アメリカ人との国際結婚は難しい?  


料理とは全然関係ない話ですけど、毎朝、日本のニュースなどをネットサーフ
していて今朝は興味深い話題に辿り着いたので、それに関したことを書いて
みようと思います。

タレントの武田久★子さんの離婚問題。 下世話な話題であしからず(^-^;)
お名前と、離婚でグーグル検索すると、たくさん出てくるので、引用するものを
リンクしてみます。
夫の冷たさ・専業主婦は日本だけ?
引っ越しが多くて愛が冷めた

長くなるので続きは下へ

上のサイトを見ると、ネット住民て種族ですか?そういう人達が、上記のようなサイト
で意見をごちゃごちゃ述べてますが、私に言わせると、アメリカに住んでる人じゃないと
このタレントの事情は分かりにくい部分があります。多分在米歴が長ければ長い人ほど
「あ~分かる~」と思いながら、彼女の話を読んだんじゃないかなぁと思います。
私も大いに共感した部分がありました。


(1)アメリカ人は情が深くない?

この人が言いたいこと、なんか分かります!
深い浅いはもちろん人によるんですが、国民全体の気質として見ると、大方の日本人
よりも「割り切ってる」「ドライ」な印象という感じです。例をあげるときりがありませんが
人やペットとの別れ(死別も含め)にあっさりしてたりとか、表現が大げさな割には、
態度だけだったりとか、色々あります。国民性の違いが、大きいと思います。


(2)アメリカで専業主婦は価値がない??

アメリカの女性が仕事をするのは、キャリア志向か、単にしたいからか、しないと生活
できないかによるのは、日本と同じと思いますが、私からみると、家事そのものが、
アメリカでは大事じゃないように思います。ほとんどの家庭では食洗器と洗濯乾燥機
を使うし、こちらの人は日本ほど凝った夕食を作りませんね。家事の短さ、簡素化さから
いうと、子育て(専念するのは主に6歳まで)が終わった女性が家にいて何するの?と
アメリカ人は思うんでしょう。

実は私も移住してきて最初の5年ほどは、初めて会う人達に「アメリカで何してるの?」
と聞かれてうんざりしていました。なぜなら、彼らが期待する答えが「仕事か、学生か
ボランティア従事か」のいずれかであって、その期待枠に専業主婦は入ってないと、
生活するうちに分かって来たからです。猫活動のボランティアは好きで始めたことですが、
彼らの質問に答えられるものをしていて今はほっとしています。

ただ、リンク先の記事を読むと、芸能界しか知らない人にアメリカで仕事を探せという
のは難しかったでしょうね。こちらへ来てすぐに始められる仕事といって私が思いつく
のは、アジアンレストランのウエイトレスくらいです。日系企業にすんなりコネ等で入れれ
ばラッキー。日本ですでに流暢な英語でばりばり仕事をしていた人なら、なんとかなる
と思いますが。。。

しかも、私は子供がいないのですが、傍で見ていても、アメリカでの子育ては大変
そうです。なにしろ、スポーツやボーイ(ガール)スカウトやボランティアなどといった活動
を毎週末のように子供にさせていて、親もそれに付き合うのですが、そもそも子供が
生まれた瞬間から親が子供に費やすエネルギーのすごいこと!!(この辺りの凄さは
住んでみないと分からないものがある)、共働きをして夫が家事を半分してくれなかったら、
妻は年中無休で働き続けることになります。この方が子育てが大変で・・と言う意味が
よく分かる気がしました。


(3)引っ越しはなぜ大変?

これは、賃貸から賃貸だといいんですけど、家の売買による引っ越しだと、本当に
大変です。私も主人が結婚前に買った家を売り今の新居を買う形で1度経験しましたが、
1度でうんざりするほど、アメリカでは大変なんです。
まず弁護士がからむ。オープンハウス(家を公開して見せる)に至るまでに、家の修復
など実労働を随分としました。オープンハウスの間は家を出てどこかで時間を潰したり、
売れるまでは急なアポにも対応できるように常にきれいにしていなくてはならないので、
売れるまでの期間が長引くほどストレスもたまります。弁護士とのやりとりは主人がしま
したが書類など煩雑で面倒そうでした。
こんなことを14年くらいで7回も強要されてしまうと、外国人妻じゃなくても辛いですね
夫のわがままでやったとなると、愛が冷めるってのも、分かるような。。。


(4)転職を重ねる夫

これも多いです。同じ業界でステップアップのために3,4年おきに転職、あるいは単に
飽きるので違う業界を渡り歩く、あるいは脳がないのですぐやめて次を探すとか。
アメリカでは学歴がないとだめ、という話はよく聞きますが、アメリカは履歴書に年齢を
書く必要がないそうで、その分転職しやすいのでしょうね。
しかしその転職先が、このタレントの夫みたいにCA州、NY,アラバマとか地域性
が違いすぎるとこばかりとなると、。ついて行く方は、慣れるまで辛いだろうなあ~。。。
これで外国人妻も仕事しろって言われてもね(苦笑)。


この方の一連の記事を読んでると、アメリカ人との国際結婚の特徴みたいなものが
書かれていて、おもしろいなとは思ったんですけど、要は「はずれくじを引いてしまった」
という感じですかね。アメリカ人にも色々な人がいるから、当たりをひけば、幸せな結婚
生活が送れるはずなんでしょうが、それでも外国で生活するには相当の努力も必要です。
その努力を淡々とこなせないと、海外生活自体が難しくなるとも言えます。
このタレントさんは、何を話しても、多分日本ではすごく誤解を受けてるんじゃないかな。
しかし旦那のクリスマスプレゼントの話には、笑ってしまいました(想像できる。。。)
在米の方はどう思いましたか?


バナーを押して応援して頂き有難うございます。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




関連記事

Posted on 10:16 [edit]

category: 日常生活のいろいろ

tb: --   cm: 2

コメント

おはようございます。初めまして。
お気に入りに入れて、更新を楽しみにしております。

武田さんのことはあちこちの掲示板でとても話題になっていました。
私も「そういうことが理由になるんだ・・」と思っていましたが
こちらのブログを読んで、納得。

私が武田さんの立場ならもっと早い時期に離婚していたと思いました。
>はずれ に(笑)
結婚生活は始めてみないとわからない部分は多々ありますよね。

そして武田さんが多くを語らず言葉を絞ったことは
相手に配慮した部分もあったかと思いました。

私は結婚して32年になります(日本人同士です)。
何度か離婚しようと思ったこともありますが 仕事に子育てに走っているうちに
時間が経ってしまいました。1人の人を理解するには一生かかっても
時間が足りないということも 。
まあ当たりだったのかな(笑)。子供達もそれぞれの人生を歩き 親元を離れて数年になります。
今が一番 ゆったりと2人の時間を楽しめているかなと思います。
これからまた介護問題などでてくるかもしれませんが、2人なら乗り越えられると思っています。

これからもブログ楽しみにしています。
アメリカンなお菓子 もっと見たいです。

URL | 北海道は涼しい #GpEwlVdw
2016/07/21 18:15 | edit

北海道は涼しいさん
コメントどうも有難うございます。ブックマークして頂いて嬉しいです。
芸能人は、私生活も売り物の一つなのでしょうが、離婚理由も世間に
公表しないといけないとは辛いですね。
コメント拝読して、私も32年にはとても追いつきませんが、そうだなと
共感しながら拝読しました。1人の人を理解するには一生かかっても
時間が足りない・・・本当にその通りだと思います。
それを聞いて思い出すのは、以前このブログで書いた記憶があるんですが
結婚40年すぎた夫の両親、ある時義母が義父にレーズンパンは好きか
って聞いたんですよ。40年一緒にいても知らない事があるのかと私
笑ったんですけど、その時義母が、こんなに長く一緒にいても、主人の
ことをよく分かってるとまだ思ったことがないのと言ってました。

一般的に、夫婦が離婚しないでいるってことは、いやなことも我慢の
範囲ってことなんでしょうかね。

URL | Mischa #vK9fbjOE
2016/07/21 18:34 | edit

コメントの投稿

Secret

About Me

はじめての方へ

About the photos

カテゴリ

訪問ありがとう♪

参加ランキング

温度の換算表

リンクについて

最新コメント

訪問者Map

まずはここから

料理に関するリンク集

全記事(数)表示

月別アーカイブ

レシピブログ♪

メールフォーム

ネットでプチ稼ぎ♪

検索フォーム

QRコード