調理台の使い比べ 「ガスか電気か?」  


日本では調理は昔からガスが主流だったのに、最近はIHクッキングヒーター
とか電気が普及し始めて数年たちますね。アメリカは可笑しなことに
その逆で、電気が主流だったのにここ数年は一般人の間でガス調理台の
人気がうなぎ登りなんです。


cooking 014
これは友人の家の「シェフ仕様ガス台」


その理由は、アメリカ版「料理の鉄人」が2005年からテレビ放送されて以来、
今では知らない人はいない程の人気番組になったんですが、その番組で
これまた人気者になった有名シェフたちがガス台で華麗に調理するのを
一般人が見て憧れたからじゃないかなと思います。
ガスの方がカンペキな料理をするのに向いていることに多くのアメリカ人が
やっと気付いたって感じ?


一昔前まえでのアメリカの一般的な調理台といえば、やはりこれ。

c0198468_4583285.jpg

これは私が結婚して最初に住んだ主人の家の調理台です。
前の料理ブログで使った写真の使いまわしなので、写真に→が入ってますが
気にしないで下さい
この、電気のコイルがぐるぐる回ってるタイプ。今では新製品としては
あまり見かけなくなりました。築20~30年以上の古い家を中古で買うと
今でもこの調理台のとこが多いと思います(アメリカではキッチン家電込み
で家を販売する例が多いです)。

ところで、去年家を新築した時、キッチン家電は自分たちで選ぶことが
できたんですが、私が迷わず選んだのは・・・


bmq1_auto_d.jpg niw4_auto_d.jpg

この「ガラストップ・ストーブ」と呼ばれるタイプ。日本のIH式というのと
ほぼ同じ作りじゃないかと思いますが、これは上段に小サイズのバーナー
2つとその真ん中に保温が一つ、下段が大中サイズのバーナーが一つづつ
のタイプ。(写真の上でクリックで拡大できます)

料理が好きな人なら迷わずガスを選ぶんじゃないの?と思いますよね。
ガスは万能ですが、日本で何年もガス台を使ってきて、ふきこぼれ、油汚れ
の掃除をするのはもううんざりしてたんです。上のコイル式の電気の時も、
やっぱりガス同様、溝おち部分のふきこぼれや油しみの掃除が大変でした。
その点、ガラストップは

手入れが楽~

もう死ぬほど楽~って感じ
うちは料理は週に最低でも5日はするので、毎日の手入れの事を考えると、
ガスの魅力がこの楽さに勝る事がありませんでした。
とはいえ、やはり調理上の欠点は、結構大きいです。

これだと、中華鍋は使えないんですよね。
平らな底が少しある中華鍋でなんとか使える感じ。
あと、スイッチ入れてからフライパンが十分に熱するまでに時間がかかるので、
待ってる間に他の事をしてると今度は熱くなりすぎて冷まさなければいけなく
なったりする不便さもあります。

もう一つの大きな欠点は、たまにスイッチを消し忘れること。
低温にするとバーナーの色が見えなくなるので、点火ランプのみでの判断
になるんですが、やはり火が見えないと、ついうっかり消し忘れます。
料理そのものは、以上の欠点を踏まえても、中華鍋を使わなければガスと
ほぼ同じように天ぷらやフライも料理できてると思います。
次に調理台を新調するとしたらどっちを選ぶかって?微妙ですね~。
料理の微妙な出来栄えよりも家事を楽にすることを考えると、やっぱり
ガラストップをまた選ぶかなあ。。。

おまけは、最初に出た友人宅のビルトイン・ダブル・オーブン。

qxc4_auto_d.jpg

うちは感謝祭やクリスマスホリデーに大家族が集まるわけでもないので、
オーブンは一つで十分なんだけど、このくらいの小さめのビルトイン・オーブン
が欲しいですねぇ。私の調理台のオーブン、でかすぎるし、その下にある
ストレージの引き出しも非常に開け閉めがしにくいんですよ。
日本の製品は、その点カンペキなものが多くていいですよね。


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
これから調理台を買う人のヒントになれば幸いです♪

関連記事

Posted on 14:06 [edit]

category: 調理器具・キッチン・他

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

About Me

はじめての方へ

About the photos

カテゴリ

訪問ありがとう♪

参加ランキング

温度の換算表

リンクについて

最新コメント

訪問者Map

まずはここから

料理に関するリンク集

全記事(数)表示

月別アーカイブ

レシピブログ♪

メールフォーム

ネットでプチ稼ぎ♪

検索フォーム

QRコード