FC2ブログ

密集禁止のNY州である事の為にアメリカ人がとった驚きの行動は

ちょっとこのビデオをまずは見て下さい。
主人と一緒に、親友一家から呼ばれて集合するためにある場所へ行きました。
そこにはパトカー数台に消防車、それに大型バイカーたちが。。。
なにか事件でもあったのか?




まず一家の長男を含む大型バイカーたちが先導を切り、続いてパトカーが出て行きました。
このあと親友一家(次男)が続き、次女一家のあとに私たちがついて、最後に消防車が
ホーンを鳴らしながら出ました。一体この一行はどこへ向かうのか・・・・?

この一行が向かった先は閑静な住宅街。
通りに近所の住民たちが手をふったり、ヒューヒューと口笛で歓声を送る中、警官、消防車が
はでにライトを照らしたりホーンを鳴らしながらゆっくり進んでいったと思ったら・・・



あるお宅の前を中心に、その周りをみんなでグルグル回り始めました。

実はこの日は、一家の父親(孫からみたら祖父)の誕生日だったのです。
バースディボーイのおじいちゃんはビデオの22秒目に登場します。
ニューヨーク州はご存知のとおり、3月から密集を避けることが義務化されています。
家族でも、離れて暮らしている場合は、つねに6フィートを保ち、密集することは避けるように
指示されているので、いくら誕生日でもみなで家の中に集まることはできません。
それでおじいちゃんの息子と娘が共同で、父親を驚かそうとこの計画を企て、実行した
のでした。
このような誕生日の祝い方は、地元のニュースでも見たので、COVID19感染状況の中
アメリカ人たちが工夫していることの一つなんでしょうね。
ところでなぜ警察と消防車が参加したかって?
この一家の次男が元警察官で、今でもこうして元同僚たちとつながりがあるんです。
こういうプライベートな理由でパトカーとか消防車を出せるとこがビックリというか、おおらか
なアメリカらしいですね(´∀`;)

IMG_3259.jpg

パレードが終わったあと、みなでおじいちゃんにお祝いの声をかけてるとこです。
不自然なくらい間をあけてるのがわかるでしょうか。

IMG_3264.jpg
これはよそのお宅のおじいちゃんの誕生日を似たような形でお祝いしてるところが新聞の記事
になったので写真撮りました。この方もパトカーのパレードでお祝いされてますね。退役軍人の
方のようです。(ちなみにアメリカで警官、消防士、軍人はヒーロー的存在なんです)

ニューヨーク州はNYCを中心にいまだに1日の死者が300人近くいます。感染もまだまだ
増えています。もうここまでくると知事も

All Or Nothing
徹底的にやるか
そうでなければダラダラ続けるか

の精神でやってると思います。州民たちも大多数が、その姿勢に従っているように思えます。
私もほんとに、Allでないならやってないも同じと思うんです。
つくづくクオモ氏がNYの知事でよかったと思う。
参考ニュース:テキサス州、ロックダウン緩和したとたんに最悪感染数記録 (こちら
5月5日時点での全米の感染数を示すマップがあります。NYとNJの数が凄まじいです


バナーを押して応援して頂き有難うございます。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




関連記事

Comments 0

Leave a reply