アーモンド・スノーボールズ(クリスマスのクッキー)

この1カ月多忙が続いて、作ってもすぐタイムリーに更新できなかった
もんですから、今頃?なほど季節はずれな話題になってしまいました。
これ、料理雑誌のクリスマス・クッキー特集にいつも出てくるアメリカ
では定番のホリディクッキーです。(ホリデー限定という訳ではありません)

gx1m_auto_d.jpg

お正月の鏡餅?
ちゃいまんがな、一応「雪玉」クッキーです
一個当たりの量が多すぎて、お餅みたいな形になってしまっただけです(笑)
こういうの、別名「ロシアン・ティークッキー」とも言うそうですね。
(例えば→こんな感じとかこんな感じ。どれも似たようなレシピだな)
基本、ナッツと通常のクッキー生地を合わせて作るんですけど、材料も
くるみやピーカン、ココナッツ、シナモンやナツメグなど色んなバージョン
があります。


今回はアーモンドで作ってみました。

ci06_auto_d.jpg

材料
A
バター 12tbsp(バター1スティックが8なので1本と4tbsp)
*これは約165gです。私のは健康のためバター1本とキャノーラ油
4tbspで代用し作っています。
砂糖 1/2Cup
卵(Lサイズ) 1個
アーモンドエッセンス 1/4tsp
B
小麦粉 2Cup
アーモンドプードル(私のは皮つきの粗引き)1Cup
粉砂糖(適量)

作り方
大きめのボウルに材料Aを柔らかくしたバター、砂糖、卵、エッセンスを
各自よく混ぜながら順次加えていき、なめらかにする。もったりしたところで
小麦粉とアーモンドを入れ、なじむまでさっくりと混ぜ、冷蔵庫で30分ほど
休ませる。

w8lh_auto_d.jpg

丸めた時に1個当たりが直径3cmくらいになるように取り出していき、
最後に天版に手で丸めていく。
アメリカでは写真のような(肝心なとこがボケてますが)底のオレンジの
部分をちょんと押してやると中身が出るようなクッキー用のスプーンが
売ってあります。これを使うと便利なんですが、これを使うと1個当たり
の量がかなりのものになりますね(で、結果が鏡餅

天版に間を開けて並べ、350Fに熱しておいたオーブンで15分ほど焼く。
(私のは大きくなってしまったので20分焼いてます)
追記:更新直後350Cと書き間違えていました。摂氏だと180Cです。
最初に見た方、申し訳ありませんでした。


upmq_auto_d.jpg

焼きあがりの色。表面が焦げないよう、様子を見ながら焼いて下さい。
黒くなると「雪玉」のようになりませぬ(笑)
オーブンが小さくて早く焼き色が付く場合はアルミで調節して下さい。
焼けたら十分に冷まして、冷たくなったらポリ袋に粉砂糖を大さじ1~2杯
入れて、クッキーを入れて空気を入れ、しっかり口を閉じて上下に振って
全体に砂糖をまぶしつける。
皿に盛る場合は、粉雪が降ったように、少し粉砂糖を茶漉しで振って
仕上げます。アメリカでは手作りのクッキーをクリスマスギフトにする人
も多いですが、きれいにラッピングしてあげると喜ばれそうですね。
もっとサクサクして口の中でとけるような食感をお好みの方は、こちら
ロシアン・ティクッキーのレシピへ


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

関連記事

Comments 5

yoyo

こんにちは、ミーシャさん。はじまりの写真を見て「すごい大きなクッキー、さすがアメリカン」と思いましたが、作り方を見たらそんなにビッグではないんですね。ホッとしました。白いおはぎみたいです。笑
便利なスプーンがあるものですね。でも初めて見たら何に使うの?って感じでしょうね。
オーブンの温度が350℃ってすごい!やっぱりアメリカンですね!

2012-12-30 (Sun) 06:41 | EDIT | REPLY |   

Mischa

yoyoさん

わわわっ ご指摘有難うございました。350Cなわけありませんよね、350F華氏の間違いでした(ジョークで教えてくれるとこがお優しい 笑)

そう、クッキーは重曹などの膨張剤を入れなくても焼くと膨らむという計算をせずにかたどったんですよ。約1.5倍になりアチャーと思ったけど手遅れ。全くお雑煮に入れる市販のお餅ですな(おはぎはデカ過ぎでしょ・・・笑)
次回はこの1/2の量でリベンジしたいと思います^^

2012-12-30 (Sun) 11:18 | EDIT | REPLY |   

yoyo

mischaさん、私まじめに350℃なのかと思っちゃいましたよ・・ただ「c」に「℃」マルがついてないので、おかしいなとは思ったんですけど。
「焦げそうになったらアルミで調節」とあったんで、すごい高温で焼くんだなって。
でもよく考えたら15分も焼いたら炭になっちゃいますよね・・

すぐにうちのオーブンも確かめに行っちゃいましたから。270℃までありました♪
アメリカには強力なオーブンがあるんだなって。私もバカですよね。笑
そういえば左のスペースに温度の換算表がありますね。
お互い気がついて良かったです。へへ・・

2012-12-30 (Sun) 18:21 | EDIT | REPLY |   

Mischa

yoyoさん

350℃の件、実はマジなのか指摘なのか迷ったのですがYoyoさんの職業柄、マジじゃなかろうと・・^^;
Cに○を付けるには簡単に変換すればいいのかと今気が付きました(笑)こちらのご指摘も有難うございます(苦笑)
ところでアメリカに移住直後、一度華氏オーブンを摂氏のつもりで熱して、「なんかぬるいな。全然焦げ目がつかない」と思った事があります。もうそんな間抜けな間違いはさすがにしませんが^^
ところでアメリカのスターシェフの誰かが、クッキーは小さいほど高熱でわずか5分ほどで焼き上げるとサクサク度が増して美味しく出来ると雑誌でアドバイスしていました。プロの菓子職人の技なんでしょうか。
次回は2cmくらいのスノーボールで試してみようと思います。

2012-12-30 (Sun) 21:17 | EDIT | REPLY |   

学歴

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。

2013-02-04 (Mon) 00:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply