FC2ブログ

ジャンバラヤ(2)お米をパリッと炊くコツ

ご飯は硬めと柔らかめ、どちらが好きですか?
例えば、パスタだとアルデンテより茹ですぎた方が好きだという人もいるでしょうね。
こういうのって、完全に好みの問題だと思います。
IMG_1751.jpg
Creole Jambalaya
で、私は、断然「ご飯は硬め」派です
てことで、今日は硬めが好きな人向けの記事と思ってください。
私がこのブログ開設後、初めて載せた南部の料理がジャンバラヤ(こちら)でした。
ビリヤニ風ピラフ(これ)の時にも書いたけど、アメリカのお米や炊き込みご飯をパッケージの
手順やレシピの通りに作ると、とんでもなく「柔らかい」ご飯に仕上がるんです。
ふっくらというより、「べちゃっ」とした感じ。そのべちゃっ、な感じがいやで、こういう水分の
多い野菜を加えたピラフの場合、どのくらいまで水を減らすかが問題でした。
で、今回このジャンバラヤは、典型的なレシピから「あるもの」を省くことで、私の希望通り
のお米の硬さになりましたよ(やっとコツを得た 笑)
この写真、見てください。↓

IMG_1759.jpg
右クリックすると拡大します。
なんかお米の形がくずれずにパリッとした感じが分かるでしょう?やっぱり結構思い切って
水分を減らしていいもんだなと、ちょっと自信がつきました。その、省いたあるものとは、
生あるいは缶詰めのトマト
トマトを入れずに、トマトペーストだけ使ったんです。
な~んだって言われそうだけど、それだけの違いで「べちゃっ」感がなくなった。この差は結構
大きいですよ~。じゃこの写真のを作った通りのレシピ行きます
材料(3人分くらい)
....................................................................................
(A)
ジャスミンライス(注1)   1カップ
チキンストック(これ)   1カップと3tbsp
味の素のチキンコンソメ  1/2個
塩   1/4tsp強(ストックの塩加減で要調整)
トマトペースト    1tbsp
パプリカ(スパイス)  1/2tsp
★ケイジャンスパイス  1/4tsp
★ホットソース  1/2tsp
(B)
ソーセージ(あればアンドゥイユ) 100g分くらい
にんにく  1個(みじん切)
玉ねぎ   1/2個
セロリ    1本
赤または緑のパプリカ   1/4個
ニンジン  40g分くらい
私のは以上ですが、好みで鶏肉やエビを加えて下さい。
....................................................................................
(注1)ジャスミン以外に、ロンググレインライス(日本ではカリフォルニア米かな)、
インドのバスマティでもOKと思います。パッケージに1カップに対し1と1/2カップの水
と書いてあれば、ジャスミンライスと同じです。
★は、クレオール風(説明はこちら)にしたい場合加えて下さい。
作り方
(1)まずBのうち、ソーセージを先に炒めてから別皿に移し、残りの材料を炒める。
(2)Aと合わせてコンソメがとけたら炊く。
私のは華氏350度のオーブンで、キャストアイアン鍋でふたをして35分ローストしてます。
炊飯器か、直火の場合沸騰後、弱火で20~25分炊いてください。いずれも蒸らしは
必ず15分はおくといいでしょう。塩加減はこの後調整してください。

バナーを押して応援して頂き有難うございます。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




関連記事

Comments 0

Leave a reply