FC2ブログ

ピエロギをもっと簡単に

IMG_2135.jpg
Home Made Pierogies
以前も載せたことがある、東ヨーロッパ(アメリカのはポーランド由来)の名物料理
イメージ画像)ピエロギ(米語の発音はプロォギィ)。これ冷凍食品やEU系デリ、
レストランで手に入るんですが、私は個人的に手作りが実は一番美味しいと思います。
でも以前載せたこちらのレシピ(1)レシピ(2)。これじゃ量が多すぎて作る気にも
ならんわぃと思った方も多かったはず・・・(´∀`;)ゞ
ははっ確かに私自身もその日のうちに仕上げてしまうのが大変なので往生してたんです(笑)
そこで今回は量を半分にして、日本でも簡単に手に入るクリームチーズで作ってみました。
参考
3通り(上記の(1)と(2)参照方)作ってみましたが、生地はリコッタで作るものが一番ソフト
でお店の味に近いです。クリームチーズも柔らかく仕上がりますが、うちの夫いわくペイストリー
ぽくてリコッタの方がよかったとの意見。好みの問題ですけど、私もややリコッタに軍配かな。


材料 (8cm型でくりぬいて約16~17個分)
.............................................................................................................................
★生地
All Purpose Flour (日本では薄力粉でOK) 1カップと2tbsp
リコッタまたはクリームチーズ 1/2カップ
(クリームチーズの場合、箱の1/2 約110g位です)
卵M玉  1個
分量外に打ち粉

★フィリング
じゃがいも 小さいのを2個 180~200g
スライスチーズ(私のはチェダーとMuenster) 3枚
よく炒めた玉ねぎ  1/2個分
............................................................................................................................
作り方
(1)ボールに常温で柔らかくなったクリームチーズを入れよく練ってから卵を割り入れ
ミキサーでまんべんなく攪拌する。別のボールに小麦粉を入れ、チーズ卵と合わせ、
適度に混ざったところで打ち粉をふった台に移して、生地につやが出てくるまでこねる。
(粉のつぶ感が完全になくなって生地表面がシルキーになるまで捏ねます)
(2)フィリングは、ゆでたジャガイモをマッシュして炒めた玉ねぎと細かく刻んだチーズを
混ぜ、味をみて塩コショウしておく。
(3)生地は冷蔵庫で30分休ませてから、台でくりぬき作業に入ります。
IMG_2127.jpg
フィリングを小さじで入る分だけ皮にのせ、とじ合わせる部分に水をぬって
IMG_2129.jpg
とじ合わせて、その部分をかるく押し合わせてから、フォークの先で写真のように押す
(私の以前のレシピ(1)(2)のようにこの縁取りをしないタイプもあります、好みでどうぞ)
IMG_2130.jpg
つど、小麦粉をふったお皿にうつしておきます。
IMG_2131.jpg
深いフライパンか鍋にたっぷりお湯を沸かしてピエロギを入れ、プカプカ浮いてきたら
取り出して水けをきります。細かい目の網がない場合、私の写真のようにラックを交差
して重ねる
と、ピエロギが下に落ちることなく水切りできます。
(4)温かいうちが美味しいので、食べる直前にフライパンに多めの油またはバターを
熱し、中火(やや弱めに)でじっくり両面に焼き色がつくまで焼きます。
典型的なポーランド風は、ピエロギにキエルバサというソーセージ、ザワークラウト
と合わせるんですが、そこは好みでどうぞ。余ったピエロギはラップで包んでジップロック
に入れ冷凍保存できます。

バナーを押して応援して頂き有難うございます。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




関連記事

Comments 4

ちり

‼︎

昨夜テレビでピエロギを見て、ピロシキは知ってたんですが、それとも違っているようだったので興味が湧き、レシピを色々検索してたんです。
そんなタイミングでこちらのブログでレシピを見つけて嬉しい!
さっそく作ってみます!

2019-08-22 (Thu) 22:39 | EDIT | REPLY |   

yoyo

Michaさん、こんにちは^^。
Michaさん、いつもマメに料理を作ってらっしゃいますね〜
こういった小麦粉で生地を作る料理って、作り始めると面白いんですけど
うちはいつもテーブルの上にごちゃごちゃと物がのっていて、きちんと片付けずに
始めるもんだから、いろいろ粉だらけになってしまう感があるので、つい敬遠してしまいます。
パンを捏ねた後なんて、捏ねる前よりテーブルの汚れがなくなってる気がします(笑)

うちのローリエ(英語だとローレルかな?)は、お友達が自分の庭にあった苗を引っこ抜いて
きて、それはそれは惨めな苗だったんですけど、しぶとく生き抜いて大きくなりました。
根が張るまで、水切させなければ、丈夫な植物なので簡単に育てられると思います。
3年ほど経てば、使い切れないくらい葉を茂らせると思いますよ(^^)

2019-08-23 (Fri) 05:18 | EDIT | REPLY |   

Mischa(ミーシャ)

ちりさん
日本の番組でピエロギが出たんですか?今は世界の料理がどこでも拾えるんですね~(^-^)
私が日本にいた頃もまだピロシキしか知りませんでした。
この材料で手作りするようになって、市販は一切買わなくなりました。
面倒ですが、もしリコッタがあればそれをぜひ使ってみてください。

2019-08-24 (Sat) 19:16 | EDIT | REPLY |   

Mischa(ミーシャ)

yoyoさん
私も同じ、テーブルの上は普段から食と関係ない物ーー雑誌とか文具とか・・ものがたくさん
あるから、このマーブルの台を置くスペースを作るのが面倒ですよ。写真に、いっぱい
余計なものが写ってるでしょう(笑)
次はパスタ(Fettuccineあたりの作りやすい太さの)を作ってみたいですが、パンはもう手で
捏ねないですよ、疲れるし失敗するしで。さすがyoyoさんはプロですね、パンも手ごねですよね。
ローリエは、分木じゃなくて、根っこがついてる苗を頂いたんですかね。
簡単そうなのでうちでもぜひ植えたいです。店で買うと高いのが馬鹿らしくなりますね。

2019-08-24 (Sat) 19:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply