コーンミール・ベーコンビスケット  

日曜日に早速映画(こちらで紹介)を観てきました。あんなに満席の映画館は
アメリカで初めて体験しましたが、去年のコロラド州での映画館襲撃事件(銃の乱射
無差別殺人)がちらっと頭に浮かんで緊張しました。主人も同じ事考えたよう。


imtu_auto_d.jpg

それにしても、映画はオールロケ@地元だったらしく、近所のダイナー(食堂)や警察署、
教会、墓地、色んな場所がスクリーンに登場してかなり面白かったです。
実際にはゴミが多くて(アメリカはどこもゴミが多い)片田舎のしょぼい所なんですが、
素敵な音楽やハンサムな俳優達が演出すると何だか凄くいい場所のように見えました
実在の場所や人物の名前をそのまま使っていたようですが、話はもちろんフィクション。
ストーリーの中で警察官の汚職が出てくるんですが、実在のそこの警察にも過去に
汚職事件があったそうで。。こういうのがまかり通るアメリカってやっぱり面白い。
そうそう、ポスターの写真下半分は、うちから割と近くの交差点の光景でした(笑)

さて、レシピは午前中の食事(朝食、ブランチ、ランチ)にも、夕食で何かあと1品
足したいときにも使えそうな、Savory(甘くない、おかず味の)なビスケット(イギリス
ではスコーン)をご紹介します。

材料(直径18cm位の丸生地を4等分)
A
小麦粉  50g
コーンミール(細かい粒子のコーン) 45g
ベーキングパウダー  1/2tsp
ベーキングソーダ  1/4tsp
バター 2tbsp (角切りしてしばらく冷凍保存)
B
ベーコン 1枚(カリカリに焼いて油をふき取り細かくカット)
オプションで、好みのハーブ(オレガノ、タイム、バジル、ディルなど)
ミルク  1/3Cup弱(カップの5mm下位までがGood)

plwo_auto_d.jpg
中を割ったところ

作り方
Aの材料をフードプロセッサーにかけ粉状になったら、ミルク以外のBを入れてささっと
ひと混ぜする。浅目のボールに移し入れ、ミルクをざっと回し入れ軽くひとまとめにしたら、
打ち粉をふった台に置いて、3~4回軽くこねて丸くまとめる(ビスケットの捏ね方は
こちらまたはビデオを参照方)。水分が多いなと感じる時は、打ち粉を増やして重ねて
いきます。これはコーンミールが入っていて高く膨らまないので、そのまま三角になる
よう4等分して450F度(230C度)に熱しておいたオーブンで12~13分焼く。
通常の丸いビスケットにしたい方は、コーンミールの配合を減らし、その分小麦粉を
増やして下さい。

さて、例の映画。単なる犯罪ものではなく、人の良心の問題や、親子の切れない因縁
とか、深いメッセージが込められたいい映画だったと思います。公開されたらぜひ観て
みて下さい。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村こちらもどうぞ宜しく

関連記事

Posted on 10:31 [edit]

category: 簡単ブレッド・スコーン・ビスケット

tb: --   cm: 2

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2013/04/16 13:30 | edit

鍵コメ@4/16さま
こんにちは、メールしようと思いつつもいつもの筆不精がたたってそのままにしてます^^;
ぜひ、映画観てみて下さい!そちらのお国ではDVDは英語の字幕も選べるんでしょうか?
あ、そっか。英語じゃなくていいんだ(^^)
はい、また大量殺人を狙った事件(テロと解釈されてるようですが)が起きてしまいました。
ボストンはマサチューセッツ州なので近くはないんですが、知人が数人いるので昨夜は
夫と手分けして安否を確認しましたよ。どこにいても安全ではなさそうです、やれやれ。
お気遣い有難うございます。

ところでアメリカでは、こういう三角の、通常は甘いおやつ用をスコーン、丸いプレーン
やSavoryタイプで食事用をビスケットと呼んでるみたいですね。イギリスでは私はスコーン
はクリームティとして、お茶菓子にクリームとジャムをのせて食すものしか体験しませんでした。
英米語の使いわけは、アメリカ人にとってもややこしいようです。

URL | Mischa #-
2013/04/16 14:37 | edit

コメントの投稿

Secret

About Me

はじめての方へ

About the photos

カテゴリ

訪問ありがとう♪

参加ランキング

温度の換算表

リンクについて

最新コメント

訪問者Map

まずはここから

料理に関するリンク集

全記事(数)表示

月別アーカイブ

レシピブログ♪

メールフォーム

ネットでプチ稼ぎ♪

検索フォーム

QRコード