ニューイングランド・クラムチャウダー  


今日のメニューはバケーション日記の続きになります。
クラムチャウダーというと、全く異なる2通りのスープがあるんですが、

58423f11-f2e9-46be-ab92-7530fc0700d5.jpg manhanttan-clam-chowder-a.jpg
それぞれウエブから写真拝借

こういうクリーム系のものと、トマトベース。
クリーム系の方がニューイングランド・クラムチャウダーと呼ばれ、先の
旅日記(その①その②)で訪れたような東海岸地域の名物料理ですね。
トマトベースの方はマンハッタン・クラムチャウダーというんですが、
これはまだ近所ではお目にかかったことがありません。名前の通り、
マンハッタンまで行かないとないんでしょうかね(笑)

さて、今回のバケーションでは、お友達夫妻と一緒だったので、レストラン
では出た料理の写真は撮ってないんです。この「レストランで料理の写真
と撮る」という行為はいかにも日本女性の行動なんですよね
ニューイングランド・クラムチャウダーは私の大好物なので当然オーダー
したんですが、友達の手前ちょっと恥ずかしかったので写真はなし。
とはいえ、以前も載せたスープと外見はほぼ同じです。

ekr4_auto_d.jpg

こんな感じ。特徴としては、とろみがきいててドロっとしたスープでしたが、
店によっては、一番上の左の写真みたいに、ミルクそのまま、みたいな
ゆる~いスープのもあります。私個人的には、ドロドロしてる方が好きです。
私が住んでるNY州ではカフェやデリ、ダイナーでもたまに見かけるこのスープ、
レシピを検索すると、これまた色んなパタンのものが出てきます。
そんな中、一番オーソドックスな感じの物をデモビデオつきで見つけたので
リンクしますね。

クリック→ニューイングランド・クラムチャウダー
フードネットワークの有名シェフによるデモですが、見るだけで大体
のポイントが良く分ります。最初にCMが流れます。
彼女のレシピを見ると、材料にどのくらいの貝の煮汁を入れるのか
具体的に書かれてないし、その煮汁プラス3カップの液体(ミルクと
クリーム)をわずか大さじ3杯の小麦粉だけで、あんなにブロスを
ドロドロさせることが出来るのか?と疑問に思いました。


私が普段作っているクラムチャウダーはこんな感じ。

82s9_auto_d.jpg suks_auto_d.jpg

おおまかな材料は、約2人分で

クラム(1缶分)と、その煮汁

clams.jpg
アメリカでは(でも?)シーフードはすごく高いので、缶ですませます
これに、
ベーコン 2枚(小さめサイズにカット)
玉ねぎ  中サイズ1/2個 (1cm角切り)
じゃがいも 大1個 (中サイズ乱切り)
小麦粉 約1/4Cup
ホールミルク(濃い目の牛乳) 2Cup
チキンストック   1Cup
生クリーム  1/4Cupほど
塩コショウ

え?シーフードにチキンストックいれちゃうの?と言われそうですが、
これが意外に美味しかったのです。
作り方は、ビデオとほぼ同じ。フライパンに油を少しひき、ベーコンを
炒め、少し焦げ目がついたら玉ねぎを入れ、小麦粉を入れてよく混ぜ、
チャウダーの缶のスープを入れとろみを出す。クラム、ミルク、ストックを
入れ少し煮たってからじゃがいもを加え、じゃがいもが煮え過ぎないところで
クリームを入れ、塩コショウで味をととのえます。

日本でふつうに作るクリームシチューとはまた違った味合いをどうぞ。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
ランキングへのクリックもどうぞ宜しく♪



関連記事

Posted on 11:48 [edit]

category: カフェやデリのスープ

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

About Me

はじめての方へ

About the photos

カテゴリ

訪問ありがとう♪

参加ランキング

温度の換算表

リンクについて

最新コメント

訪問者Map

まずはここから

料理に関するリンク集

全記事(数)表示

月別アーカイブ

レシピブログ♪

メールフォーム

ネットでプチ稼ぎ♪

検索フォーム

QRコード