FC2ブログ

マーサ・スチュワートに習う和食 キャベツの甘酢炒め

IMG_3374.jpg
Cabbage sweet sour stir fry
アメリカの実業家、マーサ・スチュワートをご存知ですか?
私のブログに出すのは初めてじゃないから、このブログ内で検索したら出てくるかも。
(どこで書いたのかを忘れました
Yoitubeでは、これが新しいみたい→https://www.youtube.com/watch?v=xWXgVPZPmW0
声が低~いのが特徴です。
ところで私、この方の雑誌をかれこれ8~9年くらい読んでるんですけど、かなり日本の本格的
な和食に興味を持ってる人で、その和食はそこら中にある「ちょっと勘違いをしている
ジャパニーズ・フード レストラン」で食べられるものとは違います。ちゃんと日本人が普段
作ってる和食、に興味があるそうです。で、今日作ったこのキャベツの炒め物も、実はマーサ
のレシピ雑誌に載ってるものを、私の好みに変えて作ったものなんです。
キャベツを甘酢で炒めるくらい、日本じゃ誰でもやってると思うんだけど、これをマーサから
習ったと、ただ言いたかったのであります(´∀`;)

IMG_3377.jpg
私がこの写真で作ったのは、マーサのレシピとは「分量」が違うんだけど、調味料は同じ。
材料 軽く二人分
...................................................................................................
小さいキャベツの葉   4~5枚(カップだと2カップくらいかも)
玉ねぎ    1/4個   スライスする

砂糖   小さじ1
米酢   小さじ1と1/2
塩コショウ   ぱぱぱっ くらい
...................................................................................................
これだけかいていうくらい、簡単ですね。
材料を、サラダ油かキャノーラ油で炒めて★で味付けるだけ。
でもこういう、日本で誰もが作ってそうなのをアメリカで紹介するってとこが、マーサ。なかなか
やるじゃないか。って感じですよね。クリームチーズにアボカド、天かす、エビを巻いた寿司
をさらにてんぷら粉につけて揚げるとか、日本の回る寿司屋じゃ、しないからしないよね?


バナーを押して応援して頂き有難うございます。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




関連記事

Comments 1

-

ヘェ〜、Martha Stuartが和食に関心があるなんてビックリ!
私がNYにいた頃、彼女のメンターはJuria CHILD でした。飴細工のとても真似出来ない
デザートなど作ってましたよ。(25年も前)
マーサはまだ活躍しているんですね。もう70を越してるかしら?
株か税金の問題で牢に入ったり、料理人だけでは無く経営者でもあるし、波乱万丈の人生ですね。

2020-09-17 (Thu) 20:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply