私がチキンナゲットを手作りする理由


wbu6_auto_d.jpg
Home made chicken nuggets

以前は豆腐入りのナゲットを載せた事があるんですが(こちら)、あれ以来
ナゲットを作る時は毎回同じレシピを使っています(^-^;)
zmmu_auto_d.jpg
これがそのレシピ↑。写真の上で左クリックすると拡大します。
普段はレシピは参考にするだけで、あとは我流で勝手に自分の味に変えて
料理することが多い私ですが、これに関してはなぜかきっちりとこの分量
の通りに計って作っています。かなりちゃんとしたものが出来ますよ。


zgk5_auto_d.jpg
こっちは主人のお弁当用にマスタードとBBQソースを添えたもの。
お弁当にしてしまうと、さすがにパリパリ感は保てないですが、プロセス肉は
添加物が多すぎるので、こうして自然素材だけで作る方がいいんです。

ところで・・・・。
私がアメリカへ来てからナゲットを手作りするようになった理由はもう一つ
あります。皆さんはアメリカにおけるチキンナゲットの生産方法が悲惨だと
いう噂を耳にしたことはありますか?なんと鶏を生きたまま熱湯に入れて
煮ているというのですよ。この噂(評判)はこちらでは意外に多くの人が知って
いたり聞いたことがあるようで、質問してみると聞いたことがあると言われ
ることがあるんです。

実際には、この「生きたまま」というのには語弊があって、さすがにそのまま
熱湯に投げ入れるわけではなく、あばれない程度に傷をつけて、ということ
らしいです。しかしそれでもニワトリにはまだ意識があるので、壮絶な苦しみを
味わっているということです。私はその丸煮えされたニワトリの姿を写真で
見ましたが、説明するには描写に堪えません。
(情報元はアメリカのタレントのパメラ・アンダーソンが出したChange.comの嘆願書より)

なぜこういった非人道的な食肉の生産加工の過程が世にばれるかというと、
そういった大量生産型の加工業界に動物愛護団体の職員がバイトなどで
内密に入り込んでビデオを隠し撮りしたりして暴露するからなんです。

ここにアメリカのマクドナルドのナゲット加工までの内部事情を撮ったビデオ
があるので、事実を知りたい方はご覧になってみて下さい。
これは熱湯につけているパターンではなく、従業員がニワトリを残虐に
扱っているところだそうです。私は最初の方だけ見ましたが、数秒でギブアップ
しました。普通の神経じゃ見れません。これはあくまで、証拠がないと文章だけ
じゃピンとこないという方のためだけにリンクを貼ります。

https://www.youtube.com/watch?t=11&v=-UWcQLtpAKU

あとYouTubeなどで、chicken nuggets, factory farm, crueltyなどと検索
ワードを入れてみると、わんさと出てくるでしょう。

ちなみに私はケージなどに入れず自然のエサを与えるオーガニックの
鶏肉を生産している個人の農場が屠殺してるとこのビデオを見た事が
ありますが、そこでは1羽ずつ足首を縛られてコンベアに並んでいる
ニワトリの首を機械が輪っかに入れてチョンチョン切断していました。
屠殺に2秒もかからない作業です。このやり方だとニワトリはおそらく即死
か数秒で息絶えるはずですね。愛護団体の人たちは「殺すこと」自体を
人道的とはけして認めませんが、私は食肉となる動物を必要以上に
苦しめること、その結果の肉を食べることに大きな抵抗を感じます。

コストコやスーパーでアメリカの輸入肉が普通に日本の食卓に安く入るよう
になり、それで家計が助かるという方もいるでしょうが、昔から「安いものには
わけがある
」といいます。こういった形で作られたものを自分の体の中に入れ
たいかどうかは、個人の感じ方次第としか言えないかもしれませんね。


久しく更新してませんでしたが、また応援宜しくお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ






アメリカの輸入肉やその生産過程をもっと知りたい方は拍手ボタンで
お知らせ下さい。私がオーガニックにこだわる深刻な理由を少しずつ
説明していきたいと思っています。
関連記事

Comments 6

yoyo

Mischaさん、こんにちは!
このナゲット、表面のカリカリ感がいいですね〜。
ちょっとつまんで食べてみたくなります。
マックのニワトリの飼育の仕方はYou tubeで見た事があります。
屠殺しているものは見た事がありません。今このアドレスに行ったんですけど、見ることが制限れているみたいですね。私もブロイラーは一切買っていません。
私たちのような小さな消費者は、製造過程で生き物や環境に悪い影響を与えている製品は買わないという意思表示をして、企業の考え方を変えていくべきですよね。
フランスのマックのCMは、「私たちは環境に優しいものしか使ってませんよ〜」というのを一生懸命アピールしていますよ。

カリフォルニア州知事が州内の発電量に占める再生可能エネルギーの比率を2030年までに云々・・という記事が出ていたと昨日妻が話していたんですけど、カリフォルニアは酷い干ばつのせいで大きな山火事が続きましたよね。
そういうこともあって、州は地球単位でものを考え始めたのかな〜と思いました。
人間は自分が痛い目に会わない限り、なかなか動きませんからね。

2015-10-12 (Mon) 05:56 | EDIT | REPLY |   

Mischa

Yoyoさん

先日は、難民のとこ、せっかくお優しい文章で綴ってあったのに、ネガティブ
な意見を残してしまって、申し訳なかったです。どうもこのISに関する問題は
カンタンではないと考えてまして。。。

マックは、国によって違うみたいですね。日本はタイの工場?雑誌ではやたら
清潔、安全などアピールしてましたが、どのようにニワトリを育てているか、
とさつしているかは、全く不明です。Yoyoさんビデオご覧になったんですね。
勇気あるなあ・・・私は、映画(作り物)でもダメです~。

CA州の干ばつには、食肉生産が使う水の量も関係していると動物愛護団体
は訴えています。牛の成長、管理、処理に使う水の量は、野菜の生産のを
はるかに超え、また汚物はなんと川に流していて、地球破壊を促進している
そうです。企業の金儲けを手助けしているのは、私たち消費者にほかなりません。
人間が痛い目にあうときは、もう手遅れになってないといいのですが。。

2015-10-12 (Mon) 13:02 | EDIT | REPLY |   

りさ

はじめまして!i-179
最近日本からアメリカに引っ越してきまして、スーパーで売られている食材などのことにとても興味があります。
記事を読ませて頂き、勉強になりました。
これからもぜひ宜しくお願いします!

2015-12-13 (Sun) 21:26 | EDIT | REPLY |   

Mischa

りささん
コメント有難うございます!
記事内容に興味を持って頂き、嬉しいです。
同じカテゴリーの「アメリカのFood事情」を辿っていただくと、添加物や
野菜の汚染、肉の生産などについて他にも色々書いてますので参考に
なさってください。

2015-12-14 (Mon) 09:42 | EDIT | REPLY |   

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015-12-25 (Fri) 02:56 | EDIT | REPLY |   

Mischa(ミーシャ)

鍵コメ@12/25さん
コメント有難うございました。
お忙しい日々を送られているようですね。
猫ちゃんの病気、うちもちょうど年長の子のER騒ぎがあったとこでした。
なんとか病気を治してあげられるといいですね。
またお時間あるとき、見においでください。

2015-12-26 (Sat) 19:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply