FC2ブログ

ストロベリーCoffee Cake

*エキサイト・ブログからの移動記事です。


コーヒータイムに頂くケーキ(スタバで売ってあるようなおやつ)を
アメリカではCoffee Cakeと呼んでいます。正直アメリカのケーキ
の類はだいたい生地が硬くてぱさぱさしていて、甘すぎ、また塩味
も強いので私はあまり好きではないのですが、日本人好みに柔ら
かく改良するととても美味しいと思うようになりました。

レシピを見て、これは粉が多すぎてぱさつくだろうとか、砂糖が多
すぎると思ったものは私なりに変えて作ってみています。作ってみて、
自分でこれは美味しい!と思ったお菓子のレシピをここで紹介して
いきますね。

オリジナルのレシピが見たい方は随時コメントで仰って下さい。
仰天するほどオリジナルは粉と砂糖が多くて卵が少ないです(笑)。
どんなケーキになるか、想像がつくでしょう。


c0198468_22554225.jpg


材料
(18cm×18cm×5cmの型。アメリカサイズは約8”×8”×2”
 ”は長さの単位のインチで1インチ約2.5cm。日本の型より大きめ)


( )はアメリカの単位表示
バター      130g (1スティックと1TBSP)
卵         2個
小麦粉     約180g (1と1/2CUP)
グラニュー糖  130g (1/2CUP)
ベーキングパウダー   小さじ1
バニラエッセンス     小さじ1/2
ミルクと生クリーム(heavy cream)合わせたもの 60ml (1/4CUP)
(クリームがない場合ミルクのみ、アメリカ在住の方はHalf and Halfの
代用で結構です。ミルクは脂肪が多い方が美味しいと思う)

サワークリーム  大さじ 2~3杯 (しっとりさせたい人は多めに)
いちごジャム(好みのジャムで結構) 1/2CUPほど


<フロスティング>
粉砂糖  70g (1/2CUP)
バター  15g (スティックの1つ分)
水     大さじ 1~2


作り方
(1)少し湯煎にかけたバターにグラニュー糖の2/3を入れよく混ぜ、
クリーム状にする。


058.jpg


このくらいバターが膨らんでもったりするまで混ぜて下さい。

(2)卵黄2個を1個ずつよくまぜ、さらに白くなるまでクリーム状にする。


059.jpg


(3)上記にバニラ、ミルクとクリーム、サワークリームをよく混ぜ合わ
せます。
(4)卵白2個に残りのグラニュー糖を入れ、メレンゲにします。


c0198468_2301265.jpg


私はいつもメレンゲは、ほぼ十分立てで硬くしっかりと仕上げています。
その方が生地をより柔らかく、しっとりふわふわに仕上げてくれると
思います。

(5)メレンゲを(4)に、さっくりとヘラで切るように混ぜます。多少筋が
残る程度に  軽く、大きく混ぜ合わせて下さい。
(6)ベーキングパウダーを合わせてふるった粉を上記にいっきに入れ、
丁寧に  さっくり大きく回しながら混ぜます。けして練らないで下さい。
(7)生地の2/3をベーキングシートを敷いた型に流し込み、混ぜて柔ら
かくした  ジャムを適当に流しいれます。少しマーブル状にすると
面白いでしょう。
(8)残りの生地を流しいれ、少しジャムの筋が見えるようにして180度
(F350)の  オーブンの中段で表面が焼けすぎないように見ながら
40分ほど焼きます。
(9)焼きあがったら少し冷ましておく。


<フロスティング>
材料を湯煎にかけ、砂糖の粉がなくなってクリーム状になるまでよく
練って下さい。


c0198468_23173218.jpg

冷ましたケーキの表面に好きなように飾って下さい。
私のは練り方が足らずに失敗してます


作ってみた感想
ん~これはしっとりふんわりしていて我ながら美味しい!主人もぱくぱく食べて
くれました。生地が硬くてパサっとしてる感じの方が好きな方は、クリーム類を
控えて、粉を2CUPに増やし卵を1個にします。


にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村
今日も訪問ありがとう♪



関連記事