私が添加物を気にするようになった理由  


今日はアメリカだけでなく、日本と諸外国にお住まいの方にも少なからず
関係のある話をしようと思います。ぜひ続きをご覧ください。

私がアメリカへ移住して6年たちましたが、わずかその
6年の間に、私と夫の周りでガンになった人は少なくとも
20人を超えました。その異常ともいえるガンの発生率と
ともに、私を驚かせるのは、食品アレルギー(主にナッツと
グルテン)や日本で聞いたこともない奇病が日本よりも
はるかに多い事です。一体どうしてこんな高い率でこうした
病気が発生するのかを考え、この数年色々と調べていく
うちに大きな原因が彼らの食生活にある事を学びました。


bigstock-Two-natural-tomatoes-popping-o-25639721.jpg
写真は「アメリカの発がん性食品リスト(こちら)より

ところで元々は、結婚した私の夫が骨粗しょう症や癌にかかり
やすい体質であることから、夫の健康管理のためにそれらを
予防する情報を調べ始めたのが始まりでした。
そこで私が最初に学んだのが、食品の添加物のうち、合成
保存料にカルシウムの吸収を妨げ骨密度を下げるものがある、
ということ。このリンク先の記事を、よく読んでみて下さい。


コンビニのパンは超危険?大量の添加物

その中ほどにリン酸塩が特に問題だと書かれています。
英語ではPhosphoric acidsなどがそれに当たりそうですが、
アメリカのKashiというシリアルバーの会社がサイトで
提供している「安全/危険な食品添加物のリスト(下記参照)」
によると、

添加物のリスト
危険添加物リスト(印刷用)私はこれを印刷して財布に入れています。

Potassium Sorbate(上のコンビニの記事の中のソルビン酸
カリウム
がこれにあたる)が体に害を及ぼすリストに
入っています。これはその食品にカビや菌が発生するのを
防ぐためのものだそうで、アメリカの食パンの原料ラベルには
たいてい載っている代物です。私がこれまで何度かアメリカ
のパンはカビが生えないので手作りしていると言ってきた理由
がお分かりになるでしょう。しかしこれが日本のコンビニの
サンドイッチにも大量に入っていたとは

その他に私が目にした日本における添加物の記事(随時追加)
意外と危険な日本の食事情
農薬の使用量 世界ワースト3位の日本
食べてはいけないチーズの種類

bigstock-Italian-prosciutto-cured-pork-47086465.jpg
合成添加物が多いアメリカの典型的なデリミート(写真は下記サイトより)

ところで、アメリカ人に癌患者が異常に多い理由に話を戻し
ます。このサイトをご覧ください(英語のみ)。


癌の原因となる食べ物 16項目
が挙げている16の食品(とその理由)は以下の通り。

1)レンジでチンするポップコーン  袋に有毒性あり
2)ソーダ、コカ・コーラ        砂糖、合成着色料、4-MIというケミカル
3)缶詰                   缶のBPA
4)ハム、ソーセージなどのデリ肉(こちら)   合成保存料や添加物
5)養殖のサーモン             化学物質、水銀、ほか
6)ポテトチップス             トランス酸や高温の揚げ油が出すケミカル
7)マーガリンなどのケミカル製法の脂類    オメガ6が発がん性
8)ファストフードやほかの加工品    発がん性のnitrates、N-nitrosoを使用
9)漂白された小麦粉            chlorine gas、high glycemic
10)遺伝子組み換え食品         ケミカル操作
11)精製砂糖(コーンシロップ含む)   癌細胞の栄養素
12)合成シュガー(ダイエット用など)
13)無脂肪、低脂肪などと唄った食品   合成甘味料や添加物が多い
14)アルコール               たばこに次ぐ発がん要素
15)赤肉(主にビーフのこと)       大腸がんの誘発性
16)オーガニックでない野菜果物(こちらにも詳細)  危険農薬の恐れ

農薬
農薬を吹き付ける南米あたりの農場(オーガニックサイトから)


ここに挙げられている食品は、アメリカでの消費量が非常に
高いものばかりです。一般に私の目からみてアメリカ人
の食事は肉と炭水化物に偏り砂糖の消費が多いのが特徴です。
参考資料
アメリカに肥満が多い理由 (リンク先ご覧下さい)
糖質の過剰摂取でガンになる(私の過去記事より)

アメリカの肉のほとんどは抗生物質とホルモン剤で汚染され
ていますが、それもここ数年人体への影響が雑誌やメディア
で懸念されるようになってきました。
先日合成着色料が子供のアレルギーの原因になったとして、
ケーキの赤や青、緑、黄色といったホイップを作る会社が
訴えられたケースを目にしましたが、いかにアメリカで上記
のような合成添加物やケミカルが日常的に大量消費されて
いるか容易に想像できるかと思います。

IMG_5365.jpg

IMG_5363.jpg

例えばこれは市販の(惣菜コーナーにあるカップに入った)
マカロニサラダの原材料ラベルを写真に撮ったものです。
ほとんど野菜が入っていない、マカロニをマヨネーズで和えた
だけのようなサラダなのに、これだけのモノが入っています。
読んで意味が分からないような単語は大体が保存料とか
製品の味や質を保つためのケミカルですが、よく見ると遺伝子
組換えしたコーンスターチなんかも入っています。手作りなら
マカロニ、野菜、マヨの3つで済むはずのサラダが、市販と
なるとこうしたケミカルの化け物へと変身してしまうのですよ。
こんなラベルを注意深く見る人は、残念ながら少ないでしょう。

ガンの発生自体はストレスや遺伝など食事以外にも理由は
あるようですが、やはりケミカルや合成保存料、添加物が、
難病や奇病と何らかの関係があることを、この国がよく証明
していると思います。日本で癌患者の数が年々増えている
のも、こうした添加物の増加とともに、食の欧米化が関係
あるのではないでしょうか。
こういった情報を学んで以来、私はスーパーで買い物
をするときは、ほとんどの食品の原料ラベルを見るように
なりました。アメリカのスーパー(あるいは日本のコストコ
など)で買い物をする機会がある方は、特にお菓子や出来
合いのマフィン、クロワッサン、ケーキといった焼き菓子の
原料ラベルを見てみて下さい。
おそらく意味がよく分からない化学物質の名前が最低でも
10~20個は列記されている事に気がつくでしょう。上の
Kashiでは健康に害がない添加物も説明しているので、
悪いものだけに注目したらいいと思います。


ところで皆さんは魚にも近年、水銀だけでなく、汚染物質や
プラスチックを蓄積した魚が食用として出回っているのを
ご存知ですか?こちらのサイトは、健康というよりも海洋
汚染を環境保護の観点から指摘しているサイトなんですが、
そこが環境によい(つまり体にもよい)魚と、そうでない魚を
リストにしているので、アメリカ在住の方は参考にしてください。

Seafood Watch ホームページ
安全な魚、危険な魚のリスト
(印刷バージョンはこちら→ 印刷用

日本でも輸入魚介類を買うときは、このリストで危険とされて
いる大西洋産、アジア産、養殖の魚、輸入エビは避けた方が
いいでしょう。逆にアメリカのアラスカ産やトロールによる
自然な魚は水銀も少なくOKとなっています。

とはいえ、普段の食生活からケミカルや添加物をすべて排除
するのは無理ですよね。こんな事ばかりを考えた食事は味気
ないものになってしまいます。要は、ほどほどが一番いいと
いう事だと思います。私は夫と自分の健康を第一に優先し、
去年くらいから野菜、肉、乳製品はオーガニックに、ほぼ全て
の食事を手作りにしていますが、たまには「悪いと分かってる
食べ物」も、息抜きに食べますよ。

ただ、一度「早死にする人の特徴」という記事をヤフーで拾い
読みしたことがありますが、意外にも「楽天的すぎる人」は
やばいそうです。なぜなら、物事を楽観視するあまりに、危険を
察知できないからだそうです。日本で毎日コンビニのサンドイッチ
を食べる人、アメリカで毎日サイト先の食品をとる人が病気に
なる確率が高くなるのは、間違いなさそうです。


~~アメリカで私の周りで癌、他になった人々のリスト(★は故人)~~

夫の母の妹(乳がん)★     夫の母の父(がん)★
夫の母の弟の妻(乳がん)と、その友人(がん)★
夫の友人 Rの妻(乳がん)、とその姉(乳がん)★と、Rの母(がん)★
おなじく、Rの子供(奇病)
夫の友人 Wの妻の母(がん)★と、その妻の弟(奇病)★
夫の友人 Pの父(白血病)★と、その従兄(奇病)
夫の友人Mの姉の夫(喉頭がん)、Mの兄の妻(奇病)
夫のバンド仲間のR(食道、肝臓がん)とその妻(動脈硬化による脳血栓)
義父の友人J(がん)とそのBF(白血病)★
うちの隣人の旦那さん(脳腫瘍)とその妻の母(がん)と父(がん)★
夫の母の友人Aの長男(大腸がん)、友人Bの夫
他 多数(多すぎて、覚えられない)

グルテンやナッツアレルギー  5名
心臓発作   数知れず(覚えられないほど多いという意味)


お役に立ちましたら応援お願いします。また、こういった記事に興味がある
方は拍手ボタンでお知らせください。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




関連記事

Posted on 11:49 [edit]

category: アメリカのFood事情と健康

tb: --   cm: 6

コメント

初めてコメントさせていただきます。
私も50年程前には無かったような病気やアレルギーは食の変化からなるものと思っていた次第です。
加工品は腐らない。食べ物なんですから、腐って当たり前なのに。
便利な世の中になったとは言え、健康被害を出しては意味がありません。
私もできるだけ、オーガニック製品を購入するようにしています。
シャンプーもノンシリコンの物を使うようになって髪質が変わりとても健康的になりました。
体は正直ですね。
ストレスにならない程度に気をつけたいですね。
貴重な情報をいつもありがとうございます。
(以前に教えていただいた本の無料購読、今月から届きました。ありがとうございました!)
また、お邪魔させていただきます。

URL | Sue #-
2015/04/07 20:43 | edit

こんにちは。
この前カビのことでコメントを書いた頃に買ったパンの消費期限が6日までだったのですが、 まだカビはきていません。 Preservativeや他の項目など3か所にアルファベットと数字のものが入っていました。

たぶんそれらを断つのはムリだと思うので おっしゃるようにほどほどにと
最近発見したファームショップなどをもっと活用したいと思います。

URL | shidekubo #xRksozhw
2015/04/08 07:22 | edit

Sueさん
コメントどうも有難うございます。ちょっと真面目なことを書くときは、
読んで下さってる方の反応が気になるのでとても助かりました。
ノンシリコンシャンプーって最近よく聞きますね。
体内に入れなくてもシャンプーは頭皮に残るらしいので、私も
探してみます!
アメリカって制汗剤とかマウスウオッシュとかのケミカルもよく使用
されてますよね。こういうのを毎日使うのは、体に悪そうな気がするんですが・・
雑誌、ちゃんと届いてよかったです!
サイトによっては、申し込んでも来ないとこがあるので^^;

URL | Mischa #vK9fbjOE
2015/04/08 19:01 | edit

Shidekuboさん
まったく添加物のない食生活をするのは、無理ですね。私はどうしても
コーヒークリーマーがやめられなくて困ってます。合成フレーバー、着色剤
保存料てんこ盛りなんですけど(汗)
ShidekuboさんはGillian McKeithのYou are what you eatをTVで
見た事はありますか?私はよくBBCアメリカで彼女のダイエット番組見て
ましたが、イギリス人の食事も結構すごいですよね。アメリカにちょっと似てる
と思いました。

URL | Mischa #vK9fbjOE
2015/04/08 19:06 | edit

とても参考になりました

はじめまして。いつも楽しく拝見しております。
食品添加物については、私も大変興味深かったので初めてコメント
させていただきます。
私は現在マレーシア在住なんですが、やはりとっても心配になる事が
沢山あります。外で買うパンはふわふわのベトベト(ショートニングてんこ盛り
だと思います)で怖くて食べられません。ケーキの色はカラフル過ぎて、食欲さえ湧きません(汗)
こちらは発展途上の国ですし、私が住んでいるのは田舎なのでオーガニックな物を手に入れる事は難しいですが、地元の野菜を食べる様にしたり(輸入食材は防腐剤がさらにかかる)手作りのパンで過ごしています。
とても参考になる記事で、本当に嬉しかったです。
何もかもをオーガニックにすることは出来ませんが、出来るだけがんばろうと思います。ファーストフードやスナックは避けて通る習慣があるだけでも違うと思います。

URL | chiruchiru michiru #7932FPzE
2015/04/18 13:24 | edit

chiruchiru michiruさん
コメント頂きとても嬉しいです!。特にアメリカ以外の食事情には私も
関心がありますので。マレーシアで売られているケーキも着色
されてるんですね。東南アジア近辺は湿度も高いでしょうから保存料
も多いんでしょう。
近頃は食品企業のラベル詐欺も横行しててアメリカでも「ナチュラル」
が売りの会社が実はナチュラルじゃなかったというケースがありました。
それでもオーガニックや無添加という表示を信じて選ぶしか摂取量
をコントロールできないのは仕方ないですが、やらないよりすっとまし
だと思っています。なにより、家族と自分自身のためですものね。

URL | Mischa #vK9fbjOE
2015/04/18 15:20 | edit

コメントの投稿

Secret

About Me

はじめての方へ

About the photos

カテゴリ

訪問ありがとう♪

参加ランキング

温度の換算表

リンクについて

最新コメント

訪問者Map

まずはここから

料理に関するリンク集

全記事(数)表示

月別アーカイブ

レシピブログ♪

メールフォーム

ネットでプチ稼ぎ♪

検索フォーム

QRコード