Cherry Bars (チェリーバー)  



44ly_auto_d.jpg

アメリカは今週の木曜日に、1年で最大の「ごちそう日」サンクスギビングディを控え、
料理をする女性たちは浮足たつ時期に入っています。それが終わると早速クリスマス
パーティ(クリスマスイブと当日はアメリカ人は家族、ごく親しい人と過ごします)を
始めるとこもあって、私としてはポットラックで大いに腕をふるう機会が増えるので楽しみ
なんです。

さて今日ご紹介するのは、雑誌で見てずっと作りたかったこのチェリーバーズ。参考に
したレシピはこちら。リンク先の写真だとクッキーのように見えますが、この生地は非常に
しっとりしてケーキのようで、おまけにバターと卵の味わいもしっかりしていて、作ってみて
正解でした。これはここでシェアせずにおれません。オリジナルはかなり量が多いので、
半分の量にして、かつバターと砂糖の配分を減らして作ってみました。

材料(7×11インチまたは9インチ正方形型)
 (A)
 バター 4tbsp(全部バターにする場合は8tbsp)
 キャノーラ油 4tbsp
 砂糖  3/4Cup 
 卵  2個
 アーモンドエッセンス 1/2tsp
 (B)
 小麦粉  1と1/2Cup
 (C)
 チェリーパイフィリング 1缶全部または3/4位使用
 *入手できなければ他のジャムやソースで代用(このレシピを参照下さい)

作り方
(1)材料の(A)を、ボウルでもったりするまで記載上から順に入れてよく混ぜる。
ふるいにかけた小麦粉を、ささっと切るように混ぜ(これも上記リンク先参照方)練らないよう
に混ぜ合わせる。シートを敷いた(またはバターを塗った)型に、生地の2/3ほどを入れて
ヘラで均等にのばす。

6zms_auto_d.jpg

(2)その上にパイフィリングを流し込みますが、私のは缶の2/3~3/4くらいで丁度
よかったです。その上に残りの生地を小さめスプーンですくって、赤いフィリングが見えるように
間隔をあけて置き入れます。

85zk_auto_d.jpg

今回私のは、青い矢印あたりに大きすぎる山を詰めて置きすぎて、パイフィリングが見えな
くなるという失敗をしました。リンク先見本のようにするには、もっと間を
空けて下さい。350F°(180C°)に熱しておいたオーブンの中段で30分、仕上げに
上段へ入れてもう5分焼いて、完全に冷めてから取り出しカットする。

iqxd_auto_d.jpg
こういう手でつまめるお菓子はパーティやポットラックに向いてますね。持っていくのも簡単♪


前回(私がランキングに参加する理由)で、面倒くさいのにバナーを押して下さった方々、本当に
有難うございます。あらたに参加した

の方ではいきなり目立つとこまで押し上げて頂きとても感謝しています。
私自身も時々ブログサーフしますが、ささっとしか見ない時は素通りするんですよね。でも手の凝った
ブログや、これだけの情報を無料で提供するのは大変だろうと思うようなブログには、思わず応援
したくなります。アクセス1000を目指して、思わずバナーをクリックしたくなるようなブログ作りを
していきたいと思いますので、今後ともどうぞサポート宜しくお願い致します


各国料理 ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

関連記事

Posted on 10:56 [edit]

category: Brownies/Bars

tb: --   cm: 4

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2013/11/26 14:31 | edit

鍵コメ@11/26さん
もちろん、覚えていますよ。先日デミグラのこと書いた時、誰かもそういえば
聞いていたよなあ~と思いつつ、思いだせなかったとこです^^
プラス、そういえばSさんどうしているんだろうと思っていました。偶然ですね。
義母のピラフ覚えてて下さってありがとうございます。今後も違うピラフを
載せていく予定ですが、あっという間に暗くなるので、なかなか夕食の
写真がいいものが撮れないんですよね。
そちらはもう寒いと思いますが、Have Thanksgiving + holiday!
こちらこそどうぞ今後とも宜しくお願い致します。

URL | Mischa #vK9fbjOE
2013/11/26 15:14 | edit

初めまして

いつも楽しく参考にさせてもらってます。カリフォルニアのサンフランシスコちょい上に
住んでいます。私も自分のレシピ、日本の、アメリカのを行ったり来たり見比べて
自分なりのレシピを作ってますが気がついたら日本のレシピを見て砂糖少なくない?なんて思ったり(笑)先日見つけたブログのなかでダンナ様がドイツとイタリア系だと知り、うちのダンナと同じで何だか嬉しくなり(父方がイタリアで母方がドイツですが)コメントさせて頂きました。これからも、レシピ、アメリカの食事情、ニューヨークサイドの情報を
待っています。happy thanksgiving day

URL | Pieko #-
2013/11/27 00:13 | edit

Piekoさん
こちらこそはじめまして、コメントどうもありがとうございました。
ほんとアメリカは砂糖(とバター)の消費がものすごいですね。市販のケーキの甘さに慣れてくるのが私も怖いです^^;
うちは主人の祖父母と、祖母の親の代の、比較的新しい移民の家系なので義母(ちなみにイタリア人母とポーランド人父のハーフ)が今でもドイツのお姑さんから伝授されたスペッツエラなどを作る事があるので、アメリカにいながらもヨーロッパの伝統料理を楽しむ事ができラッキーだと思っています。
おそらくPiekoさんも似たような環境では。
こちらこそ、今後とも宜しくお願い致します!

URL | Mischa #vK9fbjOE
2013/11/27 13:08 | edit

コメントの投稿

Secret

About Me

はじめての方へ

About the photos

カテゴリ

訪問ありがとう♪

参加ランキング

温度の換算表

リンクについて

最新コメント

訪問者Map

まずはここから

料理に関するリンク集

全記事(数)表示

月別アーカイブ

レシピブログ♪

メールフォーム

ネットでプチ稼ぎ♪

検索フォーム

QRコード