キャストアイロンとカラード(青菜)のグラタン  


IMG_8114.jpg
Cast iron and Collard Greens Gratin

アメリカで「メイソンジャー」のブームが去った後、最近流行ってるものといえば
このキャストアイロン(鉄のフライパン)でしょうか。流行るといってもアメリカ
では日本の雑誌/メディア/ウエブサイトがよくやるように「今、巷で大ブームの」
とか「流行っている」とかいう風な大げさな表現(宣伝)はしません。なんとなく
最近よく見かけるなあ、ということが「流行ってる」といえるかな?って感じなんです。

このキャストアイロン(初めて登場したのはこちら)、義母から譲り受けてもう2年
くらいたつのに、とにかく重くて手入れが大変なので、なかなか使う気にならな
かったのですが、フッ素加工のフライパンと違って、シーズニング(油をぬって
オーブンで空焼きし、表面をフッ素加工みたいに焦げ付かない状態にすること)
をちゃんとしていればフッ素加工同様に使え、かつ有害物質も出ないヘルシーな
フライパンと知ってからは、最近の流行も手伝ってがぜん興味を持つようになり
ました。

このキャストアイロンの手入れ方法は、時間があれば別途記事にして載せようか
なと思いますけど、どのくらいの人が興味あるか知りたいので、興味がある方は
拍手ボタンでお知らせください(ランキングバナーでも投票数は分かります(^o^)
*その別途記事はこちらです。


さて今日の主役はこのでっかい野菜、右のカラードという団扇みたいな形の方。
アメリカにきて初めてこれらの野菜を見た時は、一体どうやって食べるんだろうか
と思ったものです。左のチャードという野菜は結構柔らかくて、単に炒めたり
スープに入れても美味しいんですけど、この右の、がじがじっと硬い葉っぱ。。。
一体、どうするべ?と思ってました。が、、、、

IMG_8110.jpg

このレシピを見たら美味しそうに見えたので、思い切って買ってみました。


IMG_8116.jpg

この写真は実はオーブンに入れる前(調理はしてあります)に撮ったので、
カラードの色はまだ青いです。オーブンで調理するとややブラウン化します。
(暗くなってから写真を撮るとランプのせいでちゃんとした色が出ないので
焼いた後の写真はありません。あしからず)
長くなるので続きへ


バナーを押して応援して頂き有難うございます。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ





作り方は特に計っていないので材料とカンタンな手順だけ説明します。
キャストアイロンのサイズは9インチで3人分くらい。

カラード  1束(写真の分。5、6枚あります)
ベーコン  1枚
玉ねぎ   1個
にんにく  ひとかけ
小麦粉と濃い牛乳(またはクリーム)
刻みチーズ  1/2カップくらい(好みで調整)
古いパン(バターを塗り角切りしてトーストしクルトンにする)1カップくらい
*リンク先のオリジナルレシピはコーンブレッドが使用してあります。
飾りにパセリ

●カラードは茹でて水気を切り好みの大きさにカットしておく
●ベーコンを炒めカリカリにしカットしておく
●ベーコンを炒めたフライパンで玉ねぎとニンニクを炒め、小麦粉をふって
牛乳を入れ全体を覆うくらいのホワイトソースを作る。チーズを半分入れて
塩コショウする。
●上記にカラードを混ぜて耐熱容器に入れ、残りのチーズ、クルトンとベーコン
を表面に飾り華氏400F°(200C°くらい)で15分ほど焼く。パセリをふって
飾る。


バナーを押して応援して頂き有難うございます。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




関連記事

Posted on 12:17 [edit]

category: シチュー・キャセロール・ライス・パスタ

tb: --   cm: 10

コメント

こんにちは。

鉄の鍋、重宝しますね。
我が家の鍋とフライパンは全部Lodgeにしています。
テフロンやアルミが怖いので、鉄に変えました。
あと、プラスチックの容器もポイと捨てました(笑)
おまけに、電子レンジなしの生活で5年ほど、これにも慣れました。人間、慣れてしまえばどうってことないものですね。

カラード、Lodgeに他の野菜と入れてオーブンで調理しています。コトコトお鍋で煮て中南米の味付けにすると美味しいとも聞きましたが、まだ挑戦していません。
綺麗な緑のまま柔らかくいただけるといいなあと思うのですが、火を入れるとどうして茶色になってしまうのでしょうね。

URL | ぷにゅママン #-
2017/03/06 13:16 | edit

珍しい葉物

おはようございます。色々な葉物ありますね。
私は地方都市住まいなのですが 珍しいお野菜を扱っているオシャレな八百屋さんがあって チャードは時々見かけました。
>カラード       キャベツの外葉みたいと思ってしまった。

チャード 今度見かけたら 買って食べてみようと思います。

>鉄のフライパン
私の実家に亡き母が 結婚した時買った 18cmくらいのがあるのですが
長年使用で ごく薄く油をひくだけで とても綺麗にハムエッグなんか作れて
私が結婚する時に「欲しい!」といったのですが「駄目ですv-8
その後1人暮らしの妹の物になりました。

長年使用すると 本当に油が馴染んで使いやすくなります。

URL | 桜子 #GpEwlVdw
2017/03/06 17:49 | edit

ぷにゅママンさん
私もアメリカに来てから殊更に有害物質に神経質になり
レンジにかけるものは全てプラスチックから耐熱ガラスコンテナに
買い替えたのですが、レンジもやめたんですね!さらに強者ですね~
残り物を温めたい時はどうなさるのですか??

キャストアイロンはこの9インチしかないので、私も今推薦率の高い
Lodgeの11インチを考えてます。でも相当重いですよね。
腕がたくましくなりそうです(笑)
そうそう、変色したカラードは写真に撮っても美しくありません。

URL | Mischa(ミーシャ) #vK9fbjOE
2017/03/07 11:34 | edit

桜子さん
そのチャード、日本で栽培してるんでしょうか。
輸入品だったらすごいですよね、鮮度を保つのが。
なかなか美味しいです。

こういう鉄のフライパンって日本にも普通にあるんですね。
テフロンばかり使ってたので見過ごしてました。
使うほどに油がなじむの、楽しみです。

URL | Mischa(ミーシャ) #vK9fbjOE
2017/03/07 11:36 | edit

再び失礼します。
残り物を温める時、オーブンでできるものはオーブン。
ごはんなどは炒飯やおかゆに変更、もしくは蒸し器で蒸してホカホカに戻して食べています。うちはイヌたちのごはんの残りをいただくので、あんまりないんですけどね(-_-;)

今、プラスチックでもBPAフリーとかありますが、それは中国製などではどこまで信用していいのかわかりません。
それと、中国の食べ物でオーガニックと言っても、それをそのまま信用しない方がいいと言われます。
基準が違うのでしょうか、特に乾物は恐ろしいですね。全ての食品がアメリカの食品安全・オーガニッ基準に満たしているのならまだいいのですが、実はアメリカの食品でもはぁ~?って思うものもあります。
都会と田舎の差かな?

URL | ぷにゅママン #-
2017/03/09 12:30 | edit

ぷにゅママンさん
お返事ありがとうございます。手作りのエサとはワンコちゃん達は
幸せ者ですね。
私も食品に関しては中国産のものは避けてますが、最近やたらと
食品会社がオーガニックや、肉乳製品の●●フリーとか、をうたい出して
それらは本物なのか?が気になっています。USDA自体を私は何だか
信用できません(国と大企業が癒着してるのはどの国も同じですね)。

ところでLodgeは唯一のアメリカ製のようですが、焦げ付きませんか?
私がもらったのは台湾製の無印ので、何度シーズニングしても焦げ付きます。
ごめんなさい、お手数でなかったら教えて下さい。
購入の参考にします。

URL | Mischa(ミーシャ) #vK9fbjOE
2017/03/09 18:22 | edit

近間で栽培

こんにちは。
チャードやカラードは道内産で(私北海道です)
近間の若手の農家さんが色々栽培しているんです。
市内にもオシャレなカフェなどが出来てそちらや
ホテルで需要があるようです。

他にも目新しい野菜が色々出ていて 野菜ソムリエの方がいて
食べ方も教えてくれるので 買って食べています。

無農薬か減農薬で 栽培している人の顔も見えるので安心なんです。
冬は種類がかなり限られるのと、ほとんど本州産になってしまいますけど。
これからの時期からは色々出回るのでとっても楽しみ。
道の駅も初夏から秋は、色々な野菜に時々はお花もすごい格安であるので
それ目当てにドライブしたりします。
雪解けまでもう少しです。

URL | 桜子 #JnoDGgPo
2017/03/11 00:25 | edit

桜子さん
北海道は私がいるNY州の北と緯度が近いと思いますけど、おそらく
そちらの方が雪は深いでしょうね。こっちも今日は零下で雪がちらついてます。
こういう野菜って寒いとこでも作れるんですね~。
日本の野菜も多様化してきましたね。
アメリカでももっとごぼうとか、ニラとかが普通のスーパーで手に入ったら
嬉しいんですけど・・・
誰が作ってるかわかる野菜は安心ですね!

URL | Mischa(ミーシャ) #vK9fbjOE
2017/03/11 17:39 | edit

こんにちは。遅くなってしまってごめんなさい。
焦げ付きます(-_-;)
どれだけ管理しても焦げるので、最近は使う前に・・・
空焚きして多めの油を入れて煙が出たら油を捨てます。それから使ってます。焦げ付きは大分減りました。それと調理した後に蓋をして湿度を多めにするとスルッと剝がれます。
焦げ、洗うのが大変ですもんね。なので最近はもっぱらこの方法にしています。それと、シーズニングしてから片づけると他のフライパンや鍋に油がくっ付いてしまうのが気に入りませんでした。
有害物質でないから安心ではあるけれど、面倒と言えば面倒ですね。

うちではアメリカで作られたLodgeを使っています。
外のグリルで使っているのは真っ黒けのやつ、家のストーブトップで使うのは外側に色が付いてるやつです。
真っ黒けのやつは何やっても焦げつきます。使い方が悪いだけかなぁ・・・とは思ったりもしますけど(・。・;

URL | ぷにゅママン #-
2017/03/12 06:35 | edit

ぷにゅママンさん
お返事ありがとうございます。
やっぱりLodgeでも焦げ付きますか(^-^;)
今度私が載せるキャストアイロンのログで雑誌社が推薦してるロッジの
説明ではいかにもテフロンなみのように評価されてますが、それなら
絶対!と思ってました。。鉄だからフッ素なみにってわけにはいきません
よね。
私は使った後は必ず水を入れ少し沸騰させてますが、これで全部のくっつき
を浮かして取った後に焦げ付きをブラシでこすったら焦げも全部取れるので
面倒ですが、そうしています。
今度載せるログに、分厚い焦げだらけのをどうやって取るかを説明した
サイトをリンクするので、見てみて下さい。

URL | Mischa(ミーシャ) #vK9fbjOE
2017/03/12 11:35 | edit

コメントの投稿

Secret

About Me

はじめての方へ

About the photos

カテゴリ

訪問ありがとう♪

参加ランキング

温度の換算表

リンクについて

最新コメント

訪問者Map

まずはここから

料理に関するリンク集

全記事(数)表示

月別アーカイブ

レシピブログ♪

メールフォーム

ネットでプチ稼ぎ♪

検索フォーム

QRコード