アペタイザー2種:ミニドッグとベイビーキッシュ  

サンクスギビング(こちら)のディナーに持って行ったアペタイザー(前菜)の
続きです。

5nw2_man_864_d.jpg
長くなるので続きは↓へ

ミニドッグの作り方
(出来上がりの本数はウインナーの大きさによりますが私のは約30~40個)

(1)パン生地は一斤分用意します。基本のパン生地(こちら)を使用。
ミニウインナーはざっと茹でて水気を切っておく。

ibn5_auto_d.jpg(2)パンの1次発酵が終わったら、
ウインナーを巻くのにちょうどいい
大きさに生地を切って、くるくると
2重くらいに巻いてしっかり閉じる。
発酵は既に始まっているので、
この作業は手早く終わらせます。



dsur_auto_d.jpg全部並べたらラップをかけて
10分ほどベンチタイムを取る。
暖かい場所で30分ほど2次発酵
させる。


361q_auto_d.jpg(3)生地が約2倍に膨らんだら
卵の黄身を表面にはけで塗って、
350F(180C)に温めておいた
オーブンで約15分焼く。

fpli_auto_d.jpg vswz_auto_d.jpg
アメリカではホットドックが大人気ですね。
あっというまになくなりました。マスタードを添えて出します。

ベイビーキッシュの作り方
(直径が約5cm、深さ2cmのミニケーキ12個型使用で24個分)

db57_auto_d.jpg

材料
パイ生地部分
薄力粉 200g
白砂糖 1tsp
塩   1/2tsp
バター(有塩でOK) 80g
卵   1個
水   1tbsp
フィリング
玉ねぎ 1個
ベーコン 2枚
マッシュルーム (細かく刻んで)約2Cup
塩コショウ
卵液部分(12個分につき)
卵  1個
生クリーム 2tbsp
塩 2~3振り

作り方
(1)冷蔵庫でよく冷やしたバターをさいころ状に切って浅いボウルの中
で小麦粉その他と混ぜ、ヘラで切りながら混ぜ、両手ですりこむように生地を
ぽろぽろにする。(この作業に時間をかけられない場合はフードプロセッサ
でガーっとやっても構いません)
(2)卵を落とし生地をささっと混ぜ、水を入れて全体がなじむように
生地をまとめていき、最後に少しこねて丸めてラップで包み冷蔵庫で
1時間ほど休ませる。
(3)その間、フィリングを作る。材料を全部細かく切ってオリーブ油
で半分くらいになるまでよく炒める。塩コショウで味を調える。
(4)パイ生地をうすーく延ばして、直径6cmほどの型ぬきでぬいて

65o4_auto_d.jpg

バターを塗っておいた型に、なじむように入れていきます。
(5)12個分生地を敷いたら350Fに温めておいたオーブンで13~
15分ほど焼いて
(16)オーブンから出してフィリングを入れ、溶いた卵液をスプーン
で流し込んでいく。この時液が生地の下に流れ込んでも焼いてしまうと
馴染んで美味しいので心配しないで下さい。
(6)トップに刻みパセリをのせて350Fで温めておいたオーブンで
さらに15分焼く。
(7)型が1個しかない場合は、この作業をあと1回繰り返す。

unph_auto_d_20121125142610.jpg uuke_auto_d.jpg
ナイフを端に入れると簡単に取り出せます。

こういう風にオーブンで焼いて仕上げる料理は、翌日の方が塩味がよく
馴染んで美味しいですねぇ。パイ部分がパリパリするわけでもないので
パーティに出す場合は前日に作っておいて、出す時に軽くオーブンで
温めなおした方が出来たてよりいいんじゃないかと思います。
私の個人的好みなんですが

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村ランキングへ移動
いつも応援有難うございます。

関連記事

Posted on 23:37 [edit]

category: 前菜/おつまみ/スナック

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

About Me

はじめての方へ

About the photos

カテゴリ

訪問ありがとう♪

参加ランキング

温度の換算表

リンクについて

最新コメント

訪問者Map

まずはここから

料理に関するリンク集

全記事(数)表示

月別アーカイブ

レシピブログ♪

メールフォーム

ネットでプチ稼ぎ♪

検索フォーム

QRコード