フルーツのCobbler・ベリーコブラーに挑戦

コブラーはアメリカ発祥のデザートだそうで、今日は胸をはってアメリカンなもの
を紹介できそうですね(笑)とはいえ、ここ数年日本の料理雑誌ではたまに登場して
いるようで、、ほとんどの方がご存じとは思いますが。

300px-Apple_cobbler.jpg kte3_auto_d.jpg
好みのフルーツと砂糖を混ぜ、上に小麦粉生地やスコーンなどをのせてオーブンで
焼くデザートです。写真は左:ウイキペディアより拝借、右はマーサ・スチュワートより

この季節、フルーツが旬なせいか、アメリカの雑誌によくレシピが登場します。
一度伯父宅で叔母が作ってくれたコブラーがバターの風味がきいてすごく美味しかった
んですが、似たような味になるだろうと想像できるレシピ、探しても探しても出てこない
んですよね。小麦粉ばかりだったり、クリームチーズと、混ぜただけのようなレシピばかり。

Cuisine@Homeという雑誌でついに「これは叔母の味に近づきそうかな?」と思えるレシピ
を発見したんですが、砂糖の量が多すぎるので、私流に量を変え材料を少し変えたりして
作ってみたものをご紹介します。

fqyv_auto_d.jpg
はは、本当はもっとフルーツの顔をのぞかせるはずが、生地をのせすぎてほとんどかぶって
しまいましたね。でも味はかなり叔母が作ってくれたものに近づいたと思います。

4brn_auto_d.jpg

材料(8インチ丸型2つ分できます)

A
イチゴ1パック
ブラックベリー 1パック(なければブルーベリーやラズベリーでも)
砂糖 1/4Cup
グランマニエ(洋酒)小さじ1~2
B
小麦粉 1Cup
ベーキングパウダー 小さじ1/2
塩 小さじ1/2
バター 1スティック(1/2Cup)
砂糖 3/4Cup(甘さ控えめにしたい方は2/3Cup)
卵2個
バニラエッセンス 小さじ1

作り方
(1)Aのベリーを小さく切って砂糖とグランマニエを混ぜ、パイ皿に入れておく。

May-14-2012 006

(2)Bの材料を混ぜ合わせる。柔らかくしたバターに砂糖、卵、バニラの順でよく混ぜて
粉類をさっと混ぜ合わせる。
(3)ベリーの上に生地をぽんぽんとのせて

pks2_auto_d.jpg
華氏350度に温めておいたオーブンで最初は中段で30分、上段に移して約20~30分
表面が少し焦げるように焼いて下さい。家庭によりオーブンのくせが違いますので、途中
なんどか覗いてみるといいと思います。

そのまま頂いてもよいのですが、

   tn5c_auto_d.jpg 
                     hjdq_auto_d.jpg

バニラアイスと合わせて食べると美味しい~です♪
フルーツは、基本お好みのものでいいのですが、このほかにピーチ類、ナシ、などが
合いそうですね。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
クリック有難うございます♪



関連記事

Comments 2

ちゃたろう

初めまして、ちゃたろうと申します。よろしくお願いします。
最近スコーン生地で煮たリンゴを挟んで焼くお菓子を作りました。
間違えて上にかぶせる生地を厚くしてしまい、ちょっと。。。
翌日温めてアイスクリームを添えたらとても美味しくなり家族に大好評でした。
そういえばコブラーというお菓子があるなと検索していて、こちらにたどりつきました。
前置きが長くて失礼しました^^外国のお菓子や料理に興味があります。
過去の記事もとても興味深く楽しいです。
お肉に関する記事も読み、いろいろ考えさせられました。日頃食べているものですが
安全性はもちろんのこと、動物の福祉も本当に必要だと思います。多くの人がもっと
考えなければいけないことだと思いました。

2017-11-26 (Sun) 20:53 | EDIT | REPLY |   

Mischa

ちゃたろうさん
コメントどうも有難うございます。私もちゃたろうさんのような読者さま
に出会えて嬉しいです。過去に書いた真面目なログも見て下さって
有難うございます。今まで当たり前と思って食べていた肉や卵や牛乳が
アメリカで生産の現実を知って、当たり前ではなくなってしまいました。
そろそろ、人類は、楽しむために食べる時代から、生きるために食べる時代へと
戻らなきゃいけないんじゃないかなとか、考えます。
感想聞かせて頂いて、私も書く甲斐があります。
こちらこそ、どうぞ宜しくお願い致します。

2017-11-27 (Mon) 18:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply