自家製パン粉♪  


いまどき料理ブログを見るような方なら、パン粉くらい自宅で作ってる人も
多いと思いますが、私の場合アメリカへ来てから手作りするようになりました。
アメリカでも日本のパン粉はそのまま「PANKO」として広く普及しています。
日本のパン粉はアメリカのパンの粉、Bread Crumbsよりもかなり粒が大きい
ので、おそらく日本語のまま「PANKO」と呼ばれてるんだと思います。

panko.jpg
ちなみにアメリカのBread Crumbsはどんな感じかというと・・・↓

thumb2.jpg thumb1.jpg
こういう筒型のパッケージで売られていることが多いですが、中身は

10400680_pic2_lg.jpg 10400680_SU9IBA_md.jpg

パン粉と違って粒がとても細かいです。
やはり日本のパン粉が使いたいのですが、近所のスーパーにあるナショナル
ブランドのパン粉はアジアンマーケットの日本の輸入品より割高なんです。
わざわざ遠くのアジアンまで行くのが面倒で、自家製パン粉を作るように
なったんですが、以前は凍らせたパンの切れはしをフードプロセッサーに
かけただけで使ってました。
でもなんだか水っぽい。しなしな~なパン粉を使ってたんですが、最近に
なってやっと「そうだ、トーストすればいいのか」と思いつき(なんと鈍感・・
やっと市販のようなパン粉を作ることができました

9h5o_man_844_d.jpg

自分で作った自家製食パンの両端を主に使っているので、ちょっと色が
濃いです。トースターの華氏250Fで約4分加熱しました。いい具合に
水分が飛んでパリパリ

az2l_auto_d.jpg

これでチキンカツを作ってみたけど、お店のパン粉を使ったカツとほぼ
同じ出来栄えになりました。自家製食パンだと合成保存料もなくて健康的だし、
またパン粉代も浮いて一石二鳥~ 
これからも食パンの余りは捨てずにパン粉にしようと思います。
パンの切れはしの別の応用はこちらへ(ブラウンシュガーを柔らかく保つ)


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
応援のクリック有難うございます。

関連記事

Posted on 10:49 [edit]

category: ちょっとしたテクニック

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

About Me

はじめての方へ

About the photos

カテゴリ

訪問ありがとう♪

参加ランキング

温度の換算表

リンクについて

最新コメント

訪問者Map

まずはここから

料理に関するリンク集

全記事(数)表示

月別アーカイブ

レシピブログ♪

メールフォーム

ネットでプチ稼ぎ♪

検索フォーム

QRコード