FC2ブログ

レシピ通りに作って失敗する例(ラズベリーチョコバー)


お菓子作りも慣れてくるとレシピを見ただけでその食感や仕上がり
具合が予想できるようになってくると思います。私はたまに自分で
レシピの配合を自分好みに変えるんですが、今日はレシピ通りに
作ってみて、思わぬ失敗をした例を参考までに紹介します。


参考にしたレシピはこちら→チョコレート・ラズベリー・バー

exps176_TH2026C39D.jpg


分量は (18cm四方の型)
クッキー部分
1 cup all-purpose flour (薄力粉でOK)
1/4 cup Domino®Pure Cane Powdered Sugar(粉砂糖)
1/4 cup butter
FILLING:(フィリング)
1/2 cup seedless raspberry jam
4 ounces cream cheese, softened(約110g)
2 tablespoons milk
1 cup vanilla or white chips, melted
GLAZE:(コーティング)
3/4 cup semisweet chocolate chips
2 tablespoons shortening (バターで可)

作り方
1)クッキー部分は、小麦粉と粉砂糖をシフトし、角切りのバターを入れ
カッターまたは手でぼろぼろになるまで混ぜます。レシピはここまでですが、
このままでは生地がまとめにくいので私はミルク大さじ2を加えました。
これをシートを敷いた型に入れて


a5 008

スプーンの背か手で型に押しつけ整えます。


a5 009

375F(190C)のオーブンで18分ほど焼きます。焼けたら、まだ
暖かいうちにラズベリージャム(イチゴでもOK)を表面に塗ります。

a5 010

フィリングを作ります。室温に戻したクリームチーズにミルクを加え
良く混ぜ、湯煎で溶かしたホワイトチップチョコ(日本ではホワイト
チョコでOKと思う)を加え、粒がなくなるまでよく混ぜます。
ホワイトチョコチップは

a5 011


こんな感じです。上記をジャムの上に流し込み、ジャム部分が
混ざらないようにうまく広げます。


a5 012


フィリングが固まるまで冷蔵庫に入れます。
コーティングのチョコを湯煎にかけ、バターを加えよく混ぜます。
私は少しゆるくするため、ヘビークリーム(生クリーム)を少量
加えました。これをフィリングの上に均等にかけて、

a5 016

チョコが固まる前にすばやくデコをします。


a5 017

冷蔵庫で固まるまで休ませて出来上がったのがこちらですが・・・


a6 001


ここからが本題。何が失敗したかというと、このフィリングが実は
ほとんど硬くならなかったんです。一晩冷蔵庫に入れてたんですが
固まりませんでした。で、下のクッキーとコーティングのチョコが
硬く、フィリングが柔過ぎたため、ナイフでカットするとフィリングが
外に出てしまいました。写真のバーは、はみ出たフィリングを
きれいにナイフでそぎ落としています。


この問題を解決するには
1)フィリングにお湯で溶いた小さじ2くらいのゼラチンを加える
2)チョコにヘビークリームを加える分量を多くしてチョコが硬くなる
のを防ぐ。こうするとフィリングとコーティングの硬さが均等になり
カットしやすくなる。

か、クッキー部分もスポンジケーキにして上記(1)と(2)を用いる
と、全体の硬さが均等になりもっとカットしやすくなる。

3段の固さを均等にすれば、カットしたときに中身が飛び出ること
はないと思います。3段の組み合わせのアイデアとしては面白いので、
うまく作ればユニークなデザートになるかと思います。


このレシピで学んだこと
レイヤーになっているデザートのレシピはカットするときに全体に
かかる圧力を考えないとだめですね~。この場合、ホワイトチョコと
クリームチーズだけでは固まらない、ということを知りました




にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ
にほんブログ村
今日も訪問ありがとう♪



関連記事