私がチキンナゲットを手作りする理由  


wbu6_auto_d.jpg
Home made chicken nuggets

以前は豆腐入りのナゲットを載せた事があるんですが(こちら)、あれ以来
ナゲットを作る時は毎回同じレシピを使っています(^-^;)
zmmu_auto_d.jpg
これがそのレシピ↑。写真の上で左クリックすると拡大します。
普段はレシピは参考にするだけで、あとは我流で勝手に自分の味に変えて
料理することが多い私ですが、これに関してはなぜかきっちりとこの分量
の通りに計って作っています。かなりちゃんとしたものが出来ますよ。


zgk5_auto_d.jpg
こっちは主人のお弁当用にマスタードとBBQソースを添えたもの。
お弁当にしてしまうと、さすがにパリパリ感は保てないですが、プロセス肉は
添加物が多すぎるので、こうして自然素材だけで作る方がいいんです。

ところで・・・・。
私がアメリカへ来てからナゲットを手作りするようになった理由はもう一つ
あります。皆さんはアメリカにおけるチキンナゲットの生産方法が悲惨だと
いう噂を耳にしたことはありますか?なんと鶏を生きたまま熱湯に入れて
煮ているというのですよ。この噂(評判)はこちらでは意外に多くの人が知って
いたり聞いたことがあるようで、質問してみると聞いたことがあると言われ
ることがあるんです。

実際には、この「生きたまま」というのには語弊があって、さすがにそのまま
熱湯に投げ入れるわけではなく、あばれない程度に傷をつけて、ということ
らしいです。しかしそれでもニワトリにはまだ意識があるので、壮絶な苦しみを
味わっているということです。私はその丸煮えされたニワトリの姿を写真で
見ましたが、説明するには描写に堪えません。
(情報元はアメリカのタレントのパメラ・アンダーソンが出したChange.comの嘆願書より)

なぜこういった非人道的な食肉の生産加工の過程が世にばれるかというと、
そういった大量生産型の加工業界に動物愛護団体の職員がバイトなどで
内密に入り込んでビデオを隠し撮りしたりして暴露するからなんです。

ここにアメリカのマクドナルドのナゲット加工までの内部事情を撮ったビデオ
があるので、事実を知りたい方はご覧になってみて下さい。
これは熱湯につけているパターンではなく、従業員がニワトリを残虐に
扱っているところだそうです。私は最初の方だけ見ましたが、数秒でギブアップ
しました。普通の神経じゃ見れません。これはあくまで、証拠がないと文章だけ
じゃピンとこないという方のためだけにリンクを貼ります。

https://www.youtube.com/watch?t=11&v=-UWcQLtpAKU

あとYouTubeなどで、chicken nuggets, factory farm, crueltyなどと検索
ワードを入れてみると、わんさと出てくるでしょう。

ちなみに私はケージなどに入れず自然のエサを与えるオーガニックの
鶏肉を生産している個人の農場が屠殺してるとこのビデオを見た事が
ありますが、そこでは1羽ずつ足首を縛られてコンベアに並んでいる
ニワトリの首を機械が輪っかに入れてチョンチョン切断していました。
屠殺に2秒もかからない作業です。このやり方だとニワトリはおそらく即死
か数秒で息絶えるはずですね。愛護団体の人たちは「殺すこと」自体を
人道的とはけして認めませんが、私は食肉となる動物を必要以上に
苦しめること、その結果の肉を食べることに大きな抵抗を感じます。

コストコやスーパーでアメリカの輸入肉が普通に日本の食卓に安く入るよう
になり、それで家計が助かるという方もいるでしょうが、昔から「安いものには
わけがある
」といいます。こういった形で作られたものを自分の体の中に入れ
たいかどうかは、個人の感じ方次第としか言えないかもしれませんね。


久しく更新してませんでしたが、また応援宜しくお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ






アメリカの輸入肉やその生産過程をもっと知りたい方は拍手ボタンで
お知らせ下さい。私がオーガニックにこだわる深刻な理由を少しずつ
説明していきたいと思っています。

Posted on 01:42 [edit]

category: アメリカのFood事情と健康

tb: --   cm: 6

アメリカのチキン・ピカタ  


5e7i_auto_d.jpg
Chicken Piccata

今日はアメリカの一般的なチキン・ピカタ(イメージはこんな感じ)をご紹介
しますね。イメージを見るとパン粉がついてたり、日本の典型的なピカタ
みたいに衣に卵が入ってるように見えるものもありますが、私が一番
よく目にするのは、このケイパーとレモン、バターを仕上げに使うタイプ。

材料(3~4人分)
.............................................................................................
鳥むね肉   4枚(たたいて軽く塩こしょうしておく)
小麦粉    上記の肉を覆うに十分な量
にんにく    ひとかけ
チキンストック(こちら) 1/2~2/3カップ(ゆるさを好みで調節)
白ワイン   大匙2~3杯(好みで)
ケイパー   大匙2~3杯(好みで)
レモン     きゅっと絞る程度
バター     大匙1ほど(10gくらい)
好みでレモンのスライスを添える。
.............................................................................................


0jgy_auto_d.jpg
付け合わせは、野菜のピクルス、ズッキーニのサラダ(こちら)とキッシュ(こちら)。

作り方
★とり肉は軽くたたいて塩コショウし、小麦粉をまぶす。
★フライパンに多めの油を入れニンニクを炒め、肉を入れ。肉の中
まで火が通るよう焼いて別皿にうつしておく。
★同じフライパンに白ワインとチキンストックを入れ、強火でワインの
アルコールを飛ばしながら、スープが半分より多い位まで煮詰める。
味を見て必要であれば塩またはコンソメを足す。
★ケイパー、レモン、バターを加え、別皿のチキンを戻してソース
をからめる。

中途半端に残るケイパーは・・・・・
冷凍も出来るようですが、私はみじん切にしてマヨ、ヨーグルト、リンゴ酢、砂糖
塩コショウで作るドレッシングに混ぜたりしています。


久しく更新してませんでしたが、また応援宜しくお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




Posted on 11:47 [edit]

category: 鳥(チキン・ターキー)

tb: --   cm: 0

カップケーキのベリー・バタークリーム・フロスティング  


1mnz_auto_d (2)
Strawberry & Blueberry butter cream frosting for cup cakes

私の母が日本へ戻り次第、順調に更新しようと思ってた矢先、疲労と
重度の肩こりでまたもやしばらくネットの使用を控えるはめになって
いました。久しぶりに更新したと思ったら、こんなブサイクなデコの写真
で失礼します。これはですね、砂糖とバターの練り方が十分でなかった
ので、先っぽがきれいに切れなかったんです(泣)。でもこんなフロス
ティングは自分と家族用には作らないので(バターと砂糖をものすごく
たくさん使う為)、ベークセール用(こういう感じ)に作った時の写真を、
仕方なく使いまする

作り方
...................................................................................
●カップケーキ部分はこの生地を使用。

●バタークリームフロスティング(9個分くらい)
バター  1本 (約110g)
粉砂糖   2カップ
好みのジャム   大匙2~3杯
*私のは、手作りの「いちごとブルーベリーのフルーツソース」です。
牛乳   大匙1~2杯
...................................................................................

★ボウルに室温に戻したバターをまずよく練って、砂糖を1カップずつ
入れて、都度よく混ぜます。ハンドミキサーで量が2倍になるくらい
攪拌し、ジャム(またはフルーツソース)を加え、硬さを見ながら牛乳を
加えて仕上げます。


ところで、今日これを載せたのは、レシピの紹介というよりも、アメリカの
一般的なカップケーキを紹介したかったからなんです。
日本ではふつう、生クリームであっさり仕上げますよね。アメリカでは、この
バタークリームが主流です。日本人はバターよりマーガリンをよくパンに
ぬったりしますが(マーガリンの方が低カロリーで安いし経済的ですからね。)
アメリカではマーガリンに含まれるトランス酸が健康に悪いという考えが
定着していて、トランス酸の入ったマーガリンやスプレッドを使わない人が
多いのに、なぜかバターの飽和脂肪酸を恐れる人は少なく、お菓子や料理
にたっぷりと使います。私としては、こういう飽和脂肪酸と砂糖がたっぷり
使ってあるフロスティングを多用する方が、よほど体に悪いとは思うんです
けど。。。
ネットの普及で「アメリカ式」がいとも簡単に日本へ入るようになっていく
事に危機感を感じ、あえてこのクリームを載せてみました。やっぱりカップ
ケーキには、低糖の生クリームを飾るのが一番ですね。


久しく更新してませんでしたが、また応援宜しくお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ





Posted on 10:43 [edit]

category: ケーキ(デコ・カップ・ロールなど)

tb: --   cm: 4

野菜のマリネ(ピクルス)  


pgfq_auto_d.jpg
Vegetables a la Grecque

かなりご無沙汰しました!
8月末にこちらに2か月滞在していた母が日本へ戻ったのですが、
そのあとも忙しかったり体調悪かったりでブログから遠ざかっていました。
その間に料理ネタがすごくたまってしまったので徐々に元のペースに
戻って更新していこうと思います。

さて、何の写真かよくわからないと思いますが、これは主人の母が作った
野菜とキノコのピクルス(実際はマリネと思うとの事)がとっても美味しくて
久々に私の舌にヒットしたので、真似して作ってみたものなんです。

9397_auto_d.jpg
中の具は、こんな感じ。
レシピは、ニューヨーク・タイムズからこちらの記事に載っています。
義母はこのレシピに忠実に作ったのですが、私は全部の材料を揃える
ことができなかったので、一部を変えて作ってみました。


ixqj_auto_d.jpg
材料の一部を写真に撮ったものです。
フェンネルという、香味の強い野菜(下の、ネギみたいなの)を使うんですが、
これがない場合は、味はその分レシピ通りにはならないものの、なくても
十分美味しくできると思うので、この野菜が手に入らないとこにお住いの方
も手に入る野菜で作ってみて下さい。長くなるのでレシピは続きへ
-- 続きを読む --

Posted on 16:30 [edit]

category: 野菜のおかず

tb: --   cm: 2

About Me

はじめての方へ

About the photos

カテゴリ

訪問ありがとう♪

参加ランキング

温度の換算表

リンクについて

最新コメント

訪問者Map

まずはここから

料理に関するリンク集

全記事(数)表示

月別アーカイブ

レシピブログ♪

メールフォーム

ネットでプチ稼ぎ♪

検索フォーム

QRコード