St Patrick's Dayのアイリッシュ・ディナー  

今日はセント・パトリックス・ディです。ここアメリカのNY州でも、2週間ほど前
からスーパーへ行くと、それに関連した緑の着色をしたケーキや花、アイリッシュ
ソーダブレッドなどが店頭に並んでいます。

201003182226352ca.jpg 20100318222650ae7.jpg 2010031822270068e.jpg 


 ここに貼った緑のカーネーション、ケーキ
 カップケーキの写真は2010年のものなので、
 買出しに行ったら写真を撮って差し替えようと
 思ったんですが、当日の今日、すでに関連商品
 は何も置いてありませんでした
 撤去早すぎ・・・・


リンク先のウイキぺディアを読むとわかるように、アメリカにおけるこの祝日
は盛大なもので、場合によってはエキサイトしすぎて逮捕者が出る事も
アメリカにおけるヨーロッパを先祖とした白人系人口の中では、なぜかイタリアと
アイルランドが一番、先祖や民族の誇りに大げさなほどに固持して(誇示して、
とも言えます)いる印象があります。互いの結束も固いように見えますが、なぜ
アイルランド人とイタリア人が特にそうなんだろうかといつも思うんですよね~。
アイルランド系が多いニューイングランド地方に住んでいるので特にそう思うのかもしれません。

さて、セントパトリックディの伝統的かつ有名な食事と言えば、コーンビーフ&
キャベツだそうで、このメニューはあちこちで見かけます。ウイキにもそのように
記されてますね。そこでCorned Beef & Cabbageと検索すると、たくさん
出てきますよ、レシピが。今夜は私もこれに近い物を作ろうと思っています。
この「キャベツ」をどう調理するのかが知りたかったんですが、レシピによっては
炒めたり、ポットローストやブレイズ(煮込み)にぶっこんだりと、色々ありました。
私のイメージとしては、やはりビーフと一緒に煮込む感じかなあ(写真左)

372809.jpg CC_tyler-florence-corned-beef-and-cabbage-recipe_s4x3_lg.jpg
レシピのリンクはこちら            これはこちらへ

ちなみにアメリカで売っている「コーンビーフ」が元はどんな形なのか実際に見て
みたい方は、こちらのビデオでも見れますが、ハムのように加工してある塊り
のような感じですね。
さて我が家では、主人に「コーンビーフぅ~?」(それはやだ、な響き)と言われ、
プラス、義母が急きょディナーを一緒にする事になったので、比較的短時間で
作れるポットローストにメニューを変更しました(あしからず・・・

st patrick 029 (1024x768)

材料は、今回は少し脂身の筋が多い部分のビーフを使いました。玉ねぎは
シチュー用の小さいものに、人参と、じゃがいもはイエローポテトという品種です。
あとにんにく1個。ビーフに塩コショウし、フライパンで表面を焦がし焼き、ビーフ
ストック1缶、ウスターソース1tsp、白ワイン1tbspほど、ビーフコンソメ1個、
それに今回は隠し味として日本産(沖縄とか)の黒砂糖(1cm角ほど)を
一つまみ入れています。ビーフが出来たら別皿に取りだし、煮詰まって半分ほど
になった煮汁に溶かしたコーンスターチを入れ、とろみをつけてグレービーを
作ります。

この黒砂糖の効果がきいたのか、美食家の義母に「ん、このグレービーは
美味しい。どうやって作ったの?」と栄えある(笑)質問を頂きました
甘くなってもいけないけど、分からない程度に入れると、すごくコクがでますね!
ちなみにビーフがとろけるほど柔らかくなるまでには3~3時間半の煮込み時間
を要します。野菜は形がくずれないよう、煮込んで45分~1時間ほどで取り
出しています。

st patrick 028 (640x480)

添えているグリーンビーンズは同じ味では面白くなかろうと思い、別途フライパンで
弱火でじっくり炒め、塩コショウ、バルサミコ酢、はちみつで味付けしています。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらの応援も宜しく~♪
関連記事

Posted on 11:45 [edit]

category: UK・ヨーロッパ

tb: --   cm: 3

コメント

Mischaさん、こんにちは♪ドラマ楽しんでますか?^^そりゃ、コーンビーフぅ~ですよ〜。あ、ビデオ見ようとしたら、見つけられないという表示が出ました。。
ポットローストって美味しそうですよね♪でもなんつー大きさ。ホントフライパンから溢れてるし。
あんな大きな物作ったら、うちじゃ4〜5日がかりかも。
最近妻がもう肉は食べないとか言い出して。これから肉料理は私だけのためということになりそうです。(--;)

話は変わりますが、最近世界的にサメも少なくなってきていて、乱獲禁止になってきたそうです。なんでもアジアで消費するフカヒレのためにほとんど殺されてるみたいで。クジラもマグロもイルカも、みんなほとんど日本や中国のためにですからね。
それを聞くとちょっと日本も恥ずかしいです。
NYは春らしくなってきましたか?(^^)/

URL | yoyo #-
2013/03/19 17:56 | edit

yoyoさん
実はドラマもクライマックスを過ぎて、1日3話ペースで視聴していたのを(見過ぎ?)
スローダウンして余裕ができたのでYoyoさんとこ見に行ってコメント書いたんですよ。
送信ボタン押したら「不正なコメントと判断しました」とエラーが出て(笑)禁止ワード
があるのか、色々書き変えたりしたんですが結局送れませんでした(涙)
今私が視聴してるサイトは中国のもので、全部無料なんです。今は91年放送の「太平記」
(真田広之のファンです♥)40話まで来ました~。
http://v.youku.com/v_show/id_XMjMyMDI3ODY0.html
リンクは40話めのですが、ここのサイトで見たいドラマのタイトルを検索してみて下さい。
中には中国本土でしか視聴できないものもあります。

うちも肉はあんまり食べないですね~。主人が高血圧&高コレステなので特にビーフなど
赤身はせいぜい週に1回位。できるだけ魚かチキンをたんぱく質源にしてますよ。
フランスは動物愛護によるベジタリアンって多そうな気がする。

フカヒレとかね~クジラの肉・・・私は全然興味がないですねえ。おっしゃるように、
これらの乱獲がアジア向けというのは悲しい現実です。でも逆に欧米では動物の狩りが
合法な遊びとして認められている(動物によりますが)のも大きな矛盾ですよね。
アメリカに「的として討ち落として楽しむ」ためのキジが養殖されてる場所があったり
するのにクジラが可哀そうと非難するのも変だと感じます。(狩りは動物を殺して楽しむ
というその神経が理解できません!)

うちはここ、昨日大雪でしたよ。久々に雪かきしました。これが今年見おさめの雪と
思います。フランスは写真拝見するともうそこまで春が来てそうですね。

URL | Mischa #vK9fbjOE
2013/03/20 07:55 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2013/03/20 17:22 | edit

コメントの投稿

Secret

About Me

はじめての方へ

About the photos

カテゴリ

訪問ありがとう♪

参加ランキング

温度の換算表

リンクについて

最新コメント

訪問者Map

まずはここから

料理に関するリンク集

全記事(数)表示

月別アーカイブ

レシピブログ♪

メールフォーム

ネットでプチ稼ぎ♪

検索フォーム

QRコード