なければ水と、コンソメ1/2個ほどで代用)
 塩コショウ
 トッピングにアーモンドスライス(オプション)


作り方
まず細切りのベーコンを少量のオリーブ油でカリカリになるまで炒め、別皿に移し、
残ったフライパンの油でそのまま細切りのエシャロット(または玉ねぎ)をよく炒める。
4~5cmにカットしたインゲンを加えざっと炒めたら、塩コショウをし、チキンブロス
を加え弱火にして落としぶたをし、いんげんが煮え過ぎない程度に蒸し煮する。途中
で中を見て水分がわずかになった頃に強火にして水分を飛ばし、お皿に盛ってベーコン
とアーモンドをトッピングする。
次回は、炒める時にガーリックも加えてみようと思います。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村応援有難うございます。

Posted on 10:07 [edit]

category: 温野菜サイドディッシュ

tb: --   cm: 0

About Me

はじめての方へ

About the photos

カテゴリ

訪問ありがとう♪

参加ランキング

温度の換算表

リンクについて

最新コメント

訪問者Map

まずはここから

料理に関するリンク集

全記事(数)表示

月別アーカイブ

レシピブログ♪

メールフォーム

ネットでプチ稼ぎ♪

検索フォーム

QRコード