ローストでタンドリーチキン

先月、リンゴ園で日本人会のお花見ピクニックがありました。
その時にこのぬか漬けを教えてくれたお友達が、ローストした
タンドリーチキンを持ってきてたんですが、それがとても美味しかった
んです。話を聞くと、2晩もチキンをマリネ漬けしたとか。


IMG_2542.jpg

そこで私も以前作ったこのタンドリーチキン(こちら)をもとに、写真のドラム
スティック6本をしっかり2晩マリネに漬け込んでから、今度はローストで
じっくり焼いてみました。(マリネ液のレシピは前回と同じ)

ローストの仕方の基本はこちらを参考にして下さい。
今回のオーブンの温度は425F°(220C°)
マリネ液をつけたまま、チキンを網にセットします。
アメリカの大きなオーブンの場合、中段より一つ上のラックに設置。
ドラムスティックの表と裏、各15分ずつ残ったマリネを刷毛
でぬり、返しながら計1時間、中まで火が通るようじっくりロースト
します。赤みをつけたい場合は肉を返す時にパプリカを振って下さい。


bep8_auto_d.jpg


全粒粉のクリームパスタと、キャベツのビネガレット・コールスローと
一緒に。夜の8時を過ぎてもまだ明るい今の時期が、晩ご飯の写真
の撮りだめ時期でもあります。

前回ご紹介したこの本が店頭に出る頃と思いますので、日本の本屋さん
で見かけた方はどうぞ私のページも見てみて下さい♪
こちらのランキングもどうぞ宜しくお願いします(^□^)

 


関連記事

Comments 0

Leave a reply