ほどほどが一番

たまには日本の雑誌も読まないと、一体何が日本で流行っているのか
全く分からなくなってしまうので、NYCへ出かけた際には紀伊国屋書店に
寄るようにしています。
でもしばらくマンハッタンまで行く機会がなかったので、ちょっと奮発して
日本のアマゾン経由でこの雑誌を取り寄せました。


p43v_man_754_d.jpg

この号、450円が1600円なり
アメリカ国内の日系本屋さんで取り寄せても、ほぼ同じ値段になるので、
今回はたまたま持ってた日本のアマゾンのギフトカード使いましたよ。
だけどこの号は、それだけのお金を出す価値があったと思いました。


yv89_auto_d.jpg
メニューはかぼちゃのポタージュ、ご飯、チキン南蛮にサラダ

さっそくこの付録についてたSyunkonカフェさんて方のメニューから表紙の
チキン南蛮を(ちょっとみりんとか入れ手を加えましたが)作ってみたよ。
すごいね~。元々は素人の方が始めたブログでも、才能とかセンスがある
人はこんなに有名になるんですね。すごいアイデアの数々・・・・・

ところで。
この雑誌に、ちょっと面白い記事があったんです。
「ありがとうと言えない照れ屋さん男子」とかなんとか。。。
内容はちょっと違うんですけど、その箇所を見て最近思っていたことが
頭に浮かんでしまって。。。
うちの夫が、逆にありがとうを言いすぎて、なんだか言われるのが面倒
くさくなってきてしまったんです。

滅多にご主人から有難うを言われたことがない人が聞けば、なにぃ~
ぜいたくなとなるのでしょうが、我が家の場合、夫がありがとうと
日本語で言うのは、お礼から「あいさつ」を超え、口癖のようになってしまって、
何かするたびに夫がず~っと「ありがとう~」「ありがとう~」と言ってる
んですね。でも言われた方は料理に集中してて忙しい時でも何か返事を
かえさないといけない。でも私の後ろで「ありがとう~。ありがとう~。」と
言うんですよ(お礼するほど大した事ではない事にも)。
ん~ちょっと今返事返せない、だまってて。なんて言うと、なんだよな~
有難うって言ってるのに、とくる夫。

ありがとう、と言うのは、やっぱりたまに聞くから嬉しいのかな。
全く言われなければ、それはそれで文句が出る(笑)
料理の味付けでもなんでも、「ほどほど」が一番なのです。


ランキングのバナーを押して応援して頂けると嬉しいです!
 


関連記事

Comments 6

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-07-24 (Thu) 14:02 | EDIT | REPLY |   

Mischa

No title

鍵コメ@7/24さん
そういえば、私も(20年も前ですが)イギリスでよくthank youと sorryよく聞いた
覚えがあります。逆にアメリカのお店で一番聞かない言葉がそれですよ(苦笑)
こっちではもうお店で何か買っても有難うと言う人は稀です。
イギリスは今も変わってないんですね、羨ましい。。

ブログの件了解です。
こちらこそ今後とも宜しくお願い致します。

2014-07-25 (Fri) 14:45 | EDIT | REPLY |   

yoyo

No title

Mischaさん、ご主人日本語でありがとうって言うんですか。
アメリカでそれにあたる言葉ってないんですか?
文化の違いもありますけど、育った環境の違いもありますから、ひとつ屋根の下に暮らすということは色々ありますよね。

日本の本はせいぜい3倍の値段しますけど、それにしても高いですね!
わたしは帰国した時に、本はまとめ買いしますよ。でも、ブログ始めたら読まなくなっちゃって・・
そういえばMischaさん、あまり日本に帰ってませんよね?

2014-07-27 (Sun) 17:43 | EDIT | REPLY |   

Mischa

No title

Yoyoさん
お返事遅くなりました^^;最近こっちのブログさぼってばかりで・・
そう、有難うは日本語ですね、サンキューって言わないです。
本人いわく、知ってる日本語をできるだけ使いたいんですって。
だから余計にありがとう、に有難味がないのかも 笑

フランスでは日系の本屋さんはないのですか?
アメリカだと日本人が多い都市には専門の本屋があるので
国内で注文できますが、結局送料が8ドルほどかかるので、
日本から取り寄せても同じでした。
私も本はもう読みませんね~
雑誌ばかり。。。

2014-07-29 (Tue) 21:23 | EDIT | REPLY |   

Jun

No title

初めまして、1年ほど前からブログ拝見して参考にさせていただいています。
今回、syunkonさんの本が登場でビックリ。この方のブログの結構初期から拝見していて、1人漫才のような内容に大笑いしています。
悲しいことがあった日も夜寝る前にひと笑いさせてもらったり。。
ミーシャさんはご覧になられましたか?吉本新喜劇に抵抗がなければお薦めです(笑)

私は今スイスに4人家族で住んでいて、それもまだ4月からですがもうホームシックで一時帰国中です。
2週ほど日本で過ごしてみてスイスに戻ってまた頑張る気持ちになりましたが、食材が日本ともアメリカとも違うので結構厳しいものがあります。
でもきっと楽しんで工夫すれば道は開けるのかな?
またブログを楽しませていただきながら、私も料理に励みます!
楽しい記事をいつもありがとうございます。

2014-07-31 (Thu) 17:03 | EDIT | REPLY |   

Mischa

No title

Junさん
こちらこそはじめまして、コメントどうも有り難うございました!
スイスにお住まいとは、羨ましい限りです。EUを旅行した時
一番絵葉書の通りだと感激したのがスイスでしたが、物価が
高いですよね。
この方のブログは最近になって初めて知ったんです。
普段はめったにブログ巡りをしないので、雑誌とかネットのニュース
だけが日本の情報を得る唯一の方法になってしまって・・・
Junさんもスイスで和の食材が手に入りにくいと和食が恋しいでしょうね。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します^^

2014-08-02 (Sat) 20:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply