ベークセール  


k0nj_auto_d.jpg

今回はアメリカでポピュラーな募金の方法として知られるベークセール
をご紹介しますね。
先週の土曜日、私がボランティアをしている猫のレスキュー団体で
「べークセール」をしました。自分達で作ったクッキーやブラウニー、
パウンドケーキ、パイなどのお菓子を売って、寄付金を集めるんです。

r1xi_auto_d.jpg e8mq_auto_d.jpg
各写真ともクリックで拡大します


アメリカへ来てずっと気になっていたこの催し。初めて参加する
チャンスが到来し、とても楽しみにしていました。
写真は今回私が提供したブルーベリーパウンドケーキ(こちら)と、
アーモンド・スノーボール(レシピはこちら)写真右手前はレモン
ポピーシード・パウンドケーキ(こちら)です。

初めての参加だったので、はりきってネットでラッピングとかを
あれこれ研究して夜までかかって飾り付けしたのに、


1kyy_auto_d.jpg


実際に持って行ってみると、みんなラップで包んだだけとか、
サンドイッチ用ビニル袋に入れただけとか、何とも簡単
こんなんでいいのか~と肩の力が抜けてしもた(苦笑)
この写真にある、パウンドケーキ丸ごとのなんかが、売れ筋
でしたね。それにしてもブラウニーが多い・・・・

8d7a_auto_d.jpg

この写真の左下にあるタッパみたいなのが募金箱です。
値段は自由。2日間のセールで920ドルも売りあげたと言うから、
結構みなさん太っ腹な値段で買ってくれたんですね

66b5_auto_d.jpg

私が出したものもチラホラ売れましたが、欲張って3種類も作った
ので、かなり余ってしまいました
アメリカ人は小さい頃からこうした甘い物を食べて育つので、男女
関係なくみんな甘い物が大好きですねー。こういった形での寄付金集め
ができるのも、この国ならではの食文化なんだと思います。


バナーを押して応援して下さると嬉しいです!
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




関連記事

Posted on 19:56 [edit]

category: フードギフトとラッピングアイデア

tb: --   cm: 6

コメント

どれも

美味しそうですね。
お料理お上手なんですね。

URL | 夜空 #.hdhzgyY
2014/08/28 01:38 | edit

夜空さん
こっちも見てくれて有難うございます。
見かけ倒しの料理じゃないといいんですけど^^;

URL | Mischa #vK9fbjOE
2014/08/28 09:31 | edit

いいんです、いいんです・・・

「包装は喰い物ぢゃない!!」から包んでありさえすりゃそれでいい、なんて大雑把なアメリクァンに日本婦人の繊細さをお見せしましょうぢゃあ〜りませんか(笑)
私が滞米していた頃、やはりベークセール(というんですか・・ただのバザーとよんでいた様な?)で当時の日本ではまだ知られていなかったブラウニーがやっぱり沢山並んでたのを思い出します。因みに街のベーカリーのケーキはwholeしかなく、装飾のクリームも着色料のパステルカラーでゴテゴテでした・・。
いまや他人の握った手造りのオニギリが食べられない人が急増、の日本でこういったアマチュア手造り食品ブースが開けるというのがオドロキです(衛生法云々も五月蝿いし)。売上の寄附金は是非とも動物達に有意義に使って欲しいものです。

URL | ネコンキスタ #0rktOB02
2014/08/30 05:54 | edit

ネコンキスタさん
こちらも見て頂き有難うございます!
そうなんですよ。日本から持ってきていた可愛いラッピングで張り切って
持って行ったら・・・なんだ、こんなんでいいのかと、ガッカリしました 笑
確かに、とにかく売れれば見た目はどうでもよいのですよね。
こちらにお住まいだったんですね。どうりで世界のことにお詳しいなぁと
思っていたわけが・・
訴訟社会なわりには、レストランは食べ残しを持って帰ってOKだし、こういう
手作り品を売るのもOKなのは不思議といえば不思議ですね。
日本が繊細かつ神経質になりすぎていってるのかも。

URL | Mischa #vK9fbjOE
2014/08/31 20:07 | edit

やっぱり抗菌社会だからw

前コメント書いてて気付いたのですが、投稿時間はNYのそれを反映してますね(時差14h)。
確かにお持ち帰りには寛容でした。私が子供の時分、マンハッタンに竹寿司という和食ダイナーがあったのですが、よく食べ切れなかった料理を折畳のカートン折詰に入れて持ち帰ったのを思い出します。なつかしいなぁ(-。-)y-~~~
でもよくよく考えると、それは日本的な「勿体無い」文化があるから、ではないよね(苦笑)。米国は今も分別リサイクルが無い地域も多いみたいだし、大量生産・大量消費の元祖みたいな国だし(日本も年間廃棄食糧は年間水産水揚㌧数と同等、と聴いた事がアルので偉そうな事云えない。自給率も先進国ワーストだし)。
「モッタイナイ」元祖の日本が衛生法縛りで外食持帰りNGで、より法に厳しい印象のそちらはOKなのは釈然としませんねぇ。
ところで「アメリカのペット事情」ブログのコメントに触れられておりましたが、米国の(主に畜産の)動物虐待は目に余るものがありますね。私もYouTubeで拝見したのですが(検索ワードは「ベイブ 虐待」)、鶏舎のバタリー飼育や乳牛をフォークでつついてミルクの出を良くする、のシーンなど正に「有り得ない」。ま、日本でも似た様なのものかも知れませんが。
他にも飼育舎周辺の肉食獣(野良猫も)をトラップや銃で駆除している事実もあり、私は牛丼チェーンから「やや」足が遠退きました。
日本ではこういった問題わ口にすると、必ずや「ならば肉を喰うなやw」「食う為には止む終えない」などというお決まりの反応が返ってきますが、虐待と食肉は因果関係はありません。こんな簡単な理屈に何で気付かないんだろう(#・∀・)

URL | ふらんし〜ぬの場合 #0rktOB02
2014/09/01 04:30 | edit

ふらんし~ぬの場合さん
ネコンキスタさんですか?^^
おっしゃる通り、食べ物の無駄が多い国は日本とアメリカが世界で1位と2位
(確かアメリカが1位)でした。国の大きさと豊かさ(所得とか)からしてアメリカが
1位になるのはなんか分かるけど、自給自足率が悪い日本が2位というのは
ちょっと、考えものですね。。輸送とかのコストを考えるともったいなさすぎです。

そうそう、日本が輸入してるアメリカ産肉はほぼ抗生物質とホルモン剤で
汚染されてますよ。牛丼屋とかファミレスとかの安い肉料理は間違いなく
そういう肉と思っていいです。しかもそれらの牛や豚が拷問された揚句に
屠殺されてる可能性も高いです。
アメリカで牧草を食べ、良心的な扱いを受けて加工される肉はとても
貴重で値段が高いので、よほど高級レストランで産地偽装してないとこで
食べない限りは、日本では「おえ~っ」と吐きたくなるような輸入肉が食されて
いると思っていいと思います。食費で節約をするのは、国内産に限った話で、
外国産のもので節約するのはあまりお勧めしません。。。

>虐待と肉食は因果関係はありません
私も全く同じ意見ですね。どうせ殺すなら何をしてもいいのなら、死刑囚
だって釜ゆでとか股裂きの刑にしてもいいってことになりませんか?
人道的配慮をするかどうかの問題は、その人間の理性や知性の問題ですよね。


URL | Mischa #vK9fbjOE
2014/09/02 15:11 | edit

コメントの投稿

Secret

About Me

はじめての方へ

About the photos

カテゴリ

訪問ありがとう♪

参加ランキング

温度の換算表

リンクについて

最新コメント

訪問者Map

まずはここから

料理に関するリンク集

全記事(数)表示

月別アーカイブ

レシピブログ♪

メールフォーム

ネットでプチ稼ぎ♪

検索フォーム

QRコード