次男猫との永遠の別れ  


IMG_8383.jpg
The last day of my loved one

我が家の次男猫、「インスペクタートンプソンズガゼル」通称トンプソンが
昨夜ERにて約11年の生涯を閉じました。
去年の1月に目の奥にできた急性ガンで長男猫を失ったのに続き、次男猫まで
もが、またもや顔の中にできたガンで失うという不運に見舞われ、正直憔悴して
おります。なんでうちの子が立て続けに・・・という気持ちだったんですけど、
色々話していると他にも同じ理由で猫を失った人が2人いました。
上の写真は、最後の日に、トンプソンが深い絆で結ばれているうちの四男猫
ミニと日向ぼっこをしているところです。彼がオムツをしなければならなかった
のは、この日だけ。この8年、マーキングで困らせた次男坊でしたが、最後は
親孝行してくれました。

IMG_8256.jpg IMG_8362.jpg

IMG_8263.jpg

IMG_8281.jpg IMG_8340.jpg

3月に異変に気がついて以来、昨日まで約2か月の闘病生活。後半の1か月は
もう口の変形でエサが食べられず、水も飲めず、やがてトイレにも行けなくなり
介護なしには生きられない状態になりましたが、それでも皆と一緒に過ごしたがり、
最後の日も私のひざに座る程の甘えん坊さんでした。なんとか自然死を望んで
きましたが、昨夜ついに呼吸困難に陥り、もがきだしたので主人とERへ連れて
行く羽目になったのです。
獣医さんに処置をしてもいいですが、今夜まで持たないかもしれませんよと言われ、
もう虫の息だったこの子を死ぬまで待つ意味もなく・・・主人と1秒でも早く楽にして
あげる道を選びました。

もう1か月もベッドで1日の大半を過ごしてきたので、私の気持ちは準備ができて
いました。の、つもりだったんですけど、やはり姿が見えなくなると、想像していた
以上に辛いですね。片時も離れずお世話してきた四男坊のミニが、いまだにお兄ちゃん
と一緒に座っていた毛布の上で1匹で座っている姿が切ないです。
私に猫を飼う最大の喜びと幸せをくれたトンプソン。こんなに早く別れがくるとは夢
にも思ってなかった・・・・ERで小さな棺桶に入って私達の元へ帰ってきました。
明日、彼が大好きだったおやつを入れて、主人と庭に埋葬します。


バナーを押して応援して頂き有難うございます。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




関連記事

Posted on 15:53 [edit]

category: 日常生活のいろいろ

tb: --   cm: 6

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2017/05/12 20:56 | edit

鍵コメ@5/12もとさん
覚えています、今回も暖かいコメント有難うございました。
次女猫ちゃんのお話、私の今の心境や立場と酷似していて、
全く代弁して頂いたかのようです!この子は私にとっても、
他に類をみない特別な猫でした。この3年、ボラ活で30匹以上の猫達を
面倒見てきましたが、その数をもっても、トンプソンのような
子には出会いませんでした。そういう子を失ってしまって、
もう喪失感は耐え難いものがあります。
もとさんも、3月だとまだ悲しみが癒えないでいるのでしょうね。
いつかまた、似た子に出会えるといいですね。
私もトンプソンに、また生まれ変わってママのとこに帰ってきてね
と伝えました。

URL | Mischa(ミーシャ) #vK9fbjOE
2017/05/13 14:44 | edit

ミーシャさま

何度もお邪魔してすみません。
1枚目のトンプソン君とミニ君とのひなたぼっこの写真、見ていると涙が出ます。
ミーシャさんがどんな思いでこの後ろ姿を見つめ、
どんな思いでシャッターをきられたのだろうと思います。

我が家のハルも、オムツをしたのは亡くなる前日だけ。
そして享年11歳。やはり急性の癌でした。
病気発見から約2ヶ月、そして最後の10日くらいは水も餌も飲めずでした。
当然、喉が渇くのでしょう。水のところに歩いていくものの
器に顔を近づけてもそれ以上できず、困ったように水を見つめていたのが
本当に可哀そうでした。(スポイトもダメでした)
似ていることが多くて、私も勝手にトンプソン君のことと我が家のことを重ねてしまいました。

ご主人様が愛おしそうに心配そうに、トンプソン君を撫でてあげている姿に
深い愛を感じます。
そして、トンプソン君がもたらしてくれた愛の大きさを感じます。

どうぞ安らかに…。

URL | もと #-
2017/05/13 20:20 | edit

もとさん
昨夜このコメント拝読させて頂いて、号泣しました。トンプソンの棺に
抱きついて体中の水分が出るくらい泣いて泣いてこの2か月溜まってた
思いを吐き出しました。なんだか負のエネルギーが体から出たみたいです。
同じ体験をした方から頂く言葉には特別なものがありますね。
どうも有難うございます。何だか救われた気分です。
うちもトンプソンが水のボールの前に座ったまま、何度首を振っても水が
飲めず立ちすくんだり・・歩けなくなってワォーンとか弱い声で私を
呼んだり、そのたびに床にひれ伏して泣いたものです。今となっては
もっと早く楽にしてあげるべきだったのかなあ・・と悩みました。
お互い、寂しい日々が続きますね。でももとさんの猫ちゃんも感謝の
気持ちに包まれて、虹の国で走り回っていることと思います。
どこかでうちの子に会えるかしら?

URL | Mischa(ミーシャ) #vK9fbjOE
2017/05/14 14:11 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2017/05/23 15:20 | edit

鍵コメ@5/23YYさん
励ましのコメントどうも有り難うございます。
2匹立て続けに、運が悪かったとしか言いようがありませんでした(涙)
お陰様で痛み止めがよく効いてたみたいですがやっぱり見た目は
最後は可哀そうなほど変わり果ててました。
私が一番愛着を感じてた子なのでまだまだ思い出しては泣かずには
いられないんですけど、時間がたって記憶が薄れていくのを待つ
しかないですねi-241
Yさんちの猫ちゃんたちも元気で長生きされますよう。

URL | Mischa(ミーシャ) #vK9fbjOE
2017/05/23 19:07 | edit

コメントの投稿

Secret

About Me

はじめての方へ

About the photos

カテゴリ

訪問ありがとう♪

参加ランキング

温度の換算表

リンクについて

最新コメント

訪問者Map

まずはここから

料理に関するリンク集

全記事(数)表示

月別アーカイブ

レシピブログ♪

メールフォーム

ネットでプチ稼ぎ♪

検索フォーム

QRコード