FC2ブログ

金のわらじを履いてでも探したい結婚相手

rings--441801.jpg
イメージはこちらの記事より
毎回、家事や衣食住といったテーマを中心に「みんなの暮らし日記」に記事を載せて頂いて
ますが、今回は結婚についてのお話です。興味がある方はぜひご覧ください。↓
アメリカ人カップルに見る「夫婦円満」5つの秘訣とは
アメリカで私のブログやこの暮らし日記でのエッセイを見て下さってる方もいらっしゃる
と思います。一口にアメリカといっても、州や地域性、人種によって見方は様々なんです
よね。それを全てにふまえてアメリカの事を書くのは無理なので、NY州にいる私個人の
体験として読んでくだされば幸いです。

511 - Copy
写真は私たち夫婦のアメリカでの結婚式の日に義母がアレンジした花と「間に合わせの結婚指輪」。
私がNYに引っ越してすぐの式だったので、指輪の用意が間に合わず、叔母が急きょデパートへ
買いに行ってくれたものなのです(笑)


さて。。。
このブログをシングルの女性がどの位の割で見て下さってるのか見当もつきませんが
独身時代は色んなタイプの男性と出会い、結婚して(まだ)10年になる私の個人的な
意見を、老婆心で「婚活中」の女性に助言できるとするならば、私が唯一言いたい事は。

とにかく、「なんでも文句言わず美味しいと食べる男」
を、金のわらじを履いてでも探して捕まえて下さいってことですかね(笑)。
理想の結婚相手は、収入が安定しているとか、性格がいいとか、色々あるでしょう。
そういったことは、基本的すぎることとして、それ以外に思いつくことが前提の話
なんです。食べるというのは、毎日の事ですからね。
この、毎日の基本的なことが面倒くさいと、かなり大変なんですよ。゚(゚´Д`゚)゚。

IMG_5740.jpg
写真は友人の息子の結婚式にて

うちは、野菜嫌いに加えて、とにかく「細かい、うるさい、こだわりが多い」。
新婚のころは、お弁当のサンドイッチはターキーはマヨでいいけど、ハムとサラミは
バターでとか、トマトはいいけどキュウリは挟まないでとか、例えばの話ですよ、
色々細かい注文があったりして。。。最初は真面目にやってましたけどね、そのうち
面倒くさくなって、しれ~っと全部マヨで作ってみたりしました。意外に気が付かないと、
逆にゆっくり、ちょっとずつ、ちょっとずつ、私の軸に夫を合わせていくんです。
飼いならすって感じ?
ま、うちの夫の名誉のために少し弁解しますと、うちはまだアメリカ人としてはマシな
方かな。野菜はおろか、毎日コーラをがぶ飲みでチーズと肉と小麦粉に甘い物しか
食べないアメリカ人はごまんといますから。アメリカ人との結婚に憧れる方がいたら、
とにかく心臓発作で急死されないような、食生活が健康な人を探した方がいいとだけ
言っておきます。日本に住んでる外国の男性と出会えば、逆に和食大好きな人が
多かったりして苦労はないかもしれませんね。日本の男性が相手でも、とにかく何でも
ぱくぱく食べる人。結婚して、これほど楽なことはないのであります

バナーを押して応援して頂き有難うございます。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




関連記事

Comments 2

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019-07-25 (Thu) 04:20 | EDIT | REPLY |   

Mischa(ミーシャ)

鍵コメ@7/25様
健康意識とエコへの配慮が正比例って、私も全く同感です。頭がいい人なら健康意識も高いはず。
うちは出したものについては食べてくれるので、全く野菜食べないアメリカ人と比べるとはるかに
健康的だとは思うんですけど、どこの国でも男性の方が女性より健康には無頓着ですかね。
先日日本のニュースで、スーパーの袋はプラスチック公害のほんの2%にすぎないというショックな
記事を目にしました。本格的にプラスチック公害を減らすには、スーパーの袋やスタバのストロー
くらいじゃ間に合わないでしょうね。あらゆる物が溢れすぎてるんだと思います。
私はにょろにょろ系は全部だめです~。虫も、地面掘ってて幼虫とか出てきたら、100マイル
は走ります(笑)コンポストは私には無理そうですね。

2019-07-25 (Thu) 18:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply