アンティパスト・パスタサラダ  



今日はアメリカのスーパーやカフェのデリとかポットラックでよく見かける定番の
サラダをご紹介します。このアンティパスト(antipasto)というのはリンクに飛んで
頂けると分かるように、イタリア料理の前菜とありますね。

いろいろ 058

まだ日本語版が出来てないようなので説明しますと、主にハムやサラミなどの
加工肉や、オリーブの実、チーズ、アーティチョークなどをさすそうです。ちなみに
アーティチョークの缶詰も今は日本でも買えるんですねえ。最安値のサイトを
リンクにしたので見て見て下さい。アマゾンでも600円だって、高っ。私が使った
瓶入りのは最安値で1ドル50セントくらいでした(アメリカでも3ドル位はします)。

さてこちらのイメージ画像を見て頂くと大体分かるように、これに使うパスタの
主流はよりよりしたスパイラル系のものですね。(たくさん見てると何かを想像して
気持ち
悪くなる・・・)好みでいいと思いますが、在米の方はTri color Rotini,
Rotelle, Fusilli, Gemelliあたりを探して下さい。

私が使った材料が見えるように拡大します。
いろいろ 056

材料(パスタ部分。約2~3人分) 
 パスタ 約3/4~1Cup     きゅうり 1本      トマト 小1個    赤玉ねぎ  1/4個
 サラミ(私のはCooked)またはペパロニ  2~3枚  アーティチョーク 缶の1/3くらい
 オリーブの実 好みで適量   モッツアレラチーズ 好みで適量   オレガノ 少々


ドレッシングは色々見てますと、これまたビネガーの部分が色々なんですが、定番は
赤ワインビネガーのようです。また「甘酸っぱく」作るのがこのサラダの特徴とあった
ので、それに従いいつもよりビネガーと砂糖を多めにして作ってみました。
ドレッシング 
 エクストラバージンオリーブオイル  5tbsp
 赤ワインビネガー  2tbsp 
 砂糖   1と1/4tsp
 塩    1/2tsp弱 (好みでアンチョビーのペーストを加える場合塩は少し減らす)
 コショウ   少々
 にんにく(みじん切り)  1/2tsp    


作り方
ドレッシングを先に作ってニンニクの風味を効かせておきます。パスタはアルデンテで
茹で、ざっと水洗いしボウルへうつす。きゅうりは全体に塩をふってまな板の上でゴロ
ゴロして完全に塩が馴染んでから(10分後くらい)スライスし、他の材料もカットしておく。
もしオリーブやチーズをオリーブバーで買った場合は完全にオイルを切らずに、そのまま
入れたほうが美味しいかと思います。
ドレッシングは全部使う必要ないです。材料と混ぜながら味を見て使う量を決めて下さい。
イタリア系の加工肉が手に入らない場合は、ローストハムで代用して「なんちゃって
アンティパスト」にしてもいいんじゃないですかね。本格的な材料が揃わず作る気が
うせるような時、私はなんちゃってな材料でも楽しんでやってます(笑)。
(注)プロのシェフはソースをからめやすくするため茹でたパスタを洗ってはいけないと言う
と思いますが、サラダにする時私は個人的にパスタの「ぬめり」を取るためざっと水洗いし
完全に水気を切ってからサラダにしています。この辺りはお好みでどうぞ。


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村更新ない時でも応援のクリック感謝しています!

関連記事

Posted on 11:03 [edit]

category: 色々なサラダ

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

About Me

はじめての方へ

About the photos

カテゴリ

訪問ありがとう♪

参加ランキング

温度の換算表

リンクについて

最新コメント

訪問者Map

まずはここから

料理に関するリンク集

全記事(数)表示

月別アーカイブ

レシピブログ♪

メールフォーム

ネットでプチ稼ぎ♪

検索フォーム

QRコード