さくさくナッツチョコクッキー  

エキサイト・ブログからの移動記事です。

アメリカンな、というわけではないのですが、私が好きで
時間がない時によく作るクッキーです。


6g99_auto_d.jpg


材料

(約20cm × 20cmの天板 1枚分)
薄力粉(all purpose flour) 160g
無塩バター(unsalted butter)110g (1 Stick)
砂糖(Sugar)   90g
卵黄(yellow york) 1個 (1)
べーキングパウダー(baking powder) 小さじ1(1tsp)
チョコレート (chocolate chip) 1/3Cup
くるみ 又は ピーカンナッツ  各カップ1/2ほど
(Nuts)1/3Cup

(1)バターは室温で柔らかくし、木べラでクリーム状になるまで煉る
Cream butter and sugar until fluffy.
(2)砂糖(粉砂糖がよい)を加えて、さらによく混ぜクリーム状になったらOK
(3)卵黄を加えさらによく混ぜる
Add yellow york and stir well
(4)チョコレートとナッツは食べよい大きさにカットし、上記に混ぜる
Add chopped nuts and chocolate chips
(5)ベーキングパウダーと薄力粉をふるい、上記によく混ぜる
Shift flower and baking powder, beat into the cream mixture.
(6)天板にクッキングシートを敷いて、ヘラなどでまんべんなく広げる
Spread over in a 11"X8"(or 8"X8")pan and bake at 350F 15-20 min.



c0198468_2325664.jpg



このさい、形はキレイじゃなくていいですよ~。私はいつもこの辺は
適当です(笑)。少しナイフで切り目をつけてから、180C(350F)に
熱しておいたオーブンで15分ほど焼く。
途中、焼き色を確認してみて下さい。(350Fは、華氏350度です。)
薄力粉は、アメリカでは All purposeでOKです。


焼けたら、すぐにシートから出さずに、必ず20分ほどおいて冷まして下さい。
冷ましてから出さないと、生地がまだ柔らかいので、割れてしまいます。



コンティナー(タッパ)に入れて3~4日は保存できます。
卵黄は入れなくても作れますが、より生地が硬く(ザクザクした感じ)、
生地がまとめにくくなります。私は卵黄を入れたパタンの方が好きでした。
残った卵白はメレンゲなどに使いまわそう。


にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ
にほんブログ村
応援有難うございます♪



関連記事

Posted on 09:59 [edit]

category: クッキー・マフィン

tb: --   cm: 1

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2012/11/27 09:28 | edit

コメントの投稿

Secret

About Me

はじめての方へ

About the photos

カテゴリ

訪問ありがとう♪

参加ランキング

温度の換算表

リンクについて

最新コメント

訪問者Map

まずはここから

料理に関するリンク集

全記事(数)表示

月別アーカイブ

レシピブログ♪

メールフォーム

ネットでプチ稼ぎ♪

検索フォーム

QRコード